ブラックでも借りられる消費者金融ってあるの?

消費者金融を使っている内に、どうしても返済が滞ってしまったり、引越し等の連絡が遅れてしまう等、利用者側が会社側に迷惑をかけてしまうことがあるかと思います。完済をするまでの間というのは、できるだけ問題を起こさないようにするのが基本ですが、多少のミス等は致し方ない面もあるのが実情かと思います。

もちろん消費者金融会社も、利用者の返済が少々遅れてしまうことは想定済みで、1回2回の遅延程度であれば大した問題とはなりません。しかし、あまりにも酷いケースであれば「要注意人物」として扱われるようになり、いわゆるブラックリストに登録されることになりますから注意するようにしましょう。

消費者金融のブラックリストは実在する!いったいどういうもの?

ブラックリストという言葉は、消費者金融の専門用語というわけではなく、広く世間でも使われるものです。店側に迷惑をかけた顧客について、その情報を別個で扱い、出入禁止等の対策を練るためのリストを指します。一つの店舗だけではなく、系列店や同業他社に対しても情報を共有し、少々キツい言葉を使うと「その人物を業界から締め出す」ことを目的としたものになります。

消費者金融についてもブラックリストは同様の役目を担っており、登録されてしまえば今後利用できなくなるだけではなく、他の消費者金融やローン等について新規契約もできなくなってしまいます。信用情報という他社も閲覧可能なデータベースがありますので、重大な事故を起こした人物については、その旨が記録として残るのです。ほんの数回の遅延でも記録は共有されますが、よほど酷くなければ問題にならないものの、重大な事故記録があれば新規借入は難しいでしょう。

こういったことについて、信用情報が黒くなる(ブラック化)意味を込めて、「焦げ付き」という表現をすることがあります。信用情報が完全にリセットされるまでには、何年も待つ必要がありますので、一時の気まぐれでブラックリストに登録されてしまわないように心がけてください。

消費者金融でブラックリストに入れられる基準は?何が危ないかを知っておこう

消費者金融が利用者をブラックリストに登録するというのは、よほどのことだということを、まず最初に認識しておいてください。そもそも高い金利で借入をする人物を相手にする商売ですので、「次の給料日まで」「ボーナス日まで」といったような、短いスパンの遅延については問題視されません。むしろ延滞金もつけて支払いをしてもらえるわけですから、消費者金融会社としては歓迎できることと言えます。

それよりも問題なのが、そもそも返済をする意思がないような人物であったり、連絡がまったく取れなくなってしまった人物です。利用者が最初から支払いをする意思がなければ、貸付した元金を回収することもできず、利息分で補うこともできません。

いわゆる借り逃げをされてしまった状況になるので、このような行為をした人物には、今後融資を絶対にしたくないと考えるのは当然のことでしょう。また、遅延回数・期間こそ短くとも、連絡がまったく取れなくなってしまった人物も要注意となります。いつ逃げられてしまうかわからない状況ですので、連絡先が不明であることを情報として共有し、ブラックリストとして扱われる可能性が高いです。

いずれにしても、消費者金融でブラックリストになる人物というのは、そもそも常識から逸脱した行為をしている場合が大半です。普通に利用していて、常識的なレベルでの遅延等ならば、まず間違いなくブラックリストに入ってしまうことはありません。それでも心配だという方は、支払いが遅れそうな時には事前連絡を心がけ、返済意思があることを伝えておくようにしてください。

それでも万が一の時には?ブラックOKな消費者金融もある?

「ブラックOK」といったチラシを見かけられた方もいるかもしれませんが、そういったものは高確率で闇金融と呼ばれるものですので、よく注意をするようにしてください。本当に追い詰められてしまった人物を狙い、罠にかけようという場合に用いられる常套句ですので、迂闊に飛びつくのは危険です。また、そういったチラシを見て、「ブラックになっても大丈夫なんだ」と安易に考えることもやめましょう。

では、一度ブラックリストに登録されてしまえば、本当に消費者金融等のサービスを使えなくなってしまうのでしょうか。実は、選択肢こそ一気に狭くなってしまいますが、きちんとした消費者金融からお金を借りられる可能性はゼロではないのです。一部の借り換えローン(おまとめローン)等ならば、心を入れ替えて完済する意思があると判断されれば、融資されるケースがあります。もちろん審査は厳しめですし、十分に安定した収入があることが前提となりますが、ブラックでも融資してくれる可能性が残されています。

ただし、今ある借入金額に対して、さらに新規でお金を借りるようなケースは難しいことには変わりありません。もしもブラックになってしまった場合には、きちんと法的な手続きを取って精算をして、綺麗な身になることを検討しましょう。もちろん、最初からブラックリストに入れられないように、計画的な利用をするべきであることは言うまでもありません。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ