消費者金融とカードローンの違いってなに?どっちがお得?

消費者金融と対比されて、よく名前が挙がるのがカードローンと呼ばれるタイプの貸金サービスです。ネット上でもバナー広告が増えており、金利や貸付金額だけを見ると、消費者金融との違いがわかりづらく感じられるでしょう。

似た部分も多い両者ですが、微妙な部分で違いがあるのも認識しておくべきです。数字面だけで比べるのではなく、実際に借りる場合を想定することで、どちらを選択するべきか正しく見通しが立つはずです。

銀行系カードローンは、消費者金融よりも融通が利かない部分もある

大手銀行だけに限らず、新興のネットバンクと呼ばれる銀行でも、大々的にカードローンを展開しているケースが目立ってきています。数百万単位の非常に大きな限度額を提示し、金利についても安価な数字が広告には記載されているものです。また、ATMやコンビニで自由に引き出せるという利便性も考慮すれば、非常に魅力的に感じられる方も多いことでしょう。

しかし、消費者金融とは違い、カードローンは融通が利きづらいということも覚えておいてください。一度でも契約を結ぶことができれば、利用枠の範囲内で融資を受けることができるものの、それなりの審査は課せられると思うべきです。緊急で数万円が欲しいという場合、銀行系カードローンの審査を待っていると、融資までに時間がかかってしまう恐れもあります。

消費者金融の場合であれば、少額の利用を前提にしている会社が多く、フリーター等の属性に不安を抱えている方でも高確率で即日融資が見込めます。金利が高めと言っても、少額利用であれば年間を通しても利息の差は微々たるものです。ちょっとしたお金を補う場合や、確実に融資を受けたいというケースならば、消費者金融を選んだ方が無難と言えるでしょう。

総量規制に入らないカードローンであれば、若年者や初利用者には厳しい面もある

学生やフリーターであっても、何らかの形で収入さえあれば、消費者金融はほとんどのケースで融資をしてくれるものです。単純に収入をベースにして計算し、30万円程度までの契約ならば、総量規制の範囲内で融資される可能性は高くなっています。そのため、初めて貸金サービスを利用するのに、多くの方が消費者金融を選択されているのです。

一方で、カードローンというのは通常のローン契約を、より便利に自動化したものだと考えるべきです。銀行等でローンを契約する場合、それなりにしっかりとした収入や属性が求められますし、学生やアルバイトでは厳しいのが通例です。カード化されたとはいえ、ローン契約である以上は、消費者金融よりも利用できる層というのは限られてくるものです。また、総量規制に入らないような大型利用を想定しているカードローンだと、より一層の高属性(持ち家所持など)が前提となるケースも存在します。

特に就職して間もない若年者であったり、過去にローンを完済した実績のない方であれば、カードローンは意外と審査でつまずきやすい面もあります。金利よりも借りやすさを求めている方であれば、やはり消費者金融から利用を始めた方が、審査を通過しやすいと考えて間違いないでしょう。

限度額はどっちが大きい?実は消費者金融とカードローンは近い数値に収まりやすい

どうせ利用するのであれば、最大限度額は大きい方が安心できると考える方もいることでしょう。今は10万円しか使う予定がなかったとしても、先々に大きな利用をする可能性を考慮して、できるだけ大きい枠を希望される方も多いものです。そうなれば、広告に記載されている最大利用可能額を比べて、カードローンに軍配が挙がるのではないかと思われがちです。

ところが、消費者金融にしろカードローンにしろ、広告通りの最大限度枠で契約できる例は稀なものです。最大300万円と記載されている会社と、800万円等という膨大な金額を提示している会社があっても、実際はどちらも50万円しか使えないという話は珍しくありません。結局のところ、申込者の収入や信用情報について審査をして、利用枠を決定するという部分では変わりはないのです。

それなりに年齢を重ねて、100万円以上のお金をすぐに動かせる経済力や信用があれば、何百万円もの契約を結べる可能性はあるでしょう。そうではなく、数十万円レベルの契約で手一杯だと自覚されている方であれば、どこの会社も似たような限度額で契約されると考えてください。利用枠の大小というのは、利用する会社によって決まるというよりも、やはり本人の収入等が最も大きな要素だと理解しておきましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ