消費者金融 大手5社の金利・限度額を一覧表で徹底比較

消費者金融をできるだけ安く利用したいと考えるならば、金利に関する知識を深く持っておく必要があります。普通に何かを購入する場合のように、値段がはっきりと記載されているわけではなく、利用者自身が契約内容から判断しなければなりません。金利はすべての利用者に共通しているわけではなく、同一の消費者金融を利用しても、利用額や契約プラン等で大きく変化するものです。評判や広告だけで「ここは安い」と決めつけずに、自分で計算をしながら比較するようにしましょう。

消費者金融の金利がどう決まるか理解しよう

どこの消費者金融のホームページを見ても、金利の表記に大きな幅があることに気づくかと思います。「年率5~18%」といったように、最低値と最大値に10%以上の差があることも珍しくありません。仮に100万円の融資を受けたとしたら、年間で10万円の差になりますので、無視できない差だと言えます。出来れば最低金利に近い契約を結びたいのは、消費者金融を利用する人の大半が考えていることでしょう。

さて、この金利がどうやって決まるかという点についてですが、利用金額や審査が大きく作用するものだと覚えておいてください。10万円や20万円といった少額利用の場合、基本的には最大金利で契約を結ぶことになります。個人の貸し借りならば、少額のやり取りの方が気楽で良いと考えられますが、商売としてお金を貸す場合は全くの正反対なわけです。100万円を融資すれば、5%の低金利であっても年間5万円の利益が見込めますが、10万円ではたった5000円にしかなりません。

それに、融資金額は審査によって決定されますから、大きな契約を結ぶ顧客は信用されているのと同義です。借り逃げのリスクが低く、低金利の融資でも利益が見込める大口利用者ほど、どの消費者金融も金利を低く設定する傾向にあります。

大手消費者金融の金利を比較!金利一覧表で各社の違いを考えてみよう

利用限度額
アコム
アイフル
レイク
プロミス
モビット
300万 15% 15% 15% 17.8% 15%
200万 15% 15% 15% 17.8% 15%
150万 15% 15% 15% 17.8% 15%
100万 15% 15% 18% 17.8% 18%
100万未満 18% 18% 18% 17.8% 18%

 

上の表は、一般的なフリーローン契約について、消費者金融の上限金利を比較したものです。実際には審査でさらに金利が安くなる可能性がありますが、公正に比較するために、最大上限の金利を列挙しています。これを見ると、限度額100万円が1つのラインとなっているのがわかるでしょう。一方でプロミスのように、限度額問わず最大金利は変わらず、別の要素で金利を調整している会社もあります。いずれにせよ、限度額の大きさというのは金利決定において重要な要素となるので、念頭に置いておくようにしてください。

もしも100万円ジャストの融資を希望しているのならば、アコムやアイフルを利用するのが金利面でお得になります。審査で金利調整が入らなくても、年率15%以上になることはありませんので、他社と違って確実に15%以下となります。逆に、100万円を切るような少額利用であれば、0.2%の小さな差とはいえプロミスが安く設定されています。

他にも申し込むプランによっても金利は変わりますので、自分の条件に合った安いプランがあれば、そちらを優先してみましょう。契約を結んだ後に、別の消費者金融の方が安かったと知って後悔しないように、情報はできるだけ多く集めるようにしてください。

消費者金融大手の返済シミュレーションで、完済までの負担を比較

金利は安いほうが良いというのは、消費者金融の利用経験がない方であっても、なんとなく理解されていることだと思います。ただ、実際にどれくらいの差が生まれるのかと言われると、明確な回答を出せる方は少ないのではないでしょうか。消費税のように単純計算で支払額が出せるものと違い、同じパーセント表記でも消費者金融の金利は計算が複雑になります。融資金額だけでなく、月々の返済額や回数によっても支払総額が異なるということを忘れてはいけません。

上のグラフは、前項で紹介した大手消費者金融の金利リストから、プロミス(年率17.8%)と他4社(年率18%)について返済シミュレーションをした結果です。10万円を借りて、毎月1万円ずつ返済した場合を想定していますが、実はほとんど違いがないことがわかります。11ヶ月で112円の差ですから、ほとんど無視できる数値と言っても良いでしょう。これならば、単に金利の高低だけで判断せずに、他の利便性等の要素で検討すべきだと言えるでしょう。

次に、100万円を借入して月3万円ずつ返済をする場合を想定し、シミュレーションをしたグラフを見てみましょう。前項の表では、アコムとアイフルが年率15%と低く設定されていましたが、3%の違いが意外と大きいことに気づかされます。完済期間についても3ヶ月の差が生まれていますし、支払総額においては10万円近くまで違いが大きくなっています。ケース1の場合と違って、利用額や返済期間が大きくなるのであれば、金利の安い消費者金融を選択すべきだとわかるでしょう。

なぜ消費者金融では金利に差があるのか?単に利益の違いだけではない!

ここまで消費者金融の金利について、「会社・契約プランごとに違いがあること」と「金利が安いほどお得」という2点を説明させていただきました。これらの知識を基準にすると、低金利の消費者金融は良心的だと感じられる一方で、金利が高い会社は利益優先ではないかと思われることでしょう。たしかに利用者の払う金額だけを見れば、安ければ安いほど良心的であると言えるかもしれません。

ただ、忘れて欲しくないのは、返済というのは融資を受けられて初めて行われるものだということです。どんなに金利が安かったとしても、審査で拒否されてしまえば意味がありません。一部のお得意様のみ低金利で融資する一方で、多くの申込者には融資を断る会社があったとしたら、それは良心的と言えないのではないでしょうか。一般的に金利が安い会社は、それなりに厳しめの審査が課されると考えられますので、その点についても考慮する必要があるのです。

安い金利で融資するということは、借り逃げや滞納の確率を低くしなければ、企業として利益を出すことができなくなります。そのため、審査を細かくすることで、より返済能力の高い申込者を選定しようとすることでしょう。一方で、金利が高めに設定されている会社は、多少の滞納者を抱えたところで十分な利益を確保できます。少額利用者であっても広く融資できますし、返済能力に多少の不安がある申込者についても、10万円や20万円くらいなら受理することも多いでしょう。

今回紹介した大手各社が18%程度で横並びなのも、多くの顧客に利用して欲しいと考えている証拠と判断できます。審査で時間をかけたくないという方で、少額利用をするつもりであれば、金利差よりも門戸の広さを優先すべきかもしれません。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ