消費者金融の解約手続きって必要なの?返済したら終わりじゃないの?

消費者金融との契約というのは、当たり前ですがお金を返すまでは、法的措置(自己破産・任意整理など)が適用されない限りは続くものです。そうなると完済をした時点で、消費者金融との契約は終了すると考えがちですが、実はそういうわけではありません。お金を返しただけでは解約とはならず、あくまで借入残高がゼロとなっただけで、契約が続いているケースが多いのです。

これはどういうことかと言うと、月々の支払い義務は完全になくなりますが、ATMに行けばいつでもお金を借りる権利を保有しているということです。またお金が必要になれば、新たに審査などの手続きをしなくても、利用限度額の範囲で融資をしてもらえるわけです。本当の意味で「消費者金融を解約した」と言えるのは、この権利も放棄して、完全に会員資格を失う状態を指すのだと覚えておきましょう。

完済で自動解約されない理由は?消費者金融の会員になる意味を知ろう

消費者金融と顧客の関係というのは、お金の貸し借りによって成り立つものです。消費者金融を利用している人の大半は、契約を結んだ時点で、お金の融資をしてもらっていることでしょう。そのため、「お金を返すまで」消費者金融と付き合うことになると、誤解しがちです。

しかし、最近の消費者金融というのは、カードローンとの区別が曖昧になってきています。あらかじめ決まった金額について、自由に引き出せる使い方が一般的となっているため、完済してもすぐにお金を借りられる仕組みとなっているのです。言い換えれば、会員としての立場が維持されている間は、消費者金融との関係は切られていないということですね。

もちろん、お金を借りていない状態であれば、会員資格を保持し続けても問題はありません。借入残高がゼロの状態ならば、返済金の支払い義務は発生しませんし、消費者金融から連絡が来ることもないでしょう。ただ、信用情報機関に記録されている情報については、解約から5年までは残されるルールとなっているので注意しなければなりません。基本的には気にしなくても良いことですが、将来的にローンを組むとき等に影響する可能性もあるため、どうしても気になる方は完済後に解約手続きを踏む必要があります。

消費者金融の解約の流れ

消費者金融の解約手続きをする方法は?自分から動くことが必要

解約が自動で行われないのが普通だと説明させていただきましたが、いったいどうすれば消費者金融を解約できるのでしょうか。大手消費者金融の場合は、インターネットで確認できるマイページに項目化されていることもありますが、意外とわかりづらいかもしれません。中には、電話で申告することが必須となる消費者金融もありますので、解約を希望するのであればサポートセンターに連絡をしてみましょう。

契約時には店舗・無人機で手続きすることが必要だったかもしれませんが、解約については簡単な場合が多くなっています。電話一本で本人確認を行い、そのまま解約扱いとして手続きが終わる場合も珍しくありません。このとき、解約を証明する書類を送るかどうか確認されるケースもありますが、受け取らなくても問題はありません。

このように、消費者金融を解約するのは、意思表明をすることが大切だとおわかりいただけたでしょう。本当に自分が解約できたか不安になるかもしれませんが、そのような場合には、会員ページにログインを試みてみると良いかもしれません。会員資格を失っていれば、無人機やATMも利用できなくなりますし、ネットのマイページについても同様です。もしも、今まで通りに利用できてしまったのであれば、まだ解約ができていないということですので、再度確認することをオススメいたします。

消費者金融の解約をするメリット・デメリットは?

さて、ここまで消費者金融の解約方法について説明しましたが、そもそもこうした手続きというのは必要なのでしょうか。人によって解約をした方が良い場合と、待った方が良い場合があるので、まずはメリットとデメリットを把握するように努めましょう。

先に解約するデメリットを紹介すると、これは「お金を借りられなくなる」という一点に尽きます。既に消費者金融の会員になった方であれば、いつでもお金を借りられるというのは、非常に便利なサービスだと理解しているでしょう。その権利を自ら放棄するということですから、今後お金を借りる可能性があるのであれば、大きなデメリットとなります。もう1度、お金を借りるためには契約し直す必要があるため、審査で落ちてしまう可能性も否定できません。

逆に、消費者金融の解約で得られるメリットは、新たにローンを組みやすくなる点にあります。例えば、消費者金融で100万円の限度枠を設定されている場合、お金を借りていなくても契約は結ばれたままですので、それだけ新たなローンの審査に影響しやすくなるのです。これがゼロに戻るわけですので、より安い金利でのローンに移行しやすくなるでしょう。

消費者金融の解約をするメリット・デメリットは?

上の図で示しているように、1円も借りていない人であっても、消費者金融と契約したままでは総利用限度額は残ったままになります。信用情報を参照すれば、消費者金融の契約が残ったままだと確認できることなので、別の会社・銀行の利用を検討している方はきちんと解約をした方が良いかもしれません。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ