消費者金融に申し込むと必ず会社、自宅に電話が来るの?

消費者金融に申し込もうとしたものの、自宅・職場への電話連絡に抵抗を感じられる方もいらっしゃることでしょう。家族同居の方ならば、余計な心配をされてしまうことが考えられ、なんとか電話連絡は回避したいと考えて当然かもしれません。職場については尚更で、同僚から変な目で見られたくないと言うのは、すべての人に共通したことかと思われます。

こういった問題を解消するために、消費者金融の電話連絡について、詳しく理解をすることが必要になります。知れば知るほど安心できることが多く、仮に電話連絡が必要となった場合でも、戸惑うことがなくなるはずです。

消費者金融からの電話は、どういった感じなのか知っておこう

もしも電話確認が避けられない消費者金融であれば、実際にどういう電話をかけられるか気になるところでしょう。いきなり金融会社の名前を出されてしまっては、それだけで「借金するの?」とバレてしまう危険性が高いですからね。出来ればバレないように配慮して欲しいというのは、多くの方が願っていることかと思われます。

ハッキリ言ってしまうと、そのようなことを心配するだけ時間の無駄だと言って良いでしょう。どの消費者金融でも、本人以外にわざわざ社名を出すようなことはせずに、最大限の配慮をするのが普通です。電話の名乗り方についても個人名を出し、要件を聞かれたときには私用であると強調してくれます。申込時にきちんと伝えておけば、申込者の事情に合わせて電話の仕方を変えてくれる場合も多く、秘密は守られるものだと期待してOKです。

職場の在籍確認については固定電話を使うしかありませんが、自宅連絡に関しては避けられる可能性が高くなっています。携帯電話での連絡を希望すれば、自宅には決して連絡することなく、そちらのみで対応をしてもらえることでしょう。ただし、支払いの遅延をしてしまったりして、長期間連絡が取れないケースは例外となることもあるので、気をつけるようにしてください。

もしも職場に在籍確認があれば、審査に通過したと判断して良い?

消費者金融に申し込みをした後になって、職場へ在籍確認の電話があったら、それは可決されたと考えるべきなのでしょうか。基本的にどの消費者金融でも、申し込みの手順の最後に在籍確認があるものです。申し込んだ情報を審査してOKと判断されて、最後にその情報に偽りがないかどうか、在籍確認で確かめるわけですからね。

最近増えているパターンとしては、まずはネット上の簡易審査で結果を出し、その後に本審査を行うというものがあります。簡易審査では入力情報を単純計算して、ものの数分で結果が出ます。収入がきちんと借入希望額に見合ったもので、住所や職場の情報も入力できているのであれば、簡易審査で否決されることはないでしょう。本審査ではこれらの情報に加えて、他社の借入情報や滞納情報を参照し、最後に在籍確認で仕上げとなります。このことを前提に考えてみれば、やはり在籍確認の電話は可決されたも同然と言えるでしょう。

在籍確認に抵抗を感じられる方は多いですが、可決の連絡だと考えを切り替えれば、そこまで嫌なものとも言えないのではないでしょうか。融資する気のない申込者に対しては、わざわざ職場情報をチェックする必要もありませんから、在籍確認をすることなく否決されるのが通例です。消費者金融に申し込むたびに電話をされるわけではありませんので、「何社か申し込んで1社でも貸してくれれば…」と考えている方も、在籍確認を恐れる必要はないのです。

在籍確認をされることなく、代替手段で対応してくれる消費者金融は?

どんなに慎重に対応してくれるとはいえ、職場や自宅への連絡は絶対に困るという方もいますよね。会社の規模が小さい場合、ちょっとしたことで疑われたり、私用電話を追及してくる上司もいるかもしれません。消費者金融が相手だとバレることは少ないとはいえ、何らかの面倒事に発展してしまう可能性が生じることは、なんとしても避けたいところでしょう。

このような考えを持っている方でも、大手消費者金融で融資を受けることをあきらめる必要はありません。例えばモビットアイフルのように、在籍確認とは別の手段で、情報を最終確認している会社もあるのです。いずれも収入証明(税金調書や給与明細)が求められますが、書類で職場情報を確認してもらえますから、事務的な手続きのみで済んでしまいます。在籍確認のように電話一本でOKとはいきませんが、きちんと指定の書類さえ用意しておけば、自分だけで解決できるのは大きなメリットでしょう。

また、こうした在籍確認不要の消費者金融を使うことで、連休時にも素早く審査を終了できるようになります。職場の電話対応が平日しかできないケース等でも、収入証明書の提出ならいつでもできるはずですので、敢えてモビットやアイフルのような消費者金融を選択するのも有効と言えるでしょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ