消費者金融の同時申し込みは審査に不利?

消費者金融に申し込みをした場合、審査の可否に関わらず、履歴として情報が共有されることになります。今まで全く消費者金融を使っていなかったとしても、2社3社と続けて申し込み手続きを繰り返せば、それだけ履歴が残ります。この履歴1つ1つには大した意味がないとしても、数が重なっていけば注意すべき点が生まれますので、申し込み前には意識するようにしましょう。

消費者金融の連続申し込みは、リスクが伴う行為だと意識する

申し込み履歴があまりにも多くなってしまった時、消費者金融の審査ではどのような評価をされるのでしょうか。短期間に申し込みをし続けているというのは、それだけお金を借りることに必死であると判断され、それに伴って様々なリスクを懸念されるものです。

一つの例としては、借りられるだけ借りて、そのまま逃げてしまう(いわゆる借り逃げ)のではないかと疑われるケースがあります。このことは、実際に契約しているかどうかを別にして、単純に申し込み件数だけで評価されるので注意してください。

基本的に、どの消費者金融でも、現在の状況で新たな契約をして良い人物かどうかを気にしているものです。仮に3社4社と多重契約をしている人であっても、その状態できちんと返済を続けている実績さえあれば、追加で契約される可能性は高くなっています。そうではなく、現在の状況で返済実績が乏しいにも関わらず、短期間に多数の申し込みをするのは避けるようにしましょう。概ね3ヶ月で3社程度の申し込みが、審査で不利にならないラインだと考えていれば、問題はないと考えられます。

どうしても消費者金融を同時申し込みするとき、審査に通るコツは?

消費者金融を連続して、あるいは同時に申し込みをするのは避けるべきだとわかっていても、やむを得ない事情で避けられないこともあるでしょう。例えば、1社目に10万円の融資を受けたものの、早急に20万円が必要であるような場合が考えられます。こうした時、2社目に申し込みをする際には、1社目と契約をした記録が残っていることに注意が必要です。

他社と契約してから間もないというのは、程度の差はあれどもマイナス要素には変わりないので、意識的に自分から対応するようにしましょう。消費者金融においては、「他社からの借入があってもOK」等と広告文を掲載している所がありますので、そういった会社への申し込みは後に申し込むようにしてください。逆に、そういった記述が一切なく、貸付条件の良い消費者金融については、最初に申し込むようにするのが良いでしょう。

また、どこの消費者金融についても、申込書に「現在の借入額」といった事項があるはずです。ここに記入する額については、同時申し込みで契約をしたものもきちんと記述して、虚偽申告(または虚偽ではないかと疑われる行為)をしないようにしてください。基本的には、現在の収入に対して借入額が適正な範囲内であれば、消費者金融は前向きに融資を検討してくれるものです。過度に同時申し込みを恐れるのではなく、正々堂々とした態度を取りつつ、細かい部分で審査のための意識を向ける(申し込み順序等)ようにしましょう。

複数の消費者金融を併用するよりも、1社に絞って増額申請を狙うことも考える

ここまで消費者金融を複数利用することについて考えてきましたが、「もっと借りたい」と考えているのならば、1社だけに絞ることも検討すべきです。仮に契約時には10万円しか借りられなかったとしても、消費者金融というのは常に顧客のデータを管理しており、返済実績が積み重なれば評価は上向くものです。

特に契約直後というのは、消費者金融も「様子を見たい」という意識を持っているもので、数ヶ月も経てば「もっと貸したい」という方針へ転換することが一般的です。総量規制の範囲内であれば、返済実績を重ねれば重ねるほど、既に契約している消費者金融の借入限度額は上がり続けるものと考えてください。

ただし、自動で借入額が上がったと通知してもらえる場合と、自分から申請を出さなければ枠が変わらない場合がありますので、自分の契約している消費者金融のシステムを理解しなければなりません。増額申請については、各社で「3ヶ月に1回まで」等の規定がありますが、申し込み履歴として残ることはありません。仮に増額をしてもらえなかったとしても、新たに消費者金融に申し込むのに問題はないので、試す価値は十分あると言えるでしょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ