おまとめローンを利用するなら消費者金融と銀行どっちが良い?

借り換え目的でローンを選択する場合、自分に見合った会社を選択すべきなのは言うまでもありません。ただ、おまとめローンと呼ばれるサービスは数多く存在するため、1つずつ比較していくのは意外と大変なものです。

そこで、まず最初に「消費者金融と銀行のどちらを選ぶか」という方針で検討するようにしてみましょう。通常の自由目的ローンならば、消費者金融を選択される方が多いでしょうが、おまとめローンでは銀行から借りるというのも一般的な行為となります。

これまで消費者金融以外から融資を受けたことの無い方も、改めて違いを理解して、選択肢として比較できるようにしておきましょう。

消費者金融の提供するおまとめローンは、借入額が大きいほどお得になる

既に消費者金融から借入をしている方の場合、金利が年率15~18%となっているケースがほとんどだと思われます。複数の消費者金融を利用していれば、「どこも同じような金利」という考え方が染み付いていて、なかなか借り換え先として検討されることも少ないかもしれません。

しかし、こういった年率15%を超える契約というのは、目的フリーの一般的なローンに適応されるものでしかありません。消費者金融にも、借入先を一社にまとめるためのプランは用意されており、借り換えをすることで金利が下がるようになっています。

アコム(借り換え 専用ローン) プロミス(おまとめローン) アイフル(おまとめMAX)
金利(年率) 7.7~18.0% 4.5~17.8% 12.0%~15.0%
借入上限額 300万円 500万円 300万円
追加返済 可能 可能 可能
最短融資日数 即日 即日 即日

上の表は、消費者金融の大手3社について、おまとめローンを比較したものです。ここで注目すべきなのは、金利の最大値が15~18%に設定されている点です。通常のローンと変わらないように思われるかもしれませんが、この金利の幅というのは、借入額に比例して変化するものだと理解しておいてください。

現在の借入総額が100万円や200万円という規模に膨らんでいる方であれば、すべてまとめて借り換えをすれば、新たに契約で設定される金利は大幅に下がるはずです。仮に各社の上限額(300~500万円)まで借り換えをした場合、金利が一桁になる公算が高くなりますので、銀行のおまとめローンと比べても見劣りすることはありません。

銀行のおまとめローンのメリットは、誰が使っても「安い」という点

銀行を借り換え先に選ぶ利点についてですが、やはり金利の低さが挙げられるでしょう。もちろん、銀行のおまとめローンの金利というのも、消費者金融と同じく変動するものです。ただ、消費者金融と比較した場合、上限金利が低めに設定されている傾向が強いのでチェックしておきましょう。

東京スター銀行(おまとめローン) 楽天銀行(スーパーローン)
金利(年率) 5.8~14.8% 4.9~14.5%
借入上限額 1000万円 500万円
追加返済 可能 可能
最短融資日数 約2週間 即日

上の表は、銀行のおまとめローンについて代表例を挙げたものです。いずれも金利の最大値が15%を切っており、最低値も5%前後となっています。消費者金融のおまとめローンと比べると、上も下もお得感のある数値と言えるでしょう。

ただし、これはあくまで金利幅の最大最小を比べた話ですので、一概に「銀行の方が安い」とは言い切れない面もあります。また、審査が厳しめに見られるという報告も多いため、消費者金融よりは少々ハードルが高いと考えるべきです。

消費者金融と銀行、どちらが正解?金利だけでなく審査の可否も意識する必要あり!

ここまで消費者金融と銀行の両者について、現在の借入をまとめる場合を想定して、それぞれの特徴を紹介させていただきました。単純に金利だけを比較すれば、銀行を選んでおけば間違いないように思えることでしょう。

しかしながら、銀行ローンというのは借入額が大きくなると、審査がより厳密になるという特徴があります。収入証明や在籍確認、これまでの返済実績等の要素について、消費者金融よりも厳密にチェックされる可能性を考えなければなりません。

「借りやすさ」という点については、消費者金融のおまとめローンの方が勝っていると覚えておきましょう。

また、まとめる金額が数百万単位になれば、消費者金融の場合でも金利が一桁台になる可能性が高くなります。消費者金融は高い(銀行は安い)という先入観は捨て去り、御自身の借入総額も加味した上で、実際の負担金利がどれくらいになるか検討することが大切です。

もしも借入総額がかなり大きく、何らかの事情で審査に自信がないという方がいれば、銀行よりも消費者金融を選択した方が良い結果に結びつくかもしれません。一方で、現在のローン総額が大きくない方ならば、銀行ローンを優先して利用すると良いでしょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ