最短30分でお金を借りるための3ステップ

即日融資の消費者金融をランキングにすると?

プロミス

土日・祝日でも21時まで借入れOK!

  • 最短30分の審査で即日発行が可能
  • 10万円の借入れなら、返済額が月々4,000円なので、無理なく返済が可能
  • 土日祝日でも自動契約機で即日融資も可能
  • メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、30日間無利息で借入れが可能

プロミスはインターネットからの申込みに対し、自動審査で契約可能額を最短1秒で回答(自動審査可能時間は9:00~21:00)という素早い回答を実施しているため、今日中にお金が必要という方には、最適な消費者金融になります。 また、メールアドレスとWeb明細利用の登録で、最短1時間で融資を受けることが可能であったり土日祝日もネットと自動契約機を組み合わせれば利用可能と状況に応じてのサービスが充実しています。そして、主婦・学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は借入可能です。

融資利率 借入限度額 審査時間 来店有無 担保・保証人 パート・アルバイト お試し審査
4.5%~17.8% 500万円 最短30分 不要 不要 融資可能 あり
まずは3秒診断 今すぐカンタンお申し込み

アコム

審査は、最短30分!即日振込も可能

  • 最大21:00までの申し込みで即日融資が可能!
  • 3項目の入力だけでお借入可能か3秒で診断
  • 50万円以下なら収入証明書不要

審査回答最短30分と即日融資に強く、顧客対応が良いのがアコムです。来店不要で24時間ネットで申し込みが可能。振込手数料無料、24時間土日祝日でも返済可能です。アコムは、審査スピードが早く、独自の与信ノウハウを持っているので、銀行のカードローンが否決になった人でも可決されるケースがあります。現在は三菱UFJフィナンシャルグループの一員です。そして、主婦・学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は借入可能です。

融資利率 借入限度額 審査時間 来店有無 担保・保証人 パート・アルバイト お試し審査
3.0%~18.0% 800万円 最短30分 不要 不要 融資可能 あり
まずは3秒診断今すぐカンタンお申し込み

モビット

10秒で審査結果表示。

  • 「WEB 完結申込を利用すれば、電話連絡なし、郵送物なし(カードレス)で借り入れ可能
  • スピード審査で借入れ可能かどうかを10秒簡易審査
  • 平日14:50までに振込み手続きが完了すれば 来店不要で即日融資。

モビットは、三井住友銀行グループのカードローン会社のため、安心して利用することができます。 金利も3.0%~18.0%と低く、消費者金融系のカードローンの中でも金利が低いカードローンの部類に入ります。限度額も最高800万円と高く、プロミスやアイフルよりも低金利で限度額も高いカードローンとなっています。
モビットは即日審査に対応しており、平日の9:00~14:50までに全ての手続きが完了していれば、当日に融資してもらうことも可能です。

融資利率 借入限度額 審査時間 来店有無 担保・保証人 パート・アルバイト お試し審査
3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査 不要 不要 融資可能 あり
まずはお試し診断 今すぐカンタンお申し込み


即日融資で今日中にお金を借りる4つのポイント

即日融資に必要な条件として、必ず満たさなければならないのは審査スピードが速いということです。

特に初めて契約を結ぶ場合には、身元確認も含めて様々な手続きが必要になります。申し込みから審査終了までの時間が短く、即座にお金が手元に引き出せる状態にしてくれる消費者金融が、が本当の意味で即日融資可能な会社と言えるのです。

現在、本当の意味で、即日融資に対応している消費者金融は「アコム」「プロミス」「モビット」の3社になります。

上記3社はコンピューターを使ったスピード審査を実施しています。人間が1つずつ確認するのではなく、一定の基準を満たしているかコンピューターで自動審査されますので、必要な情報さえ揃っていれば30分程度で結果が出ます。審査にどれくらい時間を要するのか明記している会社ならば、それだけスピードに自信を持っていると解釈してよいでしょう。

このページでは、「アコム」「プロミス」「モビット」で、どうすれば今日中にお金を借りることができるかも詳しく解説していますので、どうしても今日お金が必要という方は、このまま読み進めて頂ければと思います。

【ポイント2】14:00までに申し込みを済ませる

即日融資を達成するには、消費者金融のスピードだけではなく、利用者側も迅速に申し込みをしなければなりません。

多くの消費者金融では、銀行振込のことを考慮して「平日14時まで」といったような条件文を記載しています。出来れば午前中には申し込みをしておき、規定の時間までに全ての手続きが終えられるように行動をしましょう。

ただ、仕事の都合で時間が取れなかったり、どうしても銀行時間外しか申し込めないという方もいるでしょう。そのような方であっても、即日融資を受けられる態勢を整えているキャッシング会社はあります。

キャッシング会社が指定している口座を持っていれば、14時以降の申込みでも今日中に借入することが可能です。詳しい申込み時間については、こちらに記載していますので、そちらを参照してください。

【ポイント3】契約に必要な書類を準備しておく

申し込みをする際には、必要な書類というものが存在します。身分証明書は当然として、給与明細などが求められるケースもあります。

即日融資を希望する場合は時間的な余裕がありませんから、あらかじめ必要書類を準備しておくことが重要になります。 必要書類が準備できない場合や必要な手続が取れない場合は審査が遅れますから、当然のことながら即日でお金を借りることはできません。したがって、あらかじめ必要書類を確認し申込に臨むことが大切です。

下記に必要な書類をまとめましたので、足りないものがありましたら準備をしておきましょう


【必要書類】
■ 本人確認書類
運転免許証(免許証をお持ちでない方は健康保険証orパスポート)
※「運転免許証」をお持ちでない方は、「健康保険証」または「パスポート」をご用意ください。
※ 外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意ください。



■ 収入証明書類
・希望の借入額が50万円を超える方
・希望の借入額と他社でのご利用残高の合計額100万円を超える方

上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点を用意する必要があります。。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新もの)
・給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)

※希望の借入額が50万円未満の方は、収入証明書は必要ありません

もしも申し込みをしてから不備に気づいた場合、その時点でキャンセル扱いとなる場合がほとんどです。改めて必要書類を用意して、申し込みをし直すことになりますので、かなりの時間を無駄にしてしまうことになります。そうなると、即日融資が可能な時間までに審査を通過できず、翌営業日まで融資を待たなければなりません。

即日融資を希望される方は、特に神経質になって確認を怠らないようにしてください。

【ポイント4】インターネットから申し込む

即日融資を可能にするためには、インターネット(WEB)からの申し込みをする必要があります。
いままでは、店舗や近所の自動契約機に行って申し込みをする必要がありましたが、
今では、インターネットから申込ができるため誰にも会うことなく、また店舗や自動契約機で待たされることなく申し込みができるようになりました。

プロミスのホームページにも記載されていますが、インターネットから申し込み(Web契約)をすると、
自動審査ですぐに契約可能額を回答してくれます。Web契約は、24時間365日受け付けています。

インターネットのお申込みから口座振込までの流れは以下のようになっています。

(1) Web申込み
名前や住所などの必要事項を入力していきます。 難しい入力項目はありませんので、間違いがないように確認しながら入力していきましょう。
お申込みは24時間365日受付けています。 お申込み完了後、自動審査で契約可能額を回答してもらえます。

(2) 審査結果
自動審査が完了すると、借入可能額が指定の連絡先に送られてきます。
借入可能額の連絡は最短30分ほどで届きます。審査状況によっては、 連絡までに時間がかかる場合があるようです。それでも1時間はかからないでしょう。
Web契約の場合、必要書類を携帯電話のカメラやスキャナなどで画像化し、 メールかスマートフォンアプリを利用して送付します。

(3) 契約内容の確認
契約内容をインターネット上で確認します。

(4) 振込み入金
平日14時までにWeb契約が完了すれば、当日にお金が振り込まれます。

即日融資に対応していて、今日中に借りることができる消費者金融は4社

上記の【即日融資で、今日中にお金を借りる!4つのポイント】でもお伝えしましたが、現在、即日融資に対応している消費者金融は「アコム」「「プロミス」「モビット」の3社になります。

この3社は、それぞれ即日融資が可能な申し込み時間を設けており、その時間内に申し込みが完了しないと今日中にお金を借りることができません。

また、それぞれの消費者金融の中でも、平日と土日・祝日で申し込みの制限時間が違ったり、消費者金融が指定する口座を持っている場合とそうでない場合でも制限時間が違ったりと、若干複雑な状況になっております。

そこで、各社の申し込み制限時間を表にしてまとめましたので、今日中にお金を借りたい方は参考にしてください。

  実質年率 審査時間目安 今日中に借りるための条件 残り時間の目安
アコム 3.0%~18.0% 30分~即日

平日14:00までに必要書類提出で当日振込が可能。




・三菱東京UFJ銀行・楽天銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っていれば、平日の18:00までに受付したものは、当日19:00までに借入れが可能です。


【アコム指定の銀行口座】
・三菱東京UFJ銀行
・楽天銀行
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行

アコムの指定口座を持ってない

14:00までに必要書類を提出

アコムの指定口座を持っている

18:00までに必要書類を提出

プロミス 4.5%~17.8% 即日

平日14時までに契約完了していれば、当日振込が可能。




・三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、土日祝を含む21:00頃までに契約が完了していれば、当日振込が可能


【プロミス指定の銀行口座】
・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行

プロミスの指定口座を持っていない

平日14:00までに契約完了

プロミスの指定口座を持っている

土日祝を含む21:00までに契約完了

モビット 3.0%~18.0% 10秒簡易審査 14:50までに手続き完了の場合は、
口座への振り込み融資になります。
14:50以降は、ローン申込機営業時間内であれば、
ローン申込機によるカード受取にすれば即日融資が可能な
場合があります。

平日14:50までに手続き完了

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

主婦でも借りられる安心の消費者金融は?

主婦でも借りられる
安心の消費者金融は?

来店・収入証明書不要の消費者金融

パート・アルバイトでもOK♪
来店・収入証明書不要の消費者金融

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
総量規制について
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ