消費者金融に年齢制限ってあるの?業者別の申込み可能な年齢一覧

消費者金融と契約しようとする場合、様々な制約があるものです。例えば住所がなければいけませんし、安定した収入を絶対条件にしている会社も多いですよね。さらに無視できないのが年齢に関するもので、定められた範囲の歳でなければ契約できないということも、覚えておきましょう。ここでは消費者金融の年齢制限について理解することを目的とし、法律的な話だけではなく、実情についても解説させていただきます。

消費者金融の年齢制限は、概ね20~69歳がボーダー!幅の広い融資がされている

見出しの通り、消費者金融の多くが20~69歳という年齢制限を設定しており、かなり幅としては広くなっています。下は成人したての若者が対象となっている一方で、上は年金受給が開始されているような方も対象となっています。

  アコム アイフル レイク プロミス
年齢制限 20~69 20~69 20~70 20歳以上69歳以下

これが教育ローンや住宅ローンの場合だと、働き盛りの30代40代に限定されることが多いのですが、消費者金融はかなり緩い年齢制限だと言えるでしょう。

ただし、全ての会社がこの範囲で設定されているかと言うと、少々の違いがあることも事実です。学生ローンと呼ばれるタイプのサービスでは、消費者金融と同じような貸付を、18歳以上を対象に行なっています。いわゆる現役世代のサラリーマンが減少傾向にあるため、学生やアルバイトの若者にも対象を広げたいと考えている企業もあるわけです。一方の年齢上限についてですが、こちらはあまり高くできないというのが、消費者金融の本音でしょう。完済までの死亡リスクが高まりますし、現況では団塊世代のように人口分布の高い年齢層がいますので、無理に引き上げる必要はないのです。

ルールとして定められている年齢制限については、以上のような事情もあって、20~69歳(一部18歳~の企業もあり)の範囲と考えるようにしてください。18歳未満の学生や、70歳以上の高齢者については消費者金融を利用することができませんので、該当される方は注意しなければなりません。

人口分布グラフで見える消費者金融の経営戦略、実質的な年齢ボーダーは?

消費者金融の年齢制限について、前項で解説させていただきましたが、あくまでルール上の話だと意識してください。契約することが不可能ではないという話であり、範囲内の全ての年齢について、同等の条件で審査されるという意味ではありません。やはり消費者金融にもターゲット層というものがあり、審査が可決しやすい年齢層もあれば、やや難しくなる場合も存在します。

消費者金融で借りやすい年齢層というのは、言い換えれば「利益につながりやすい」という条件を満たしている人たちになります。かつてサラ金(サラリーマン金融)と呼ばれていた時代があったように、基本は働きながらお金を確実に返せる人たちを、消費者金融は厚遇したがります。年齢で言えば、仕事に定着してきた20代後半から、役職について収入が上がっている50代あたりの範囲が当てはまります。あまりにも若いと収入面・安定面に欠けてしまい、逆に年齢が高くなりすぎれば病気等のリスクが生じますからね。

上の図は、現代日本の人口分布を表したグラフです。貴方が消費者金融の経営者となった場合、どの年齢層をターゲットにしたいか考えてみてください。まず、70歳付近の人口は多いといっても、融資をすることができませんよね。そうなると、次に人数の多い40歳50歳付近が注目され、少なくとも10年以上は返済の見込みがあるため、「最も貸したい層」と考えられるでしょう。また、数こそ少ないものの、20年30年と返済能力が見込める20代30代も開拓したくなりますよね。

素人目で見てもわかるように、消費者金融を経営する場合、やはり20~55歳あたりに力を注ぎたくなるものです。制限として定められている範囲ではないものの、20~55歳というのは審査でも通りやすい年齢層となっており、他の年代よりは厚遇されやすいと考えて良いはずです。

なぜ消費者金融の年齢制限は緩いのか?類似サービスと比較しよう

消費者金融 奨学金 住宅ローン
金利 5~18%程度 1%程度 1~3%程度
貸付金額 1~300万円程度 累積240~500万円程度 100万~500万円程度
担保 なし なし 必要な場合が多い
保証人・保証会社 なし 必要な場合が多い 必要な場合が多い
年齢制限 20~69歳が多い 10代・20代が原則 完済時に満80歳等

上の表は消費者金融の年齢制限について、住宅ローンや奨学金と比較したものです。お金を借りられるという点で共通していても、様々な面で違いがあると御理解いただけるかと思います。消費者金融は他と比べれば、格段に年齢制限について緩い上に、担保が求められないという点で優れています。容易に借りられるという意味では、利用者に最も近い立場にあるサービスで、幅広い目的で資金運用できるのも特徴となっています。

その一方で、奨学金や住宅ローンの場合は、金利がかなり低くなっています。さらに、借入できる金額も大きくなっていますから、人生設計を左右するレベルの重大な目的に使うべきものと言えます。その分、年齢制限や担保・保証人の問題をクリアしなければなりませんので、気楽に使えるわけではありません。

金利(サービスの対価)が高い分だけ、借入・返済にかかる手間を簡素にしているのが消費者金融だと、理解するようにしましょう。年齢を気にして借入を躊躇している方ならば、借入までのハードルが高いローン等よりも、まずは誰でも借りやすい消費者金融の中から候補を選んだ方が近道になるでしょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ