消費者金融の限度額を増額したい!どうすれば限度額は上がる?

初めて消費者金融で契約をしたものの、利用限度額に物足りなさを感じる方は少なくありません。現状ではすぐにお金を使う予定がなくとも、もしものことを考えて、より大きな利用限度額を設けて欲しい場合もあるでしょう。しかし、各社のサイトを調べても、利用枠をどうしたら上げてくれるのか、詳しく説明されるケースは稀です。利用者ごとに細かく基準が設けられているせいか、どこもハッキリと明示できない事情があるのかもしれません。

確かに、利用者たちの報告を見てみても、似たような属性の方でも結果が違っていることが多いです。ただ、限度額アップについてはセオリーのようなものがありますので、まずは基本を理解するようにしてください。

消費者金融の限度額が上がるまで、時間がかかることを覚悟しよう

どこの会社でも、契約後にすぐ限度額を上げるようなことは少ないので、しばらくは我慢しなければなりません。短期間で限度額を上げてくれるならば、普通は契約時の段階で提示をしているはずです。特に返済歴が今までゼロだった方は、消費者金融会社も様子を見ようとするものですから、一定の回数の返済実績が求められることでしょう。

よくある報告例としては、契約から半年間続けて返済を続けると、利用限度額が上がっていたというパターンになります。契約時30万円なら50万円、50万円なら80万円といった感じの上がり方が多く、その後も返済実績に応じて上がっていくものです。
概ね半年から1年というスパンで見直されていきますから、焦らずじっくり返済を続けていくことが、利用限度額を上げるコツと言えるでしょう。

もちろん、中には例外というものもありますので、一概に時間がかかるものだと言い切ることはできません。申請をすることで、一時的に利用限度額を上げてくれる消費者金融もありますし、3ヶ月程度で更新されることもあり得ます。いずれにしても、それなりの信用がないと実現しないのは間違いないので、支払いを遅延しないように気をつけましょう。

限度額の増枠について、利用者がするべき行動とは?

前項では消費者金融会社から増枠をしてくれる例を紹介しましたが、利用者からアクションを起こせる場合もあります。クレジットカードのショッピング枠と違い、本来であれば会社側が勝手に増枠することは認められておらず、あくまで「増枠しませんか?」という案内を出すまでに留められています。多くの消費者金融ではWebやメールで増枠の勧誘を行いますが、そういったものが全くない会社もあります。

契約した消費者金融が増枠についてどう扱っているかは、利用案内やFAQコーナーを参照すれば理解できるようになっています。増枠申請について説明があれば、それに従うことで再審査を行ってもらえます。契約後すぐに申請をしても、なかなか増枠されることはないかと思いますので、最低でも3ヶ月は返済歴を作るようにしましょう。また、急な転職で収入が上がった場合も、増枠されるチャンスですので挑戦してみても良いかもしれません。

ただ1つ注意して欲しいのは、増枠申請を何度も執拗に行ってはいけないという点になります。「お金に困っている」とアピールするようなものですから、短期間に何度も繰り返せば、どんどん可能性が小さくなる恐れがあります。増枠申請を否決された時には、そこから3ヶ月ほど様子を見て、改めてチャレンジするように我慢しましょう。

消費者金融の増枠申請は、その度に在籍確認されてしまうのか?

利用限度額の増枠を受け入れてもらうためには、審査を通過する必要があるものの、初回の申し込みよりは簡易的なものとなります。申請も電話やネットだけで済むのが通例で、審査に関してもせいぜい返済歴や、他社の利用状況を参照される程度で済みます。既に住居・職場に関する情報は審査済みですから、契約時に比べてあっさりと結果が出るものだと覚えておきましょう。

在籍確認についても同様で、増枠申請をしたからと言って、また職場に電話されたりするようなことは少なくなっています。ただ、契約後に転職をしているような場合には、新しい職場の情報で審査されますので、在籍確認を課せられる可能性もあります。また、あまりにも申告年収が急変している場合には、所得証明を求められることもあるようです。

要するに、申し込みをしたときから生活が変化していない場合は、会社側の独自審査だけで可否が決まるというわけです。消費者金融の申し込みを面倒だと感じた方でも、増枠申請については簡単になっていますので、過剰に気構える必要はないでしょう。

十分な返済歴を重ねているのに、消費者金融で増枠を拒否される理由は何?

ここまで消費者金融の利用限度額について、一般的な方法やボーダーについて解説してきました。しかし、クチコミ等を調べると、十分な返済実績を重ねているにも関わらず増枠されない方もいらっしゃいます。同じ消費者金融を使っているにも関わらず、なぜ増枠の可否が分かれてしまうのでしょうか。

よくある増枠失敗の要因としては、新たに他社から借入を受けたというものが考えられます。消費者金融や各種ローンというのは、信用情報を共有されていますから、他社から融資を受ければわかるようになっているのです。A社から20万円を借り入れた後に、B社から50万円の融資を受ければ、総額70万円の情報が共有されるわけですね。このような状況では、最初に借りたA社も増枠に対して高めのハードルを課すのが普通です。

他に考えられるパターンとしては、利用者の属性に対して、何らかの制限が課せられているというものがあります。例えば学生は30万円までとか、アルバイトの方は50万円までといったように、独自のルールを設けている消費者金融も存在するのです。こうした場合には返済実績を考慮されない可能性があるので、利用限度額が上がるのを待つよりは、新たに他社からの融資を申し込んだ方が良いかもしれません。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ