消費者金融の利用は住宅ローンの審査に影響するのか?

消費者金融を利用していると、住宅ローンの審査でマイナス扱いをされるのではないかと、よく不安材料に挙げられます。住宅ローンはかなり大きな金額を、何十年と返済し続けるローンであるため、審査もかなりシビアなものとなっています。そのため、現在も消費者金融を利用中であったり、過去に利用歴があったりすると、住宅ローンを組みづらくなると説明されることもあるようです。

しかし、実際のところどうかと言えば、消費者金融を使ったからと言って住宅ローンが組めなくなるわけではありません。利用歴があるかどうかよりも、現在どうなのか?という部分が審査には影響しますので、あまり神経質に考え過ぎないようにしてください。それでも、きちんと知識を持って対処するかどうかで、審査の結果が変わってくることも事実です。ここでは住宅ローンと消費者金融の関連性について説明し、将来的に困ったことにならない方法について解説させていただきます。

消費者金融を借りるとどうなる?信用情報の扱い方を知っておこう

消費者金融だけではなく、携帯電話の割賦購入などのように、信用情報が共有される場面は増えてきています。クレジットカードを保有していれば、毎月の支払いごとに記録も蓄積していきますから、知らない間に信用情報機関と関係を築いていっているわけですね。

さて、消費者金融の信用情報については、毎月の支払額と借入残額まで記録されていくことになります。きちんと返済をしているかどうかは、この記録を閲覧すればわかってしまいますので、滞納を繰り返すようなことは避けたいところです。万が一、強制解約に至ってしまうような事故情報を残してしまうと、記録が消える間(概ね5~10年ほど)は新規ローンが組みづらい状況になってしまいます。

住宅ローンの審査というのは、こうした信用情報も判断材料となりますので、消費者金融の利用歴が影響するのは間違いありません。それでも、消費者金融を使っていたからというだけで、審査に悪影響を与えると考えるのは早計です。きちんと返済を続けており、なおかつ完済もしている状況ならば、それは立派な実績としてカウントされることでしょう。消費者金融を使っていたかどうかよりも、その内容について問われるのだと考えて、前向きに考えるようにして下さい。

完済をしていれば住宅ローンには影響しない?できれば解約もしておきましょう!

消費者金融の利用歴そのものが、住宅ローンの審査で落とされる理由にはならないと説明しましたが、単に利用残高がゼロならば良いというわけではありません。既に消費者金融を完済しているとしても、会員カードを持ったままですと、いつお金を借りるかわからないと判断される可能性があります。つまり、本人は「過去のこと」として消費者金融の利用歴を捉えていても、住宅ローンの審査では「継続中」と見なされる可能性もあるわけです。

消費者金融と住宅ローンの審査について

そこで、もしもお金を借りるつもりがないのならば、消費者金融を解約しておくことをオススメ致します。利用残高がない状態ならば、電話等で相談をすれば、すぐに解約手続きに移ることができるようになっています。解約さえしておけば、もう消費者金融とは縁を切ったことになるので、住宅ローン審査でも「過去のこと」として扱われます。

ただし、信用情報の記録は解約後5年まで残されますので、審査の判断材料に用いられるのは避けられません。もしも将来的にローンを組む予定があると考えるならば、消費者金融を完済したら解約手続きをしておき、5年後に記録が抹消される準備を整えておくと良いでしょう。もちろんきちんと返済を続けていれば、記録が残っていても問題はありませんので、解約後5年以内であってもローンをあきらめないで下さい。

住宅ローンの申込条件はハードルが高め!大事なのは過去よりも今!

ここまで消費者金融の利用歴が、住宅ローン審査に及ぼす影響について解説し、完済と解約さえしていれば問題ないと説明してきました。結局のところ、よほど延滞を繰り返していない限りは、過去にお金を借りていたこと自体は問題視されづらいということです。

消費者金融と住宅ローンの申し込み条件の比較

もしも貴方が住宅ローンの審査に通らないのであれば、過去の借入歴よりも、現在の状況について見なおすべきではないでしょうか。上の表にもまとめているように、住宅ローンというのは申込条件が非常に厳しくなっており、消費者金融ほど簡単にはお金を借りられないものです。年収だけではなく、現在の職場での勤続年数までチェックされますので、1つでも条件を満たしていなければ審査に通ることはないでしょう。

通常の範囲内で消費者金融を使っていたならば、そのことが理由となって、ローンを落とされることはあり得ません。申込条件などを再度確認して、現在の御自身が適合しているかどうかを、改めて確認するようにしましょう。自分が気づいていないだけで、消費者金融の会員資格を持ったままである可能性もあるので、心配ならば電話で確認を取ってみるようにしましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ