本人死亡!?消費者金融の残高の支払いはどうなるの?

あまり考えたくはないことですが、もしも消費者金融からお金を借りたまま、債権者が死亡してしまったらどうなるのでしょうか。家族がいる方ですと、万が一のことを考えてしまい、迷惑をかけてしまうのではないかと心配されるかもしれません。消費者金融以外のローンに目を向けると、遺族や保証人に対して請求が行われるケースもあるため、そういったことは何としても避けたいところですよね。

ここでは、万が一の時を考えて、消費者金融と契約した本人が死亡した場合について解説させていただきます。知識として理解していれば、消費者金融をもっと安心して使えるようになりますし、完済までの気持ちにも余裕が生まれることでしょう。

消費者金融は保証人が不要なサービス!責任は本人のみに課されるものです

既に御存知の方も多いでしょうが、消費者金融を申し込むのに保証人は必要ありませんので、返済義務は契約者本人のみにあります。他の銀行ローン等と比較して、消費者金融の金利がやや高めとなっている理由は、責任の所在が限定されているためです。自己破産や債務整理をしても、家族や友人に迷惑はかかりませんし、相談や同意を得る必要もありません。

このことは債務者が死亡した場合も同様で、本人がいなくなってしまうと、その時点で契約は失効すると考えて間違いありません。ただ、より細かく法律について考えてみると、財産の相続という問題が生じることになります。財産を相続する際に、消費者金融の借金まで引き継いでしまうのではないかと心配されますが、これについても回避策があるので安心して下さい。

多くの消費者金融は、面倒な裁判を繰り返してまで、相続した遺族に請求をしようとは考えていません。過去の判例と照らしあわせても、消費者金融側が勝訴する見込みは小さく、コストに見合った回収もできないのです。そうした事情もあるため、遺族側が申告をすれば、あっさりと債権放棄証書を提出してくれるケースが多いようです。中には行政書士を通さないと取り合ってくれない会社もあるようですが、手続きそのものが簡易的であるため、手数料も安く済む傾向にあります。

相続放棄をする前に、過払い請求ができないか確認することも大事

上記では、消費者金融からの債務について、遺族が放棄できるかどうかという観点で説明をしました。債務者本人が死亡してしまった場合、ほとんどの遺族は消費者金融との関係を切ろうとするでしょうし、ちょっとした手続きで可能なこととなっています。しかし、中には債務を放棄してしまうことで、遺族が損をしてしまうケースもあるので注意しましょう。

代表的な例としては、遺族が債務相続を放棄してしまうことで、過払い金の請求権利まで失ってしまうパターンが挙げられます。死亡した契約者が、既に完済間近まで返済を続けていた場合、過払い請求できる金額の方が借入残高よりも大きい可能性があります。借入残高が10万円程度残っている一方で、これまで蓄積していた過払い金が100万円以上になっていることもあり得るため、よく確認してから債務相続放棄をするべきでしょう。

死亡した本人が細かく記録を残していれば良いのですが、そうでなければ消費者金融に対して、返済の記録を開示してもらう必要があります。これも行政書士の協力が必要となるため、遺族が相談をしなければなりません。最近では、過払い金の請求を専門にした事務所も増えてきており、相談に関しては無料で受け付けてくれることも珍しくなくなっています。

債務者本人が死亡しても、遺族が損をするリスクはないと考えて良い!

ここまで消費者金融を借りたまま死亡してしまった時について、遺族に迷惑がかかるかどうかを中心に解説してきました。下の図でもまとめているように、きちんとした手順を踏みさえすれば、消費者金融もあっさりとあきらめるのが通例となっています。家族といえども、保証人ではありませんから、消費者金融の借金を肩代わりさせられることはないと考えて問題ありません。

それでも、過払い金請求の例があるように、なんでも放棄してしまえば良いわけでないことも気をつけなければなりません。上の図のように、まずは本人がどれだけ債務を背負っていて、これまで支払いをどうしていたか把握することが大切になります。急な事故に遭ってしまった場合は仕方ありませんが、もしも大きな病気にかかってしまった場合など、家族に伝える時間があるのならば正直に話した方が良いかもしれませんね。

遺族の立場からすれば、死亡した後に「実は借金があった」という事実を知ってしまうと、それだけで驚いてしまうものです。きちんとした対応さえすれば問題ないことですが、慌てて行動をしてしまい、知らないうちに損をするという事例も少なからず存在しています。もしもの時を考えて、返済が長期化しそうな場合には、自分自身の借入状況等を逐一記録しておくと良いかもしれません。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ