大学生だけどお金を借りたい!学生でも消費者金融で借りれる?

大学生や専門学校生のように、学生であっても友人との旅行等で出費がかさむケースは多いものです。そんな時、御自身のアルバイト収入だけではお金が足りず、10万円程度の少額利用でいいので、消費者金融から融資を受けたいと考えることもあり得る話でしょう。

消費者金融は「サラ金」という言葉で表現されることもあるため、学生には無縁のものと感じられるかもしれませんが、それも昔のことです。今ではサラリーマンだけに留まらず、学生向けに融資をしている消費者金融も増えており、気軽に利用できるサービスとして認知されつつあります。ここでは学生がお金を借りる場合を想定して、消費者金融の基本的な概要を紹介し、どのような選択をすべきか考えてみることにしましょう。

学生でもお金を借りられる?アルバイトさえしていれば立派な安定収入となる

一般に、学生というのはアルバイトをしていることはあっても、サラリーマンのように固定の職場で勤務することは稀なことでです。そのため、大手消費者金融が条件に掲げている「安定した収入をもっている」という部分には当てはまらず、融資対象外と誤解されやすくなっています。また、実家から学校へ通っている方ですと、親から独立していないという意味で、より一層にお金を借りることは難しいと思われることでしょう。

しかし、「安定した収入」という表現は、どのようにでも解釈できる条件であるのも事実です。10年先20年先まで収入が予想できる会社員だけでなく、少なくとも1ヶ月先の給料は保証されている学生であっても、継続的に収入を得ている意味では安定していると言えます。実際、学生ではないアルバイトの方であっても消費者金融は融資をしており、場合によっては専業主婦の方にも融資されるケースがあります。

現在、何らかの形でアルバイト収入のある学生ならば、消費者金融を使ってお金を借りることは十分可能です。学生だからといって特別な審査を課せられることはなく、通常のサービスの一環として契約を結ぶことができるので、過度に身構える必要もありません。また、きちんと対処していれば家族にバレることもありませんので、両親の目を気にせずに申し込みもできるので安心してください。

消費者金融と学生ローンの違いは、実家情報が審査対象となるかどうか

学生向けに融資をしてくれるサービスとして、消費者金融の対抗角に挙げられるのが【学生ローン】と呼ばれる金融会社です。

学生ローンは会社員のような一般利用者には融資を行わず、学生だけを対象にしてサービスを展開しているため、大学生を中心に人気を集めています。そうなると、学生がお金を借りる先としては、一番良さそうな選択肢に思えることでしょう。

しかし、学生ローンと消費者金融では、様々な部分で違いがあることを見落としてはいけません。上の図はそれぞれの金融会社が、学生利用者に対してどのような部分をチェックしているか表したものです。左右の矢印を比較するとわかるように、消費者金融があくまで本人の収入等で審査しているのに対して、学生ローンは実家(両親)に関する情報も重視しているのがわかります。言い換えれば、消費者金融は学生を大人と同じように扱っているのに対して、学生ローンは半ば子どもとして扱っていることになります。

金利等では大きな違いのない両者ですが、根本的な部分で融資の方向性が異なっていることを理解しましょう。

学生ローンであっても、実家の両親に確認をしたりすることはありませんが、滞納等があれば連絡される可能性があるということです。また、学生ローンは東京の高田馬場にある学生街を中心にして、事務所を構えている傾向が強いです。そのため、消費者金融と比較すると全国的なサービス展開に劣っており、ATM等が配備されていないという弱点もあります。

地方の学生で、返済をできるだけ便利に行いたいとかんがえるのであれば、全国展開している大手消費者金融を選択した方が良いかもしれません。

消費者金融の審査で、学生がチェックされる項目は?

学生の方が消費者金融に申し込んだとしても、すべての申込者が審査に通ることはなく、どうしても融資の可否が分かれてしまうのも事実です。アルバイト収入のある学生同士であっても、片方はどの消費者金融を選んでも融資されやすいのに、もう片方の学生は融資されないという場合も考えられます。

上の図は消費者金融が学生を審査するときに、チェックしている項目について、簡易的にまとめたものです。主に「安定収入があるか?」「身元のしっかりした人物か?」「企業に利益を与えてくれる顧客か?」という3点について、総合的に審査をして融資するかどうかを決めています。そのため、いずれかの部分で大きな穴のある人物ですと、なかなか融資をされにくい可能性があるので注意しましょう。

審査に通りやすい学生のイメージとしては、長期間にわたってアルバイトを継続しており、固定電話や勤務先にも連絡がつき、携帯電話の割賦払い等で一度も滞納をしていない人物ということになります。

特に落とし穴となりやすいのが、スマートフォンを割賦払いで購入したにも関わらず、何度も携帯電話会社への支払いを遅れてしまった学生です。こういった情報というのは企業間で共有されているので、なかなか消費者金融の審査に通らない場合には、過去に滞納歴がなかったどうか見直す必要があるかもしれません。

大手消費者金融ならば、学生融資の条件に大差はない!条件表の数値を誤解しないこと

さて、これから消費者金融に申し込もうと決断したとき、学生にオススメできる消費者金融会社というのはどういったものになるのでしょうか。

結論から申し上げてしまうと、大手ならばどこも大差はなく、あまり細かい部分を気にする必要はありません。学生が利用する範囲の少額融資であれば、どの消費者金融でも金利は18%程度となるのが普通ですし、月々の返済額も大きくなり過ぎることはないでしょう。また、昔と違い現在ではコンビニATMを使った返済が一般的で、住んでいる場所によって不便を感じるようなケースも少なくなってきています。
 

上の表では、大手消費者金融について、融資を受けるときの条件や返済に関してまとめています。全体的に似たような数値が並んでいますが、細かな部分では違いがあるため、会社ごとに差があるように思われるかもしれません。しかし、こういった貸付条件表というのは見かけの数値だけで判断すると、実際の契約とは異なった印象を受けてしまうことがあるので注意しましょう。

例えば、最大借入限度額についてですが、注1で囲っているように大手各社は500万円で足並みを揃えています。しかし、実際に融資される上限額は審査で大きく変動するものですので、学生が何百万円も借りられることはあり得ません。

概ね10~30万円の幅で融資されるのが一般的ですので、あまり気にする必要のない数値と言って良いでしょう。同様に、注2の金利についても、学生の少額利用ならば最大金利の17.8~18.0%が適用されると考えて間違いありません。よく「お金を借りるなら金利をよく比較すべき」と言われますが、学生が消費者金融を使う場合であれば、大手はどこも一緒と考えてしまって結構です。

最後に、注3の最低返済金額については、若干の差が設けられています。アコムが4200円であるのに対して、新生銀行レイクが3000円となっています。しかし、これはあくまで「毎月必ず払うべき最低金額」ということですので、完済を目指すのであればどの会社を選んでも違いはありません。10万円の融資ならば、少なくとも月々5000円程度は自発的に返済を続けていくのが理想となるので、あまり各社の違いを考える必要はないと言って良いでしょう。

消費者金融を利用する前に、学生ならではの注意点を覚えておこう

下の図は、学生が消費者金融に申し込む前に、不安点として挙げられるであろう項目をまとめたものです。特に「両親にバレたくない」という、いわゆる親バレと呼ばれるものは、なんとしても避けたいものでしょう。これについては、大手消費者金融ならば契約書も無人機で発行してもらえるのが一般的で、月々の明細もネット上で確認できるので安心してください。ただし、契約時に申告が必要となる場合もあるので、うっかり郵送で発行してもらわないように気をつけましょう。

他には身分証明書に関することも、学生では気にされる方もいるでしょう。免許証をお持ちの方ならば、無人機や窓口に持ち込んだり、携帯電話で撮影して画像ファイルを送信することで契約をすることが可能です。

もしも免許証をお持ちでないのならば、健康保険証やパスポートが使える会社がほとんどですから、代わりに用意しておきましょう。ここで注意しなければならないのは、学校で発行される学生証では、身分証明書として認められないケースが多いという点です。レンタルビデオ店の入会手続きとは異なり、公的な身分証明書に該当しませんので、気をつけるようにしてください。

また、契約をすることだけではなく、お金を借りた後の返済についても意識しなければなりません。完済までに必要な支払い回数や、毎月払うべき金額、支払い期日等は忘れずにチェックするようにしましょう。消費者金融会社のホームページでは、返済シミュレーションを公開されている場合が多いため、そういったものも活用しながら返済プランを立ててください。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ