初心者でも安心・安全な消費者金融を見分けるポイント

お金を借りること自体を、まるで悪い行為かのように考える方も、まだまだ少なからず存在します。それこそ「借金したら人生おしまい」くらいに極端なアレルギー反応を示す方もいるため、消費者金融について危険視される方もゼロではありません。もちろん、こうした考え方は完全に誤解ですし、企業や法律も利用者を保護するように制度を組み立てています。安全性という意味で考えれば、大昔と比べれば格段に向上していますし、普通に使う分には何も問題はありません。

しかし、きちんと消費者金融を利用する上では安全が保証されていても、利用者が誤った使い方をしてしまう恐れは今でも無くなってはいません。非認可の悪徳業者もかなり少なくなったとはいえ、未だに撲滅しきったわけではありませんからね。また、無計画に融資を受け続けた結果、返済が間に合わなくなるような事例も考えられます。いずれも知識さえあれば避けられる危険性ですので、消費者金融の利用前には注意をするようにして、自分で自分を追い込まないようにしましょう。

消費者金融の基礎的な内容は、「消費者金融とカードローンの違いってなに?どっちがお得?」で解説していますので、こちらをご覧ください。

まずは自分自身について理解して、消費者金融を利用する安全度を高める

消費者金融に関するマニュアルサイトには、「賢く使おう」という表記が多々見られます。定型文のようなものですが、そもそも賢い消費者金融の使い方というのは、なんなのかという疑問があります。多くの方が会社選びのことだと考えがちですが、実はそれは二番目三番目に検討すべきことで、もっと優先すべき課題が存在することを理解してください。

これからお金を借りるつもりならば、そういう状況になった自分自身について、深く見つめ直すことが第一です。消費者金融の利用を考えるくらいですから、現時点でお金に困っているのは間違いないと思いますが、全ての方が同じ状況ではないでしょう。急な出費で一時的に困っただけの方もいれば、慢性的にお金が足りずに状況を打破するために融資を求める方もいます。また、動機面だけではなく、返済能力(収入の多さ)についても個人差があることは言うまでもありません。

貴方自身が「なぜ自分はお金が必要か」ということと、「どれくらいの返済能力があるか」という点について、頭の中で審査してみることを忘れないようにしましょう。非常に根本的な部分ですが、これをしっかり理解していれば、必要以上に借りすぎることもなくなるはずです。消費者金融選びをする際にも、自分が何を求めているか理解していれば、最適な契約内容の会社を探すのも容易になることでしょう。

消費者金融の選び方は、宣伝文句ではなく自分を優先するのが大切

どの消費者金融でも、顧客を少しでも多く獲得するために、魅力的な広告を作ろうとしているものです。自社のメリットを最大限に売り込もうとするのは、業種を問わずに商売の王道みたいなものですから、至って自然なことでしょう。ただ、消費者金融に慣れていない方が広告を目にした時、どうしても「この会社でいいか」等と安易に決めてしまいやすくなる側面もあります。酷いケースになると、お気に入りのタレントがCMに出ているというだけで、その消費者金融で契約を結んでしまう方もいます。

前項でも説明したように、お金のやり取りというのは自分自身を深く理解することで、安全な利用が実現しやすくなるものです。広告を見ること自体は、消費者金融の比較をする上で大切なことですが、それに流されてしまっては逆効果です。自分が会社選びで何を優先すべき状況にあるのか考え、そのニーズに応えてくれる宣伝文句なのかどうか、きちんと自問するようにしましょう。

例えば、収入の入る時期に波があるような方ですと、返済期日に余裕のある会社選びが最重要課題となります。それなのに、「金利が安い!」という広告を目にして契約してしまうと、返済が間に合わなくなる危険性が高まります。こういう失敗をしてしまうと、「この会社は金利が安いだけで使いづらい」等とクチコミサイトで愚痴をこぼす人もいますが、そもそも会社選びが間違っているだけの話です。

トラブルの一切ない利用をしたいのならば、「金利」「返済期日」「利用可能額」等の要素を整理し、優先順位を自分の中で明確化しておくようにしてください。より優先度の高い要素に特化した会社から候補にしていけば、ベストな消費者金融を探し出すことは、初心者でも難しくないことだと気づくことでしょう。

申し込み前に最終チェック!その会社は本当に安全な消費者金融?

ここまで利用者本人の誤解を防ぎ、安全な会社選びをすることを前提にして説明してきました。しかし、きちんと自己分析をして会社を選択したとしても、それだけで100%セーフティと断言できるわけではありません。冒頭でも触れたように、非認可の悪徳業者が少数とはいえ活動しているので、ひっかからないようにしましょう。

既に多くの方が御存知のように、090金融(ヤミ金)と呼ばれるものが暗躍した時期があり、社会問題となりましたね。ドラマや漫画でも面白おかしく描かれたこともあり、こうした悪徳業者のせいで、消費者金融そのものが誤解されたものです。多少の脚色こそあれども、ヤミ金が危険なことには変わりありませんので、どんなに魅力的な文面を掲げていてもだまされないようにしてください。

もしも上手く見抜ける自信がないと言うのであれば、テレビやネットで広く名の知れた企業だけに絞って、消費者金融の候補を抽出するようにしましょう。地方に根ざして営業する小規模な会社でも、大手に負けないくらい充実したサービスも存在しますが、初心者ではなかなか理解しづらいと思います。それよりも、全国で莫大な利用者を抱える大手企業を選択した方が、確実に詐欺被害を防げるという意味での安心感は大きいでしょう。確実な安全を求めるならば、社会的にも広く認知されている会社と契約し、悪徳業者を回避するのが安心できます。

消費者金融は夢のサービスではない!最初から巨額融資を期待しない方が無難

どうせお金を借りるのならば、思い切って何百万円も借りたいと考えてしまうかもしれませんが、現実はそこまで甘くはありません。消費者金融では返済歴(信用情報)が評価されるため、初めて利用する方は収入がどんなにあろうとも、借りられる額には上限が設けられるのが普通です。融資金額の大きさをアピールする企業であっても、それは最大の評価をした場合の上限額ですので、初めての利用ではそこまで融資はしてもらえないでしょう。

審査の結果が出ると、自分の希望額には届いておらず、がっかりしてしまうかもしれません。しかし、利用者が借りすぎないための配慮とも言えますので、そういうものだと割り切るようにすべきです。法律で決まっている借入上限額が年収の3分の1(総量規制)ですから、消費者金融の最大評価額はこの制限と同額になります。さらにそこから、利用歴がないというハンデを加味すると、年収の6分の1程度までは下がると考えた方が良いでしょう。年収300万円の方なら50万円くらいというのが、一つの目安になります。

それでも、審査基準は会社ごとに異なるため、初めてでも100万200万と融資されることも考えられます。もしも、そういう結果になったとしても、必要な金額を超えて使い過ぎない自制心を失わないでください。利用金額の大きさは、失敗してしまうリスクを増大させるものですから、よほど必要に迫られてなければ少額利用から始めるようにしましょう。消費者金融の安全性は、会社側の努力だけではなく、利用者の使い方にも左右されるということを改めて強調しておきます。

>
人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ