消費者金融でお金を借りるのは簡単?申込み方法を徹底解説

実際にお金を借りようとする時、消費者金融ではどのような手順が考えられるでしょうか。現代においては、買い物をする場合でも様々な方法があり、利用者の事情に合わせてベストな選択というのも変わってきます。それと同じく、消費者金融も顧客ごとに最適な契約方法は異なるものですから、しっかりと特徴や注意点を理解する必要があります。

まずは消費者金融の契約方法にどのようなものがあるかを理解し、その上で自分に合った手段で契約を結ぶようにしてください。上手く契約方法を選択することが出来れば、余計な手間を省けますし、想定外のケース(審査落ち等)にも対応できるようになるはずです。

一見すると面倒そうな店頭契約も、実際は意外と使いやすいもの

一見すると面倒そうな店頭契約も、実際は意外と使いやすいもの

消費者金融を利用したことがない方の多くは、なんとなく後ろめたい気持ちがあったり、過度な緊張をしていたりするものです。そのため、少しでも気苦労を回避するために、自分だけで完結できる方法を優先させたがる傾向にあります。実際、多くの消費者金融ではネットや無人機を使いやすさを強調し、店頭に出向かなくても良いことを強調していますからね。

しかし、当たり前の話ですが消費者金融もサービスを提供する会社ですから、接客には力を入れています。銀行等の店頭での対応と同じく、どこの店舗においても親切な接客が成されており、お客様第一という原則が徹底されているものです。何も知識がない状態であっても、無理な契約を押し付けるようなことは一切なく、顧客目線で提案や説明がされております。

また、消費者金融を店頭契約する利点としては、現金の引き渡しも行われるというものが挙げられます。ネット契約等では審査後に何らかの方法で、現金を受け取る準備が必要になりますが、店頭契約ではその必要がありません。疑問点をその場で解決できるだけではなく、審査の結果の通達、現金の融資まで全てを一緒に行うことができるのです。近場に店頭窓口があるという場合には、他の方法よりも安心できる上に、時間的な無駄も省けるというメリットがあることを覚えておきましょう。

無人契約機ならば融資から返済まで、機械を通じて対応をしてもらえる

消費者金融が発展した1つの要因として、無人機の存在は無視することができないでしょう。銀行のATMに似たような外見をしていますが、初めて契約をする方であっても、画面やオペレーターの支持に従うだけで済みます。

窓口で契約するのが面倒だと感じる方や、窓口の受付時間中に来店できない忙しい方であっても、すぐに申し込みをすることができるようになっています。

ここ数年ではネット契約が増えているものの、まだまだ無人機の需要は健在で、消費者金融利用者には根強い存在となっています。設置台数の多さはもちろんですが、パソコンや携帯電話で申し込みをするよりもわかりやすいというのが、無人機ならではの利点と言えるでしょう。ちょうど窓口契約とネット契約の中間に位置するものですから、双方のメリットを共有した方法と言えます。

また、無人機と言っても「人がいない」という意味であり、完全に機械任せというわけではありません。サポートセンターに繋がっているのが普通ですから、わからないこと等があれば、音声ですぐに対応をしてもらえると思ってください。一人だけでは不安だという方であっても、きちんと人間がサポートする部分は完備されていますので、申し込みの際に悩む必要はありません。

24時間いつでも自宅から契約できるネット契約なら、思いついてスグに申し込める!

ここまで紹介してきた申し込み方法については、いずれも消費者金融会社が所有する建物・敷地に足を運ぶ必要がありました。ショッピングに例えれば、お店や自販機に行くのと同じことですから、どうしても立地条件等で便利さに差が出るのは避けられません。仮に契約をしたいと考えたとしても、そこまで移動する時間がかかりますし、地方によっては不便である場合も考えられるでしょう。

それに対してインターネットを使って契約する場合は、どこに住んでいようと、時間が何時であろうと関係ありません。「申し込もう」と考えた瞬間に、パソコンあるいは携帯電話を起動し、申し込みフォームに入力をすれば良いのです。

他の申し込み方法と同じく、身分証明書が契約には必要になりますが、こちらも画像で送信することができれば問題ありません。疑問点が生じたとしても、電話・メールを使って相談できる体制が整っていますので、サポートの充実ぶりも問題ない水準にあると言えるでしょう。

ただ1つ注意しなければならないのは、審査や融資に関しては24時間対応されるのではなく、時間が決まっている場合がほとんどだという点です。審査については会社側が対応できる時間である必要がありますし、融資についても銀行振込のような方法であれば、やはり送金対応時間内でなければなりません。このあたりの差というのは、同じ消費者金融でも差がありますので、よく比較をしておくようにしましょう。24時間申し込めると言っても、慌てて契約を結ぼうとしてしまうと、思いがけない待ち時間が生じる可能性があることも承知しておかなければなりません。

申し込みの方法が違っても、基本的な流れや注意点は共通!

消費者金融は年月を重ねるにつれ、申し込みから返済に関する手段が増えているため、複雑化しているように見えるものです。しかし、実は本質的な部分に関しては何ら変わるところはなく、全く同じことをしているに過ぎません。

申し込みの流れについて考えてみると、まずは「申請書の記入」と「必要書類の提出」は共通しており、書類を直接渡すか電子データで出すかの違いしかありません。審査に関しては会社側が判定をするのは変わりませんし、申し込み方法によって融資の可否に影響を与えることもないと考えてください。そして審査に通過することで、現金が顧客に渡されるという部分についても、直接渡されるか振込等を経由するかの差しかありません。

基本的な流れが共通しているということは、その過程で注意しなければならない点も同じということになります。例えば申し込み時に記入する情報に関しても、他社の借入件数・金額の申告を求められれば、きちんと正しい数値を提供するようにしなければなりません。

パソコンで申し込む場合ですと、ついつい少なめに入力してしまったりする方もいますが、信用情報を照会されればバレてしまうものです。面と向かって質問であろうと、機械を介した質問であろうと、隠蔽や虚偽申告をするのはタブーだと認識しておきましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ