消費者金融の限度額(上限額)は、どのようにして決まるのか?

消費者金融を使う場合、いったいどれくらいまで融資してもらえるか、多くの方が気にしている点でしょう。インターネット等で各社のホームページを見ていると、上限額が数百万単位で掲載されているものの、いずれも「審査で決定」という但し書きが添えられているものです。クチコミでも人によって上限金額が全く異なり、どの消費者金融を使えば良いかわからず、なかなか候補を絞り込めない方もいるかもしれません。

たしかに審査をしてみないとわからない面も多いのですが、大手の消費者金融であれば、ある程度のボーダーのようなものも存在します。まだ消費者金融の利用経験がない方は、利用限度額がどうやって決まるのかを理解し、その上で大まかな予測をして申し込みをするようにしましょう。

消費者金融の利用限度額は、本人の属性と利用歴で大きく変化する

消費者金融から借りられる限度額は、申込者の返済能力が高ければ高いほど、それに伴って上昇するものです。大企業に長く務める人と、アルバイトを始めたばかりの人では、利用限度額も大きく差があるのが普通です。ただ、だからと言って単純に年収だけで計算されるわけではないので、早とちりしないようにしてください。

消費者金融のようなお金のやり取りをメインにしたサービスは、いずれも申込者の属性が大きく作用し、それを審査して限度額が決定されます。属性には年収はもちろんですが、就業形態・住居・同居人などの多種多様な項目が含まれています。これらを総合的に判断して、融資をするかしないかという判断に加えて、いくらまで貸すか(限度額)も決定されるわけです。例えば、持ち家を保有しているような人であれば、借り逃げのリスクも大きく減るため、多少年収が低くても限度額は大きめに設定される傾向があります。

こうした本人の属性だけでなく、消費者金融への返済歴についても、融資の上限額を決定する上では重要視されます。どれだけ客観的に信頼できる人物であったとしても、消費者金融を使った経験のない人物ですと、会社側もお金を貸すことに強気にはなれないでしょう。コツコツ返済歴を積み重ねていくことで、消費者金融からも信用されやすくなり、申し込み直後よりも限度額も大きくなるかもしれません。言い換えれば、今まで消費者金融を使ったことがないのであれば、借りられる金額も小さめになりやすいということです。

初めて利用する場合、消費者金融はどれくらい貸してくれる?

さて、消費者金融が融資の上限額をどう決めるか理解したところで、実際にいくら貸してもらえるか考えてみましょう。ここでは年収300万円の会社員を想定して、融資額について目安を提示してみたいと思います。

まず最初に、総量規制(法律上の上限)は年収の3分の1ですから、100万円以上は絶対に借りられないものと考えてください。住宅ローン等は例外になりますが、消費者金融はすべて総量規制が適用されますから、100万円を超える融資は期待できません。この法律上の上限100万円から、消費者金融会社が各々の審査基準によって、利用限度額を決定することになります。今まで全く返済歴がないという方ならば、総量規制額のさらに3分の1を見込んでいれば、だいたいの会社では融資をしてもらえるはずです。つまり、30万円から40万円ぐらいが平均値と考えて良いでしょう。

中には初めての利用者であっても、限度額を高めに見積もってくれる会社もありますから、これ以上の融資をしてもらえる可能性もあります。自分が使おうと考えている金額と、総量規制の上限値を見比べ、できるだけ高く融資してくれそうな会社を探すようにしましょう。

限度額をできるだけ大きくしたい人が、チェックすべき消費者金融はどこ?

消費者金融にはそれぞれ最大限度額というものがあり、年収がいくらであろうと、それを超えて融資することはありません。一般的には、会社側の提示する上限額が大きければ大きいほど、利用者の利用限度額も高めになると言われています。最大限度額が100万円のA社と、300万円のB社の2つがあったとき、やはりB社の方が限度額を高くしてくれるのが普通です。

大手消費者金融の場合ですが、500万円を上限にしている会社が多く、一つの相場と言っても良いでしょう。そんな中でも群を抜いているのが、アコムで、800万円が最大限度額となっています。もちろん、総量規制のことを考えれば、実際に800万円を融資してもらうには年収2400万円が必要になります。それでも「800万まで貸せる懐の広さがある」という見方をすれば、他社と比べて高めの融資が期待できることでしょう。自分の年収に対して、高めの希望額で申し込もうとするのであれば、優先して選択すべき会社と言えます。

また、銀行の運営するローンならば、1,000万円といった額が設けられています。住信SBIネット銀行カードローンのように上限1000万円で、一般ユーザーにも気軽に利用できるようにしている会社も増えてきました。通常の消費者金融よりもハードルは高めですが、候補の1つとして銀行ローンを混ぜてみると、期待以上の結果が得られる可能性もあります。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ