消費者金融の審査時に、絶対やってはいけない5つの事とは?

消費者金融の審査では、いくつかタブーとなる行為がありますので、必ず覚えておくようにしましょう。これを知らないままでいると、本当ならば余裕で審査に通過するはずだったのに、自ら融資への道を閉ざしてしまう恐れがあります。自ら墓穴を掘ってしまわないために、消費者金融の審査で絶対やってはいけないことを把握し、意識的に避けるようにしましょう。

消費者金融では、虚偽の申告をするのは厳禁!

審査以前の問題だと思われるかもしれませんが、消費者金融の申し込みで必要となる情報について、きちんと事実に基づいて申請してください。審査に通過したいという思いが強くなりすぎて、実際とは違った内容を記入してしまったりしては、ウソがバレた時が大変です。基本的に、虚偽申告というのは全て否決されるものですから、自ら可能性を捨ててしまうことだと認識しておいてください。

特に職場・年収に関わる情報については、消費者金融会社もチェックをしているものですので、あからさまなウソを書いてはいけません。他にも他社の借入状況等も、ついつい少なめに申告したがる人もいるでしょうが、信用情報を閲覧すればバレてしまいます。今の状況をありのままに申告することが、最終的には良い結果を生むものだと考えて、ウソの申告は絶対にしないでください。

極端な希望金額を提示しないようにする

消費者金融では、申し込み時に融資希望金額を申告させる場合もありますが、ここで極端に大きな金額を記入しないようにしましょう。特に、初めて消費者金融を利用する方は、あまり大きすぎる金額を希望しないように気をつけてください。

もちろん、自分が利用したいと考える金額を入力するのが一番ですが、数字が大きいと審査についても慎重に見られやすくなります。自分が本当に必要と感じている数値に留めておき、客観的に見て無理のない数値になるように心がけましょう。

わかりやすい例として、年収が300万円であるにも関わらず、借入希望額を500万円と記入したとしましょう。このような申請は、そもそも総量規制(年収の3分の1)を超えているため、自動審査で弾かれる恐れがあります。他社の借入額がいくらかということも含めて、あまり無茶苦茶な数字は入力せずに、審査のことも考えて申告するようにしましょう。

審査中の段階で、他の消費者金融に申し込んではいけない

消費者金融の審査では、他社の借入情報等を調べるために、いわゆる信用情報(共有データ)にアクセスすることがあります。いつ情報をチェックするかは各社で違いがありますので、きちんと意識をしておくようにしましょう。

よくある失敗例としては、なかなか審査の結果が出ないために待ちきれず、別の消費者金融に申し込んでしまうパターンがあります。融資を急いでいる場合、仕方ないことに思えるかもしれませんが、実はタブーとなる行為だと覚えておいてください。審査の途中にも関わらず、他社への申し込み記録が新たに記載されれば、それだけ余裕がないと判定される可能性があります。現在審査中の消費者金融はもちろん、新たに申し込む会社でも不利な判定をされかねないので、慌てて申し込まないようにしましょう。

利用用途を聞かれた場合には、ギャンブル等を理由にしてはいけない

借入の前に、なんのためにお金が必要かを聞いてくる消費者金融会社もありますが、この回答についても注意しましょう。消費者金融も、計画性のない融資は敬遠しなければならないので、ギャンブル目的の利用等であれば審査で落とされることもあります。

また、意外と誤解されやすいものとしては、生活費目的での利用が挙げられます。意外に思われるかもしれませんが、生活費のために借りたいという回答は、消費者金融の審査ではタブーに近いものとなっています。生活に困窮していて、返済まで手が回らないと判断される恐れがあるため、回答の際にはうっかり記入しないようにしましょう。

基本的には、消費者金融で聞かれる利用用途というのは、アンケート程度の扱いと考えておいてください。銀行で利用するローン等とは違い、使い方については自由というのが原則ですので、「旅行」「家具購入」等を記入しておけば無難でしょう。ただし、おまとめローンのように使い方が制限されているものは、申し込みのルールに沿った回答をしてください。

問い合わせ等の電話連絡があれば、乱暴な話し方をしないように!

消費者金融の審査では、連絡先が正しいものかどうか確認するために、電話連絡を入れる会社もあります。こういった時、電話がかかってきたらできるだけ丁寧に受け答えをして、悪い印象を与えないようにしましょう。

あまり乱暴な話し方をしてしまうと、融資を見送られてしまう可能性もありますし、限度額を小さめに設定されることも考えられます。問題のある人物だと感じられると、デメリットばかり生じてしまう結果になるので、できるだけ落ち着いて電話には出るようにしてください。

ただし、消費者金融からの電話というのは、よほど酷い対応をしなければ大丈夫ですので、過剰に緊張をする必要はありません。相手を怒鳴りつけたり、審査の結果を根掘り葉掘り問い詰めるようなことをしなければ、全く問題はないと考えてもらって結構です。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ