年末年始に即日融資が可能な消費者金融はココ!

年中無休という言葉は、消費者金融だけでなく様々なサービスで使われるもので、皆さんも馴染み深く感じていることでしょう。しかし、銀行のATM等では「年中無休」と記載していながら、年末年始のみ営業をしていないケースがあります。

金融関係の会社では年末年始だけは例外として、サービスを休業していることが多く、大晦日や正月に苦労された経験のある方もいるのではないでしょうか。

さて、消費者金融の場合はどうかと言うと、店舗での営業については、年末年始(一般的には正月3日間まで)を休業するというのが一般的です。ただ、ATMや無人機の場合、会社ごとに微妙な違いもありますので、よく確認をして利用をするようにしましょう。

新規契約で借入を考えるなら、年末年始は避けるのが無難?例外もあり!

消費者金融でお金を借りるには、どこの会社であっても、審査と契約をすることが不可欠です。ここで問題になるのが審査に関するもので、年末年始には会社自体は休業しているので、申し込んでも正月明けの融資になってしまう可能性が高いです。>

消費者金融の審査は、自動化されている部分が大きくなっていると言われますが、最終判断については人の手で下されているのが普通です。そのため、申し込み処理や簡易審査こそネットで受け付けていても、最終回答は会社が営業を開始した正月明けからとなってしまうわけです。

ただし、これは新規にお金を借りようとする場合に限った話で、既に契約済みの会員については別です。年末年始でもATMが営業している消費者金融ならば、大晦日や正月であっても、通常通りにお金を引き出せるので確認しておきましょう。

また、レイク等ではネットから銀行振込による融資を申し込めますが、こちらについては銀行が年末年始に休業していると、振込処理が正月明けになってしまうので注意してください。

ここまで、一般的な年末年始の営業について説明させていただきましたが、大手消費者金融の中には正月でもお金を借りられる会社もあります。代表的な例としてはアイフルが挙げられ、営業時間が短めになっているものの、大晦日や元旦でも自動契約機を利用できるようになっています。どうしても年末年始にお金を借りたい場合、移動の手間はありますが、正月期間でも営業している無人機まで足を運んでみると良いでしょう。

消費者金融の年末年始はどうなっている?無人契約機の営業時間に特徴あり!

アコム レイク アイフル
店舗窓口 12/31 ~ 1/4 休業 新生銀行の営業日に準じる 12/30 ~ 1/4 休業
無人契約機 12/31 ~ 1/1 休業
(1/2から対応)
12/31 ~ 1/1は審査回答不可
(1/2以降に回答)
営業
(ただし日中のみ)
インターネット 1/4 以降に回答 1/4 以降に回答 1/4 以降に回答

 

上の表は、大手消費者金融各社について、年末年始の対応についてまとめたものです。こちらをご覧いただくとわかるように、店舗やネット契約については正月明けまで待たなければなりません。一方で、無人契約機については3社共に正月でも営業しており、年末年始でも使えるようになっています。

特にアイフルについては、前項でも紹介したように無人契約機を大晦日・元旦でも使えるのが特徴です。他の2社では対応されない時期であっても、審査や融資をしてくれるわけですから、この時期にお金を借りるならば最有力候補となることでしょう。

平常時であれば、ネット契約が便利で早いと言われていますが、年末年始のみは「無人契約機が最短」という点はどこも共通しています。時間的に余裕があるのであれば、年末年始期間にネットで申し込みだけ済ませることも可能ですが、すぐに審査連絡や融資を望む方には無人契約機がベストな選択肢でしょう。表に挙げている大手各社ならば、全国各都市に無人契約機が設置されているので、ホームページ等を調べて最寄りの店舗を確認しておくと良いでしょう。

ただ、年末年始というのは他の金融会社が休業していることもあり、比較対象となる候補が少なくなってしまいます。また、無人契約機も日中の稼働に限定されていますので、夕方ぎりぎりに出かけてしまうと、先客がいて契約ができなくなる可能性があることも考慮しましょう。きちんと考えて契約をするのは当然ですが、時間的にも余裕を持って出かけるようにして、思わぬ失敗をしてしまわないように行動することを忘れないでください。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ