資金繰りが厳しい個人事業主(自営業者)のためのビジネスローンの選び方

御自身で商売をしている方であれば、私生活とは別の形で、お金の問題に直面することがあるでしょう。新しいプロジェクトを達成するのに予算が必要であったり、急な支払いに対応できない等、様々なケースが考えられます。

こういったお金が必要な場面において、1つの選択肢として「借りる」という方法があり、キャッシング会社もビジネス向けプランを用意しています。いわゆるビジネスローンと呼ばれるものですが、個人向けローンや銀行融資とは違った特徴を持っているので、よく理解してから利用を検討してみてください。

ビジネスローンとは?通常のキャッシングで借りる場合と何が違うのか?

ビジネスローンは、その名の通りビジネス用にお金の融資を受けられるサービスを指します。個人事業主や自営業者が利用することを想定しており、利用可能金額も数百万円程度までとされている場合がほとんどです。銀行のように億単位の出資をしているわけではありませんが、小規模な事業であれば対応可能でしょう。

さて、利用可能金額だけ見れば、個人キャッシングでも数百万まで使える会社があります。そうなると事業名目でキャッシングを利用するよりも、自分の個人名義で融資を受けた方が、都合が良さそうだと思われるかもしれません。

しかし、同じ人物がキャッシングを利用するにしても、目的ごとに審査結果は違ってくるものです。特に、個人事業主というのはキャッシングの審査で不利に扱われるケースが多く、個人向けローンの契約で苦労された経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ビジネスローンならば、そもそも事業者を相手にして融資をしているので、キャッシング会社側の審査も通りやすくなる可能性があります。

融資額も個人ローンより大きく設定される傾向にありますので、現在キャッシングを利用している方も、ビジネスローンを改めて申し込む価値は十分あるでしょう。

ビジネスローンならば、銀行融資よりも迅速に利用できるメリットがある

事業目的でお金を借りるならば、銀行に相談をするというのが、かつては一般的な考え方でした。たしかに、銀行融資の金利はかなり安いですし、数百万から数千万円といった大きな金額を手にできる可能性があります。ただ、申し込んですぐに結果が出るわけではありませんし、複雑な手続きや担保も必要になるでしょう。今すぐにお金が必要であったり、一時的なピンチに対応して欲しいと考えているならば、銀行融資は適しているとは言えません。

一方でビジネスローンと言うのは、キャッシング会社がサービスとして提供するもので、審査から融資までかなり速いものです。場合によっては、個人向けキャッシングと同じように、申し込んだその日に即日融資をしてもらえることもあります。感覚としては、個人がキャッシングを利用するのと何ら変わりなく、事業計画書なども求められることはありません。

簡単に要約してしまえば、ビジネスローンのメリットは「迅速さ」と「手軽さ」にあり、デメリットは「銀行よりも高い金利」と「融資額に限界がある」いったところでしょうか。大規模な事業には向いているとは言えませんが、少なくとも個人事業主が利用する範囲であれば、十分対応できると言えます。金利の高さについても、借入金額が低ければそこまで問題になりませんので、使い方次第でデメリットは抑えこむことができます。

最適なビジネスローンを選択するための基準は何か

ビジネスローンは数多くの会社が手がけているため、きちんと自分に合ったものを選択しなければなりません。通常のキャッシング同様に、キーとなるのは金利・融資限度額・審査基準の3つです。他にも細かい注意点はあるものの、まずはこの3点について吟味をして、利用するローンの候補を絞り込むようにしてください。

第一のカギとなる金利についてですが、これは見かけの数値だけを鵜呑みにして、安易に判断してはいけません。例えば「年率5.0%~18.0%」という会社Aと、「年率11.0%~17.0%」という会社Bがあったとします。最低金利だけ見れば会社Aの方が、圧倒的に安く感じられますが、最高金利を見れば会社Bに軍配が上がります。

ビジネスローンの金利は、利用額や審査で変化するので、本当に安いかどうかというのは利用者によって変わるものです。少額利用であれば、最高金利に近い数値で契約されるのが一般的ですから、そちらの数字を基準にして比較するのが無難でしょう。

次に、融資限度額ですが、これも最高額ばかり見ていてはいけません。キャッシング会社によっては、1000万円等の数字を記載していることがありますが、いきなり借りられる人は稀です。御自身の年収が数千万円あるようなケースを除けば、最初から最高限度額一杯まで契約できないと考えておくべきです。ただ、最高限度額を大きく設定している会社ほど、全般的に融資可能額は高くなる傾向はありますので、比較材料として見比べることは大事になります。

最後に審査基準ですが、これは表面の情報だけでは比較することは難しく、ブラックボックスの中にあると考えておいてください。ネットの口コミや、企業のホームページの説明文を読んだりして、審査が厳しそうかどうか判断するようにしましょう。

例えば、厳格な取り決めが多く記載されていれば、相応の審査が課せられると判断できます。逆に「用途自由」といった甘い表記が多く、手軽さを全面に押し出していると感じられれば、それだけ広く融資するつもりなのだと推察することが可能になるでしょう。

どうしても資金繰りが苦しくなったら、即日融資が可能なキャッシングを利用する

どんなに計画的な事業を展開していたとしても、個人であれば急なピンチに追い込まれることも多々あります。そうなれば、何かしらの方法でお金を手にして、目の前の問題を解決しなければなりません。場合によっては「今日中にお金がないと困る!」といったような、時間的制約が発生することも考えられるでしょう。

さて、そこで考えられる有効手段が、即日融資可能なビジネスローンを選択するという手です。キャッシング会社の中には、事業者向けローンについても即日融資を行ってくれる所もあり、申し込んだ当日中に必要なお金が手に入れられるのです。会社ごとに差はあるものの、審査結果は早ければ1時間以内にわかりますので、とりあえず申し込みだけしておくのも良いでしょう。

時は金なりという言葉があるように、時間的な問題を解決できるかどうかというのは、個人事業者には重要なことです。迷っている暇さえ無くなったとしても、パニックに陥ったりせずに、即日融資という選択肢もあるのだと理解しておいてください。

個人事業者でも利用可能!おすすめの即日融資可能なキャッシング!

初めてビジネスローンを利用される方にオススメしたいのは、アコム・プロミスといった大手キャッシング会社ですね。いずれも実績が豊富な会社ばかりですので、ローン契約を結ぶ上で不安を感じることはありません。また、審査の速さに定評のある2社ですから、即日融資の可能性は極めて高いと言えるでしょう。

アコムではビジネスサポートカードローンと呼ばれるプランが用意されており、これは事業者向けに300万円までの融資を行ってくれるサービスです。100万円未満の少額利用ならば事業証明が必要ありませんので、申し込みをするために書類を用意する必要はありません。全国に無人機がありますので、契約から返済まで気軽にできるのは、個人向けキャッシングと何ら変わりありません。

同様にプロミスについても、自営者カードローンというサービスがあり、即日融資にも対応しています。プロミスのホームページにも記載されていますが、審査スピードがとても速く、融資されたお金の使い道も基本的には自由です。

ただし、申し込みの際には、身分証明書以外にも収入証明や事業証明の必要があります。最初の契約さえ済ませてしまえば、それ以降は自由に借り入れできるようになりますので、説明にきちんと従って申し込みをするようにしてください。

あくまで個人向けカードローンですが、事業用に使う上で不自由になることはありません。個人事業主についても契約可能と明記されていますから、他社のカードローンで断られた方であっても、融資を受けられる見込みはかなり高いはずです。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ