消費者金融の返済方法の種類と特徴 お得な返済方法はどれ?

消費者金融に限らず、お金を借りた場合には返済が必ずついてくるものですが、その方法は1つだけではありません。借り方ばかりが注目されがちですが、返し方についても理解しなければ、消費者金融を効率よく利用できなくなる恐れがあります。

初めての方だと、なかなか聞き慣れない言葉も多いものですが、消費者金融の返済に関する用語についても理解するようにしてください。

基本中の基本!借りてすぐ返す一括返済と、コツコツ返す分割返済

多彩な返済方法を理解する前に、まずは消費者金融の返済プランについて、最も大きな分け方をしてみましょう。1つは借入金額を数日から1ヶ月で完済してしまう「一括返済」と呼ばれる方法があります。金利が付き物となる消費者金融であっても、1ヶ月程度の完済ならば1%程度の利息しかつかず、ほとんど元金のみの支払いで終わります。10万円を借りても、1000円程度を上乗せするだけで済みますので、サービス料としては安価な部類と言えるでしょう。

一回の支払いで完結する一括払いに対して、長期間にわたって少しずつ完済をめざすのが「分割返済」です。消費者金融の利用者の多くは、一回ではなく複数回の支払いを通じて、完済をしていると考えてください。こちらの場合は、自分の都合に合わせて返済をできるため、経済的には負担を軽くすることができます。

ただし、完済するまでの間は金利が発生し続け、残っている元金に対して利息を支払い続けなければなりません。月々の支払金額を小さくすれば、それだけ一ヶ月の負担は軽くなりますが、いつまでも利息を払い続けるデメリットも存在することを覚えておきましょう。

分割返済については、会社ごとに様々なプランが設けられているので、実際に利用するときには細かい規定等も理解しなければなりません。また、支払日が何度も発生することになりますから、うっかり忘れてしまう可能性も高くなることも注意しましょう。他には、支払日が土日祝日になったときの取り扱い、臨時で支払い可能かどうか、返済中に再融資(再契約)をできるかどうか等、注意すべきポイントはいくつも挙げることができます。

短期的な負担と、長期的な負担のどちらを優先する?分割払いの道のりを把握しよう!

前項で紹介させていただいたように、消費者金融で分割払いを利用するといっても、中身は契約によって大きく異なります。必ず金利がかかってしまうサービスですので、きちんと内容を理解して支払いを続けていかないと、知らず知らずの内に無駄な負担を背負うことも考えられます。

特に誤解されやすいのが「毎月○○円ずつ返す」という言葉です。家族や知人が相手ならば単純な割り算で返済回数がわかりますが、消費者金融の場合は複数の解釈ができる言葉になります。例えば10万円を消費者金融から借りた後、1ヶ月に5000円ずつ支払うと言っても、20回で10万円を完済できるわけではありません。支払総額としては10万円になりますが、1回の支払日ごとに月利が加わるため、借金残高そのものの減り具合は小さくなります。本当に20回で完済したいのであれば、単に「5000円ずつ払う」のではなく、「元金を5000円ずつ減らす」ことが求められるのです。

こうした言葉のニュアンスの違いは、「元利均等返済」と「元金均等返済」という2種類の言葉で表現されます。前者の「元利均等返済」は、決まった金額を完済まで払い続ける返済方法を指す言葉で、先程の例では「5000円ずつ払う」ものになります。毎月払う金額が同じ分、元金が多く残っている内は月利のウエイトが大きくなり、借金残高の減り具合もそれに応じる形になるのです。

一方の「元金均等返済」は、元金(借金残高)を毎月決まった金額だけ減らしていく手法で、「5000円と月利を払い続ける」という意味になります。元金によって月利も変化し続けるため、支払総額も最初は高めになりますが、確実に完済へ向けてペースが掴めるという利点があります。


最低返済額によって完済への時間・総額は変化!短期返済ほどお得!

消費者金融の多くは、月々の最低返済額を選べるシステムを採用しています。文字通り1ヶ月の支払額を調整できるものですが、この金額をどうするか悩む方もいらっしゃいます。最低返済額を小さくしてしまえば、その分だけ毎月のノルマは小さくなりますが、なかなか借入残高が減らなくなる欠点もあることを意識してください。

上の表は、金利18%(年率)の条件で10万円を借り入れた後に、1万円を最低返済額に設定した場合についてまとめたものです。結果だけを見ると、11ヶ月で109162円を支払って完済を迎えることになります。月利や残高がどんどん減っていき、支払額の中で元金部分が大きくなっていくのがわかるでしょう。

それに対して、こちらの表は最低返済額を5000円にした場合のシミュレート値になります。毎月の負担は半減するものの、完済まで24ヶ月を要することになり、支払う総額も1万円ほど多くなってしまっています。月利も最初の内はなかなか減らず、元金の減り具合も遅くなりますので、長期的には負担は増加したと言えます。

こうした違いというのは、借入金額が大きくなるほど顕著になりますので、大口利用を考えるならば注意しなければなりません。無理のない返済プランを立てるのは大事なこととはいえ、あまりにも支払いを先延ばしにしてしまうと、それだけ完済の瞬間を迎えるまでに時間もお金もかかることになるのです。

ボーナスや臨時収入に合わせて、返済を早めることも考えよう

ここまで消費者金融の返済方法に関して、コツコツと同じ金額を払い続けることを前提にして説明させていただきました。表の例でもおわかりいただけたように、1回の支払額が大きければ、それだけトータルでの負担は軽くなります。

ただ、現実的に考えると、やはり毎月払う金額にも限度というものがあるでしょう。返済中に予期せぬ出費が発生してしまう可能性も考慮すると、あまり無茶な支払いというのは難しいものです。余裕があるときは多く払いたいけれども、そうではないときは少なめで…というのが、消費者金融利用者の本音かと思われます。

こうした利用者のニーズに応える形で、多くの消費者金融が「臨時払い」や「ボーナス払い」等のシステムを用意してくれています。これは最低返済額に追加する形で、余分に払いたい時に元金を減らすことができる制度になります。

普段は最低返済額の5000円ずつ払いつつも、冬のボーナス時に一気に完済したり、余裕のある月だけ10000円に増額したりできるということです。決まった月に多めの収入が見込めるという場合には、敢えて最低返済額を小さくして、臨時払い等の制度を使って短期完済するのも有効な方法と言えるでしょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ