消費者金融の借り入れ履歴(事故情報など)はいつまで残るの?

消費者金融を利用していると、完済までの様々な記録が、信用情報として残されていきます。この情報は金融関連の商品を取り扱う会社で共有され、別のキャッシングやローンを利用するときにも、審査の参考として利用されることになります。

ここで気になるのが、「どのような情報が」「いつまで」残されるかという点でしょう。特に滞納をしてしまった人にとっては、事故情報がいつまで残るかというのは、非常に気になるところかと思います。将来的に新しくローンを組む場合などに、過去の事故情報がどこまで影響するのか知っておくことは、これから消費者金融を使う人にも役立つことでしょう。

信用情報機関とは?いくつか種類があることを知っておこう

下の表は、日本国内の信用情報機関について、主なものをまとめたものです。こちらをご覧いただければわかるように、消費者金融を利用する方にとっては、日本信用情報機構(JICC)が最も関連性が深い機関となります。また、シー・アイ・シー(CIC)についても、消費者金融が加盟している場合が多いことを覚えておいてください。

略称 正式名称 主な加盟会社
CIC シー・アイ・シー クレジットカード会社
銀行ローン
一部消費者金融
JICC 日本信用情報機構 消費者金融会社の多く
KSC 全国銀行個人信用情報センター 銀行
銀行カードローン

同じ信用情報機関に加盟している会社であれば、自分の会社に申し込みをした人が、他の加盟会社を利用しているかどうか確認することができます。また、現在の借入残高や返済状況はもちろん、住所や職場等の情報も照会できるようになっています。言い換えれば、別の信用情報機関に属する金融会社であれば、現在利用しているローン等の情報は共有化されていないことになります。銀行系ローンと消費者金融の場合、信用情報機関が異なることが多いため、審査に影響しないことが多いのも特徴と言えるでしょう。

ただし、こうした信用情報機関ごとの違いというのは、あくまで一般的な使い方をしている人のみに適用される話です。もしも強制解約や長期滞納といった、事故情報を残してしまった場合、他の信用情報機関にも共有されてしまうことがあります。いわゆるブラックリストと呼ばれるもので、意図的に借り逃げができないように、事故情報だけは加盟・未加盟を問わずに業界内でリンクされていると考えてください。

消費者金融の履歴や事故情報は、信用情報にいつまで残るのか?

下の表では、消費者金融に記録される信用情報について、内容と記録期間をまとめたものです。申し込みをした段階から、完済をするまでの間に渡って、情報が残されているのだとおわかりいただけるでしょう。また、各段階ごとに記録される情報の種類と、保存される期間が異なることも注目すべき点となっています。

段階 記録内容 記録が保持される期間
申し込み 住所などの個人情報
申し込んだ会社・サービス名
半年間
契約 契約内容・支払い回数など 解約後、5年間
返済 返済予定日・返済実施日
借入残高など
解約後、5年間
滞納 延滞の発生した日時
延滞の解消した日時
延滞解消日から5年間
強制解約など 強制解約の日時・理由など 強制解約後、5年間

まず、申し込みをした時点で記録される情報ですが、これは半年間と短いスパンで消えることになります。多重申し込みによって審査で不利になりたくないのならば、過去に申し込みをした日から、半年間の間隔を空ければ良いということです。ここで記録される情報というのは、審査で落ちてしまった場合にも残されることになるので、勘違いしないようにしてください。

その後、契約に至った場合には、借り入れ金額と支払い回数が記録されていくことになります。ここで気をつけたいのは、記録が残される期間が「解約後5年」経ってからとなっている点です。ほとんどの消費者金融では、完済をしても即解約とはならず、希望を出さない限りは契約者のまま扱われることになります。新たに借り入れをする場合等には苦労することになりますが、どうしても信用情報を消したいのであれば、解約を申し出ることを忘れないようにしましょう。

さて、延滞をしてしまったケースについてですが、これは消費者金融ごとに取り扱い方が異なります。うっかり数日ほど支払いが遅れたような場合、すぐに延滞情報として記録するとは限らず、場合によっては1ヶ月や2ヶ月までならセーフとして扱われることもあります。事前に申告していれば待ってもらえることも多いので、支払いが遅れそうだとわかっている時には、サポート窓口に電話をするのが無難と言えるでしょう。一度記録されてしまうと、最長で5年間は事故情報として残ってしまうため、できるだけ回避することが望ましいのは間違いありません。

その他には、強制解約や任意整理をした場合には、5年間は事故情報扱いで記録が残ってしまいます。自己破産については特別で、最長10年間まで記録が残ることになるので、かなり時間が経たなければローンの再契約は難しいでしょう。

1回の延滞で事故情報は残される?他社との契約では不利になるのか?

上記でも少し触れましたが、支払いの遅延(延滞)があった場合、消費者金融ごとで対応が分かれることになります。延滞金の加算などは例外なく行われることになりますが、それを事故情報として残すかどうかは、信用情報機関の加盟会社ごとの裁量によるのです。

もちろん、督促が何度も行われるような長期の延滞は事故情報扱いになりますが、少々の遅れというのは誰にでも1度はやってしまう恐れがあるものです。銀行への入金忘れなどが考えられる数日程度の遅れならば、信用情報機関には正常な支払いとして記録されることも多いので、あまりシビアに考えすぎる必要はありません。

いずれにせよ、消費者金融側に決定権があることですので、遅れてしまいそうな時は必ず連絡を取ることを欠かさないでください。また、サポートセンターに連絡をするときにも、「お金がない」と言うような説明をするのではなく、「支払い意志がある」ことを強調すべきです。そうすることで、悪意の延滞ではないと認定されやすくなり、初回の遅れであれば高確率で事故情報扱いされないものです。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ