消費者金融とクレジットカードのキャッシングは何が違う?

いわゆるキャッシングと呼ばれるような貸金サービスと違い、クレジットカードは「持っていて当たり前」と考える方も多いですよね。消費者金融等と比べると、クレジットカードを発行することに関して、あまり深く考えない方もいることでしょう。買い物の際に、特典に釣られてカード発行をした経験のある方もいるかもしれません。

ただ、このクレジットカードも、見方によっては消費者金融と共通している部分が多いことも事実です。発行するまでに審査もありますし、利用枠(限度額)が増減するという部分も同じですからね。混同されやすい面もあるので、両者について比較し、共通部分とハッキリ違う部分を明確にしましょう。

キャッシングも可能!クレジットカードには2つの利用枠が存在する!

よく「クレジットカードは借金と別物」と言う方がいますが、これは半分だけ正しいと言えます。ショッピング枠(S枠)と呼ばれる部分については、買い物の際にレジで提示し、支払いをカード会社経由で行うことが可能となっています。

支払いを後回しにしたり、分割払いにするサービスですので、現金融資をされるわけではありません。何かを借りるわけではありませんから、たしかに消費者金融とは全くの別物と捉えることが可能でしょう。

一方で、どのクレジットカードでもキャッシング枠(C枠)と呼ばれるものも存在し、S枠とは全く異なる機能を持ちます。

名前の通りにキャッシングサービスの限度額のことで、提携ATMにクレジットカードを挿入すると、そのまま現金を引き出すことができるのです。決まった額をコツコツ返しながら、金利を乗せて引き出した元金を減らしていくことになりますから、ほとんど消費者金融と変わりません。

一枚のクレジットカードでも、こうした全く異なる2つの機能が混じっており、それぞれに別の限度額が設定されているのです。借金をすることに抵抗を感じる方であれば、カード発行の際に「キャッシング枠0」とわざわざ指定して、片方の機能を使えなくすることも多いようです。また、一般的にショッピング枠の方がキャッシング枠より大きくなる傾向が強く、総量規制の対象にもなりません。買い物のためのショッピング枠と、現金融資のためのキャッシング枠、似ているようで全く異なりますので覚えておくようにしましょう。

消費者金融とクレジットカード、キャッシングを利用するならどっち?

クレジットカードのキャッシング枠が、消費者金融と同じように使えるとなれば、こちらを利用した方が良いと考えられる方も多いことでしょう。カード会社によってはポイントで優遇されることもありますし、買い物や高速道路料金(ETC)で利用できるのも大きなメリットとなります。

しかし、クレジットカードというのはあくまでショッピング利用がメインであり、キャッシングに関してはサブという位置づけにあります。ショッピング枠のみで発行されるケースは多い反面、キャッシング枠のみの発行というのは基本的にはあり得ないことです。

そのため、クレジットカードでキャッシングを利用しようとしたものの、ショッピング機能しか付与されなかったり、1週間以上も審査で待たされた挙句に発行されないというケースも考えられます。即日で結果がわかる上に、現金もすぐに手に入れられる消費者金融と比べると、即効性で欠けると言えるでしょう。

上の図はクレジットカードと消費者金融について、申し込みから利用開始までのプロセスをまとめたものです。消費者金融は融資の可否だけを審査し、すぐに現金が手に入るというシンプルな仕組みになっています。

それに対し、クレジットカードではショッピング・キャッシングの両方で審査が課せられる上に、カードの郵送まで待たなければなりません。申し込み時期やカード会社にもよりますが、1週間や2週間は待たされることを覚悟するべきでしょう。お金を借りることだけを目的とするならば、無駄な時間の一切ない消費者金融の方が、スピード面で圧倒的に勝るものだと理解してください。


信用情報は共有?消費者金融の利用者は、クレジットカード発行で不利になる?

前項で説明させていただいたように、現金融資のことだけを考えれば、消費者金融の方が手っ取り早いものです。審査にできるだけ通過しやすいことを望み、即座に現金を手にしたいのならば、やはり消費者金融を使った方が無難です。

ただ、今は必要としていなかったとしても、いずれはクレジットカードのショッピング機能を使いたいと考えている方もいるでしょう。その場合、消費者金融を事前に利用することで、将来クレジットカードを発行する時に不利になるのではないかと不安になる方もいるかもしれません。

こうした悩みについてですが、基本的には消費者金融を使うことで、クレジットカードが作りづらくなるということはありません。既に説明しているように、総量規制の対象となるのはショッピング枠のみです。消費者金融を利用することで、総量規制に関わる信用情報に記録が残ったとしても、ショッピング枠に関しては影響を与えません。カードの申込時にキャッシング枠0で申請を出しておけば、消費者金融の利用歴・借入残高等の情報については、全く別枠として扱われることになります。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ