郵送物・電話無しの消費者金融!誰にもバレずにお金を借りる

消費者金融を使おうと考えていても、家族と同居されている方にとっては、ちょっと戸惑ってしまう場合もあるでしょう。ほんの1回だけの少額利用をするつもりでも、家族に過度な心配をかけてしまうのではないか等と考えると、できるだけ秘密を守りたいものですよね。

さて、消費者金融と契約した場合、郵送物が送られてくるのではないかと心配される声も聞かれます。自分が不在であるときに、家族が受け取ってしまうと、それだけで困ってしまう方もいらっしゃるでしょう。こうした方たちのために、今回は消費者金融から送られる郵送物についてまとめ、家族にばれない消費者金融会社の選び方を検討してみましょう。

消費者金融からの郵送物は、一目で家族にバレるものなのか?

クレジットカードを利用している方ですと、これまで何度か郵送物を受け取っているかと思います。そこにはカード会社名が記載されており、家族が見ればすぐにクレジットカードに関する郵送物だとわかるため、消費者金融会社も同じような形式ではないかと心配されているかもしれません。

結論を言ってしまうと、消費者金融の場合は、カード会社ほどストレートにわかる記載方法はしていないものです。例えば、大手消費者金融であるアコムの場合、差出人が「ACサービスセンター」という表記になっています。これはアコムのサービスセンターの名前なのですが、よほど消費者金融に詳しい人でなければ、なんの会社なのかわからないことでしょう。プロミスやモビットのような大手会社でも同様の措置がされており、知らない人が封筒を見たとしても、それが消費者金融からの郵便物だとはバレづらくなっています。

消費者金融の郵送物 代表例

また、基本的に消費者金融というのは、顧客に対して郵送物をむやみに送ることはありません。カード会社の場合は季節ごとのキャンペーンであったり、新サービスに関するダイレクトメールを送ってくることが多いですが、消費者金融は郵便で顧客に営業を仕掛けてくることは一般的ではありません。

消費者金融を利用したり、問い合わせの電話をしたからと言って、自宅に郵便を送られて迷惑するようなことはないと考えて良いでしょう。ただ、法的に必要となるものについては、どうしても郵送物を受け取る必要が出てくることもあるため、次項で詳しく説明させていただきます。

消費者金融から郵便で送られるものは?代表的な例を覚えておこう!

下の表は、消費者金融を利用する上で受け取ることになる郵送物について、いくつか代表例を挙げたものです。こちらを見ていただくとわかるように、契約書や会員カード、あるいは月々の明細といったように、必要最低限のものに絞られているとわかるでしょう。

  概要 郵送を回避する方法
契約書 法的に受け渡しが必須 店舗や無人契約機で発行可能(Webで発行される場合もあり)
カード 会社によっては受け渡しが必須(ATMからの入出金で必須) 店舗や無人契約機で発行可能(カードレスで入出金できる場合もあり)
月々の利用明細 法的に受け渡しが必須 PC・携帯電話での確認が可能であれば、郵送されない場合が多い
ダイレクトメール 会社によっては任意で送付 契約時に受取を拒否する※契約前に確認しておくこと
督促など 会社ごとに対応差がある 支払いを忘れないようにする
万が一、遅れそうな場合は事前に連絡する。

ただ、いずれの郵送物についても、あくまで「郵便で送る必要がある」場合のみに限られています。例えば契約書と会員カードについてですが、こちらは店舗や無人機を利用して契約すれば、わざわざ郵便で送られることはありません。ネット申し込みのように、その場で顧客に手渡すことができない場合に限ってのみ、郵送という形で渡されるものだと覚えておきましょう。また、月々の明細についても同様で、ネット確認が可能な消費者金融であれば、紙面での確認は不要となっています。

他には利用枠の増額に関するお知らせや、キャンペーンの告知に関する郵送物(ダイレクトメール)もありますが、これは同意なしで送られることはないと考えてください。特に大手消費者金融会社ならば、どこも契約時に希望した顧客のみに送るのが一般的ですから、いきなり自宅に手紙が送られることはありません。
最後に、支払いが遅れてしまった場合の督促についてですが、これについても回避する方法は存在します。半年以上の滞納といったように、消費者金融会社側が悪質であると判断するケースを除いて、数日程度の遅延ならば督促の手紙がくることは珍しいものです。事前にコールセンターで相談をしておき、支払える時期をハッキリと伝えておけば、郵送物が届いてしまうようなことはないでしょう。

郵便物が届く心配がなく、即日融資可能な消費者金融はどこ?

ここまで一般的な消費者金融について、郵送物がどのように届けられるか解説させていただきましたが、必ずしも全ての消費者金融に当てはまる話ではありません。最近ではインターネットからの利用を前提にして、完全にペーパーレスでサービスを展開している消費者金融も増えてきています。

まず1つ目の事例として、モビットのWEB完結と呼ばれるサービスが有名ですが、こちらはその名の通りWEBのみで融資と返済を完結させることが売りとなっています。一般的な消費者金融と異なるのは、「ネットから申し込みが可能」というだけではなく、「ネット以外での手間が完全に省かれている」という点にあります。

契約書についても画面上で発行されますので、その画像を保管しておくことで、紙面での契約と同じ扱いとしているのです。また、融資についても必要なときに銀行振込をしてもらえますし、月々の返済についても様々な方法で対応してもらえるようになっています。当然ながら、郵送物が送られる心配はゼロとなっていますので、秘密第一で消費者金融を使いたいと思うのならば、ぜひ利用を検討してみてください。

ここで紹介した会社以外にも、最寄りの無人契約機を利用すれば、必要な書類をその場で受け取ることが可能な会社は多く存在します。担当の方に「郵便物を送らないで欲しい」と伝えておけば、きちんと対応してもらえる事例も多く報告されていますので、実際に契約する前によく確認することを忘れないようにしましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ