来店不要!消費者金融の店舗には行かずに借入できる業者はココ

消費者金融を利用してお金を借りようと思っても、様々な事情から「店舗に行けない」という方もいらっしゃると思います。日中に時間が取れない方、あるいは家族の目が気になる方など、できれば在宅で融資を受けたいという声は多いものです。

このようなニーズに応えるため、消費者金融も来店不要で申し込めるケースが増えており、今ではインターネットを使って在宅のまま契約できるサービスも珍しくありません。

ここでは来店不要の消費者金融がどういうものか理解し、細かい注意点についても紹介させていただきます。

来店不要!消費者金融の店舗には行かずに借入できる業者はココ!

消費者金融は全国各地に支店があり、その窓口で従業員の方の説明を受けながら融資を受けることが可能です。ただ、これはあくまで窓口の1つでしかなく、必ずしも店舗まで出かける必要はありません。むしろ、店舗契約よりも、他の方法を使ってお金を借りている場合が多いようです。

かつて無人契約機が登場し始めた頃、消費者金融の利用者数はピークを迎え、今以上にテレビCM等での露出が多かったものです。お金を借りることに後ろめたさを感じてしまう方が多いのを、無人契約機による機械操作で解消できるようにしたため、誰でも使えるローンという立場を確立させたのが要因でしょう。これと全く同じ理屈で、現在はパソコン・スマホでのネット契約によって、消費者金融会社は新しい顧客を開拓しようと経営努力をしている最中にあります。

消費者金融の審査では「身元保証」という部分が最も大切で、ネット契約についても同様です。今の時代ならば、ほとんどの人が携帯電話やスマートフォンを所持しているので、身分証明書をカメラで撮影すれば在宅でも確認が取れるようになっています。

お金を受け取る方法についても、銀行口座への直接振込はもちろん、最寄りの契約機やATMを利用することも可能ですので、利用者それぞれの事情に合わせて融資してもらえます。

100万円以上の大口融資では、収入証明(給与明細の提示等)をする必要が生じる可能性がありますが、ほとんどの消費者金融では数十万円までなら不要となっています。要するに、身分証明書さえ確認できれば融資可能ということですから、免許証等の画像を送信できる環境さえあれば簡単にお金を借りられるということです。

確認さえ取れてしまえば、即日融資でお金を受け取れる消費者金融会社も多いため、時間的に追い込まれている場合にも大きな助けとなってくれることでしょう。

来店不要の消費者金融で、事前にチェックすべき点は?家族バレには要注意!

いくら在宅でお金を借りることが可能とはいえ、何から何まで画面上だけで済むわけでないことも覚えておきましょう。特に消費者金融との契約においては、いくつか実際にやり取りする必要のある書類があり、郵送等で送られてくるケースがあります。家族にバレないようにしたい方や、何らかの事情で郵送での受け取りが難しい方は、事前によく確認しておくようにしてください。

まず、よく問題となるのが融資に関する契約書で、これを後日郵送してくるパターンがあります。消費者金融によっては、印鑑を押して返送する必要があることも考えられるので、申し込む前にホームページ等を熟読しておくようにしてください。一度契約をしてしまってからでは、キャンセルすることができませんので、契約書を家族に見られてしまう可能性があります。

次に、消費者金融の会員カードの受取方法が挙げられますが、やはりこれも郵便等で送られてくるケースが多いですね。ATMでの入出金に使うことも考えれば、必ず持っておく必要があるものですから、どういう方法で手元に届くのかチェックしておく必要があります。

いずれの場合についても、消費者金融によっては「匿名で発送可」「無人契約機で対応可」という例外が用意されている可能性があるので、入念に確認しておきましょう。

特に、大手の消費者金融では「申し込みと審査は在宅で」「契約は無人契約機」と分けて作業できるサービスが増えているため、利便性と匿名性を兼ね揃えた利用が可能となっています。

大手消費者金融はいずれも来店不要で申し込める!微妙な違いには注意しよう!

 
アコム
アイフル
新生銀行
モビット
申し込み方法 電話・ネット 電話・ネット 電話・ネット 電話・ネット
身分証明書の送付 アップロード・FAX FAX FAXまたはEメール FAXまたはEメール
契約書・カードの受取 郵送(無人機でも対応可) 郵送(無人機でも対応可) 郵送(無人機でも対応可) 不要
※UFJ銀行口座が必要
(無人機でも対応可)

上の表は、アコム・アイフル・新生銀行レイク・モビットの大手4社について、在宅での申し込み環境がどうなっているか比較したものです。一見すると、どこも大差はないように感じられるでしょうが、それだけ来店不要でお金を借りられる環境が標準的になってきたと言えるでしょう。

ただし、申し込みに必要な身分証明書の送付方法や、契約書・カードの受取方法には会社ごとに違いがある点に注意してください。例えば身分証明書の送付については、事前にFAXで送信しておく必要がある場合と、メールやWebでも対応してもらえる場合があります。また、契約書・カードの受取については、融資後に後日郵送される場合が多いことも意識しておきましょう。

ここで目を引くのはモビットの契約書・カードに関する部分で、UFJ銀行口座を所有していれば不要となっています。これは銀行カードで代用できるため、新しく書類やカードを発行することなく、完全にWeb上だけで完結できるようなシステムになっているのです。どうしても全ての過程をネットで済ませたいと思うのであれば、こうした部分に力を入れている会社を選択するのが良いでしょうね。

いずれにしても、無人契約機や店舗に行けば、書類を郵便で送られることはないのが一般的です。とりあえず申し込みだけはネットで済ませて、実際にお金を借りられることが決まったら、店舗まで足を運ぶことも考えてみましょう。特に家族に知られずに消費者金融を使いたい方は、こうした方法を活用することで、秘密を完全に守ることが可能となるでしょう。

現金を受け取るのも無人機を使って対応できるので、即日融資を望む方ならば、「お金を受け取るついでに…」という感覚でカード発行も済ませれば丁度良いかもしれません。もちろん、カード等を郵送されることに抵抗がない方であれば、在宅のまま銀行振込を受けることが可能ですから、わざわざ店舗や無人機まで足を運ぶ必要はありません。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ