家族や会社にバレずにお金を借りる!内緒で借りれる消費者金融

消費者金融を使うことについて、自分自身はよく理解しているけれども、家族に抵抗感を持っている人がいるというケースがあります。また、職場の同僚に知られて、余計な噂を流されたくないと心配している方も多いのではないでしょうか。

お金の面だけではなく、プライバシーという観点からも、消費者金融を使う前には気をつけたいものです。ここでは消費者金融からお金を借りていることが、家族も含めた周囲にバレないかどうか、詳しく解説させていただきます。きちんと理解し、注意すべきポイントさえ踏まえていれば、消費者金融というのは秘密を守られるものですので安心してください。

消費者金融の利用が家族や会社にバレる可能性は?

家族と同居をしている場合、消費者金融から電話や郵便が着てしまうと、お金を借りているとバレるのではないかと不安視されるかもしれません。たしかに、何も対策をしないまま契約をしてしまうと、何らかの事情で家族にバレてしまう可能性は存在します。

まず第一に、郵送物が届いてしまうという事例についてですが、これは会員カードや契約書を受け取ることで発覚してしまう恐れがあります。どの消費者金融であっても、郵送をする前には利用者にその旨を伝えているはずですが、よく確認しないまま同意してしまう人もいるようです。自分がいない間に家族が受け取ってしまい、そのままお金を借りていることが知られてしまい、バレてしまうというわけですね。

郵送物についてですが、ほとんどの消費者金融では、様々な代替手段を取ることで避けられるようになっています。無人機やWeb契約のように、自宅で郵便を待つのではなく、別の方法で契約書やカードを受け取ることで、郵送物なしでもお金を借りられるのです。消費者金融のホームページ等でも、こうしたことについては解説されているはずですので、申し込み前にはチェックすることを忘れないようにしましょう。

次に自宅や職場に電話がかかってくるケースについてですが、こちらは郵送物とは異なり、特別に意識せずとも回避できるようになっています。電話番号や職場情報を確認する場合でも、会社名を名乗らずに電話をしてくれますし、確認だけ終われば電話は切ってもらえます。少なくとも、きちんと返済期間を守りながら、無断で長期延滞をしない限りは電話でバレることはないと考えてよいでしょう。

消費者金融の大手各社は、郵便物をどのようにして送ってくる?

上記では、消費者金融の郵送物を受け取らずに済むということを説明しましたが、会社ごとに微妙な違いがあることも覚えておきましょう。下の表は、消費者金融会社の中でも大手と呼ばれる4社について、郵送をどのようにしているかまとめたものです。

【大手消費者金融の郵送物について】

アコム
アイフル
プロミス
モビット
郵送物なしの申し込み方法 来店・無人機でカードを発行可 来店・無人機でカードを発行可 来店・無人機でカードを発行可 Web契約ならネットのみで完結
郵送時の名義 ACサービスセンター AIセンター 担当者の個人名義 NCセンター

まず、4社共に共通しているのは、郵送物を受け取ることなく申し込む方法が用意されている点ですね。これについてはアコム・アイフル・プロミスの3社は無人機や店舗を利用することで、カードの発行等ができるため、郵便を使って何かを受け取る必要がなくなっています。

モビットについては、Web完結と言う名前のサービスが展開されており、こちらはネットだけで全ての手続きができるようになっているため、紙の書類を扱うことはありません。いずれにしても、家族に知られずにお金を借りられるところは同じですので、安心して申し込めるようになっています。

次に、何らかの特別な事情で郵便を受取る必要が生じた場合、各社がどのような名義で発送するかについて見てみましょう。例えば、アコムの場合は「ACサービスセンター」という表記で郵便物が送られることになります。一目見ただけではアコムとはわからないようになっており、他の各社についても別会社名義でわかりづらく配慮されています。

また、もしも郵送が必要と判断された場合には、事前に携帯電話等で直接連絡が入ることが一般的となっているので、抜き打ちで郵送されるようなことはありません。

各社ともに、不必要に郵便物を送ることはなく、仮に送ることがあったとしても最大限の配慮をしてくれるというわけです。もしも気になることがある場合には、各社が設けているサポートセンターに連絡をして、遠慮することなく確認をするようにしましょう。

長期の滞納以外に、消費者金融の利用がバレる危険性はゼロに近い

郵便物にしても電話にしても、消費者金融も顧客が秘密を重視していることを知っているので、第三者にバレるようなことはしないものです。よほど消費者金融の事情に詳しく、勘の鋭い人物が身近にいない限りは、バレる危険性はないと考えてよいでしょう。

ただ、ここまで紹介してきたのは、あくまで通常の利用をしている顧客への対応に関するものです。もしも長期の滞納をしてしまったり、音信不通になるようなことがあれば、督促の郵便・電話が来る可能性があります。このときは消費者金融も、秘密重視の配慮をすることはなく、会社名を出して連絡をすることもあるでしょう。

もちろん悪意のない1回限りの滞納であったり、うっかり忘れてしまったようなケースであれば、本人のみに連絡するのが基本となっています。携帯電話やメールといったように、本人だけが目にすることができる方法を使ってくれますので、支払いを忘れて即座に家族に知られることはありません。通常の範囲内での利用をしていれば、まず大丈夫ということですので、秘密を第一に考えている方でも安心できる体制は整っています。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ