知らなかったでは遅い!消費者金融の利息の計算方法について

消費者金融と言えば利息について語られることが多いものの、実際のところ完璧に理解できている利用者は少ないかもしれません。返済の際に、元金(借りたお金本体)に付け足すものだとイメージしている程度で、具体的にどういう計算をしているかは複雑な部分もあります。

もちろん、指定された金額をコツコツ払い続けていれば、問題なく完済できるようにはなっています。知らないからと言って困ることもありませんし、そういった利用者でも安心できるように、どの消費者金融もサポートを徹底しているものです。ただ、少しでも安い利用をしたいと考え、お得な借り方をしたいならば不理解のままではいけません。消費者金融の利息について、まずは全ての会社に共通する部分だけでも理解しておきましょう。

利息の計算は、「年率」だけでなく「月率」も考えておくこと

消費者金融だけでなく、様々な金融サービスでは利息を年率で表記しています。1年間にかかる利息を表記しているわけですが、実は支払いをする場合には、あまり意味のない数値でもあります。仮に10万円を消費者金融から借りたとき、年率15%ならば年間15000円の利息が必要になりますが、あくまで目安程度に考えておきましょう。

むしろ年率よりも大切なのは、1ヶ月毎の月利と呼ばれる数値になります。これは単純に年率を12等分したもので、年15%ならば月1.25%が支払うべき月利です。10万円の融資ならば、1ヶ月1,250円が月利になりますが、通常は月5,000円程度の支払いが課せられることでしょう。このとき3,750円が月利を超えた支払いになりますので、その分だけ元金が減っていき、残りは96,250円となるのです。

元金が減っていけば、そのたびに月利も減っていきますので、どんどん支払う利息は安くなっていくものです。1年間の支払いをし終わった時には、合計で支払った利息は年率よりも低くなっていることでしょう。年率の単純計算だけでは、消費者金融で支払う利息を算出することはできないので、月々の支払額からシミュレートすることが大切になります。

実際の利息は自分次第!消費者金融の利息を比較しよう!

上のグラフは、年率15%の利息で「10万円」「50万円」「100万円」を融資してもらい、毎月2万円を支払い続けたときの返済シミュレーションになります。前項で説明したとおり、毎月の支払には月利が引かれることになりますが、融資金額が大きければ元金も減りづらくなるのです。100万円のように大口利用をした時には、この月利の負担が顕著になり、月利1.25%でも12,500円まで達します。月20,000円の支払い程度では、半分以上が月利で相殺されてしまうので、なかなか完済まで辿り着かなくなってしまいます。

グラフでも見て取れるように、100万円利用では形状が直線ではなく、やや曲線に近くなっています。これは元金が減るにつれ利息が軽くなり、それだけ元金も減りやすくなっていくことを示しているのです。賢く完済をするのならば、毎月の支払いができる金額を考えてから、融資してもらう額も決めるようにしましょう。

月20,000円の支払いをする場合、100万円の融資は79ヶ月の返済期間がかかり、最終的には579,120円が利息総額となります。これを年率換算すると8.76%となりますが、もう少し月々の支払いを大きくしないと、厳しめの数値と言えるかもしれません。それに対して50万円の融資であれば、30ヶ月で利息総額は103225円ですので、年率換算は8.26%程度になります。同じ金利15%であったとしても、借りた金額と支払額によって、実際の利息の負担は変化するとおわかりいただけるでしょう。

毎月いくら返済できる?借入前には余裕を持ったプランを立てよう

消費者金融からお金を借りる際、まずは「いくら必要か」ということを考えなければなりません。足りない金額をカバーできなければ、お金の問題を解決できませんから、それは避けて通れないでしょう。しかし、必要なだけお金を借りているだけでは、完済までの道のりを考える上では不十分になります。

前項の計算結果でもわかるように、月々の支払いが大きいほど、実際の利息負担は軽くなっていきます。金利を比べるときには、1年単位で考えるよりも、毎月の支払額をどれだけ増やせるかがカギになると覚えておいてください。完済までの道のりは、エクセルのような表計算ソフトでも計算できますし、便利なツールも多く公開されています。そういったものを利用しながら、実際に自分が完済までにどれだけ支払うか計算して、消費者金融の契約を考えるようにしましょう。

また、消費者金融の中には、臨時で増額払いをできる場合もあります。ボーナスのようにまとまったお金が入る予定があるならば、それだけ利息負担も軽くなり、完済までの時間も短くなるでしょう。

利息制限法によって、消費者金融の上限金利が変わったことも覚えておこう

消費者金融の大手というのは、多少の違いこそあっても、概ね似たような金利であることに気づくことでしょう。特に最大金利についてですが、「15%」とか「18%」という数字をよく見かけるはずです。まるで協定でも結んでいるかのごとく、同じ数字ばかり目につくかもしれませんが、これには理由があるので覚えておいてください。

利息というのは法律で制限がかかるもので、消費者金融会社が勝手気ままに決定できるわけではありません。特に近年、グレーゾーン金利と呼ばれるものが廃止されたこともあり、利息に関する規定は厳密化されるようになりました。昔の基準では出資法というものが適用されており、これはほとんど青天井に近い金利が設定可能でした。同時に、利息制限法と呼ばれる低い金利を天井にしたルールもありましたが、こちらを無視して金利設定できてしまうのが以前の金融業界だったのです。金利に関する2つの法律が存在したため、利息制限法には反していても、出資法には合致しているために黙認されていたというわけです。

こうしたおかしなルールが改定され、現在では利息制限法に従うことが義務付けられ、消費者金融会社の最大金利は18%以下に統一化されました。100万円未満で年18%、それ以上で年15%となっているので、各社の金利が似ているのはそのためです。単に消費者金融を利用するだけなら、知らなくても問題はありませんが、一つの知識として頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ