消費者金融の審査に通る秘訣とは?審査基準のポイントについて

消費者金融を利用する上で、最も大きな壁となるのが審査に通過するか否かという点です。どんなに計画的な返済プランを立て、金利等の条件が良い会社を見つけても、審査に落とされてしまえば意味がありません。

誤解をしたまま申し込みをしてしまうと、本来ならば融資が認められるようなケースであっても、利用ができなくなる恐れもあるので注意しましょう。お金が必要な場面で、確実に消費者金融と契約するためにも、審査のポイントをきちんと把握するようにしてください。

審査基準となる要素を理解して、自己判断してから申し込みましょう

消費者金融へ申し込む際、色々な情報を提出することになります。名前や連絡先については、当然ながら重要となりますが、その他の情報についてはどうでしょうか。融資の可否を左右する情報と、あまり重要視されない情報の2種類がありますので、きちんと理解をしておきましょう。

審査において、消費者金融がチェックしているのは「返済能力」「身元の確かさ」についてです。この2点をベースにして、審査でチェックされやすい項目と理由をまとめたのが、下の図になります。

これを見ると、消費者金融が審査でチェックしている項目は多岐に渡るものの、その理由については共通していることがわかるでしょう。1つ2つの項目でマイナス査定をされたとしても、総合的に見て問題なしと判断されれば、消費者金融も融資をしてくれるものです。

ただ、この「総合的な判断」というのが厄介なもので、消費者金融各社で判断が異なります。ある会社では致命的なマイナス材料と判断される要素があっても、別の会社では軽微なものと判断され、審査結果に違いが生じるのは珍しくないことです。

審査に通りやすくなるために、心がけておくべきこと

消費者金融の審査というのは、全く同じ人物が申し込んだとしても、やり方次第で審査結果は変化するものです。何も意識せずに申し込みをした場合、必要以上に審査のハードルを上げてしまうこともあるため、注意をするようにしなければいけません。

審査の難易度を大きく左右される代表例としては、融資の希望金額が第一に挙げられるでしょう。年収300万円の方が、総量規制の限界値である100万円を希望したとしても、審査に通る可能性は極めて低いものです。本当にやむなく必要という方はともかくとして、「ちょっと多めに申告しよう」と考えているのならば、避けた方が無難と言えるでしょう。希望金額については、必要最小限の値を入力するようにして、審査を通過する確率を下げないことが大切になります。

他には、連絡先の入力についても注意する必要があります。個人情報を守る観点から、最低限の情報だけ入力される方もいますが、審査ではマイナス材料となってしまいます。特に職場の連絡先については、多くの方が書きたがらないものですが、きちんと書くべきです。

また、評価材料をプラスにすることも大事ですが、審査について甘い消費者金融を狙うのも手になります。やや金利が高いと感じられても、少額融資を前提にして申し込むつもりならば、審査に期待できる会社を優先させてみましょう。特にフリーターの方であったり、就職して間もない方であれば、そういった申込者にも融資実績がある会社を選択するようにすべきかもしれません。

短期間の多重申し込みは、履歴が残るので要注意!

ここまで消費者金融の審査を通過するために、申込者が気をつけるべきポイント等を解説させていただきました。しかし、こういった説明を見ても「数打てば当たるし、どうでも良い」等と考えてしまう方もいるかもしれません。条件の良い会社から申し込みを始め、徐々にハードルを下げていけば…という方法は、一見するとベストな手法に思えるものです。

ところが、消費者金融においては、”下手な鉄砲”理論は当てはまらず、むしろ悪い結果を引き起こす可能性が高くなってしまいます。消費者金融が共有している情報は、借入に関するものだけではなく、申し込みの履歴についても同様です。近い期間内に、何社も申し込みを続けている方というのは、どうしてもマイナス評価を受けやすいので注意してください。

もちろん1社や2社程度であれば、「審査に落ちたのだろう」と解釈され、大きな問題になることはありません。これが5社を超えるような数になってくると、「借りられるだけ借りるつもりでは?」と疑われ、いわゆる借り逃げを計画しているのではないかと判断されてしまうのです。消費者金融はリスクを小さくすることを重要視していますので、あまりにも多重申込の履歴が目立ってしまうと、借りられるものも借りられなくなる恐れがあります。

先述したような審査に関するコツを踏まえて、できるだけ1社目か2社目で融資を受けるようにしないと、可能性はどんどん小さくなるということです。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ