表示中のページ: ホーム > 消費者金融に申し込むと必ず会社、自宅に電話が来るの?

消費者金融に申し込むと必ず会社、自宅に電話が来るの?

消費者金融に申し込もうとしたものの、自宅・職場への電話連絡に抵抗を感じられる方もいらっしゃることでしょう。家族同居の方ならば、余計な心配をされてしまうことが考えられ、なんとか電話連絡は回避したいと考えて当然かもしれません。職場については尚更で、勤務先に架けて欲しくないといった要望は少なくありません。とはいえ、職場・勤務先への在籍確認電話なしでお金を借りることはできるのでしょうか。

そこで今回は、消費者金融の在籍確認について取り上げながら、大手消費者金融の電話確認対応状況、電話確認の流れ、消費者金融からの電話で会社にバレることはあるのかなど、詳しく解説していきます。

電話連絡なしで借入可能な消費者金融ってあるの?

消費者金融の場合、在籍確認の電話なしで借入することはできるのでしょうか。要点を以下にまとめましたので、参考にしてください。

『在籍確認なし』の消費者金融はない

そもそも、在籍確認を避けることはできません。消費者金融が遵守している貸金業法にて、在籍確認を行わなければならないといったルールはないものの、第十三条の中で次のように定められています。

『第十三条:貸金業者がお金を貸す際は、事前に顧客の収入、資力、信用、借入状況、返済計画、その他の返済能力について調査をしなければならない』

ここでいう貸金業者とは、消費者金融や信販系カードローン、クレジットカードのキャッシング等のことを指しています。上記の第十三条の内容を簡単に解説すると、『収入』と『返済能力』があるのか、貸金業者は契約前に調べなければならないということです。

つまり、収入を得ている事実の裏付けを取るために、在籍確認を行っているともいえます。以上のことから、在籍確認そのものをナシにすることはできないのです。

『在籍確認なし』ではなく『電話連絡なし』にすることは可能なことがある

消費者金融の多くは、電話にて在籍確認を行っています。そのためか、在籍確認は電話のみで行うものというイメージが持たれがちです。

しかし実際のところ、消費者金融からの電話をなしにできることがあります。消費者金融側が書類のみでの在籍確認に応じている場合、もしくはやむを得ない事情がある場合の2点です。

まず書類での在籍確認ですが、2017年4月時点で対応しているのは、SMBCモビットのWEB完結申込のみとなります。

提出する書類の種類が多かったり、WEB完結申込の利用条件があったりと若干の不便さはあるものの、在籍確認電話を省略することが可能です。

一方、やむを得ない事情とは、勤務先が在籍確認電話に対応していない場合や、外部から滅多に電話が架かってこない職場で働いている場合などが該当します。

上記のようなケースに該当する場合、消費者金融は電話ではなく、収入証明書や社員証、在籍確認書などの書類にて在籍確認を実施することがあるのです。

大手消費者金融の電話確認の対応状況とは

この項では、大手消費者金融の電話確認対応状況について取り上げていきます。まずは以下の表をご覧ください。

各社の公式WEBサイト上で案内されていた内容をまとめました。

消費者金融名 電話確認の対応状況
アコム 自宅および勤務先に個人名で連絡する場合あり
※担当者個人名での電話となる
プロミス 本人が勤務している事実を確認するため勤務先へ電話あり
※担当者個人名での電話となる
アイフル 本人の在籍確認のため自宅および勤務先へ電話あり
※担当者個人名での電話となる
SMBCモビット WEB完結申し込みの場合、原則在籍確認等の電話はない
※審査の際に確認が必要となった場合は電話連絡あり
ノーローン 本人からの申込みであることを確認するため自宅および勤務先に電話あり
※担当者個人名での電話となる

上記の表の要点を簡単にまとめます。まずアコムの場合、自宅や勤務先へ電話をすることを断言していませんでした。連絡をする場合があるといった控えめな表現となっています。

そのため、すべての申込者へ電話連絡をしているわけではないといえそうです。次に、プロミスの場合ですが、自宅への連絡については触れていなかったものの、在籍確認のために勤務先へ電話連絡する旨を案内していました。

また、アイフルとノーローンに関しては、自宅および勤務先へ電話をするといった案内で統一されています。最後にSMBCモビットについてですが、他の4社とは異なり、公式WEBサイト上ではっきりとした案内をしていません。

WEB完結に関するページにて『お勤め先確認などのお電話はいたしません』と案内されていただけでした。

とはいえ、WEB完結の特徴の1つとして電話連絡なしと謳っているため、通常の申込時は在籍確認の電話が架かってくることが予想されます。

電話確認の流れについて

消費者金融からの電話は、どのような流れで架かってくるのでしょうか。順を追って解説していくことにします。まず、消費者金融へ申込みをして契約が完了し、借入可能となるまでの流れは以下のとおりです。

申込み
仮審査
契約の意思確認電話
本審査(ここで在籍確認や信用情報への照会を実施)
審査結果報告電話
契約手続き(ローンカード発行含む)
借入れ

消費者金融によって若干流れは異なります。一般的には、本審査の最終段階で在籍確認を実施するケースがほとんどです。次に、消費者金融からの電話の概要について詳しくみていくことにしましょう。

担当者が個人名で電話を架けてくる

貸金業法上、社名を名乗ったり、契約内容を第三者へ口外することは禁止されています。そのため、電話の内容からバレることはまずありません。また、消費者金融の担当者は、申込者の知り合いとして電話を架けてくるケースが目立ちます。

そのため、勤務先の同僚などが用件を聞いたとしても、『私的な用件』とだけ伝えて電話を切ることがほとんどです。

とはいえ、この手の在籍電話は広く知られているため、雰囲気からバレることがあります。どうしても知られたくない場合は、事前に在籍確認電話が架かってくる旨を勤務先へ伝えておきましょう。

消費者金融の担当者が会社に電話を架けてくる際、広く使われている口実は以下の4つとなります。

クレジットカードの在籍確認
自動車ローン、住宅ローン、ローン借り換えなどの在籍確認
賃貸保証会社の在籍確認
クレジット一体型銀行キャッシュカードの在籍確認

本人が電話に出なくても問題ない

在籍確認は、『申込者本人が実際に勤務している事実』を確認することができれば完了します。そのため、本人が電話に出なくても問題はないのです。

たとえば、『席を外している』、『本日休んでいる』、『外出している』といった返答があったとしても、本人が在籍している様子が分かればその時点で終了します。

なお、本人が電話に出なかった場合は、『本人の携帯電話へ架け直してみる』などといって電話を切るケースが大半です。そのため、改めて会社宛てに電話が架かってくることはありません。

本人が電話に出た場合は簡単なやりとりで終わる

本人が消費者金融からの電話に出た場合、どのようなことを確認しているのでしょうか。参考までに、ダイレクトワン株式会社が2017年3月に公開したアンケート結果をご紹介します。

電話の内容は氏名確認のみだった
名前と住所を確認された
名前と生年月日を確認された
本人確認と申込み内容の確認があった

多くの方は、氏名確認のみで在籍確認が完了したとのことでした。場合によっては、生年月日や住所等を聞かれることもあるようです。申込み内容の確認があったという意見もいくつか散見されましたが、簡易的な内容ですので心配はいりません。

なお、社名や用件を偽って電話を架けてもらうことは法律で禁止されています。消費者金融からの電話をなしにしたい場合は、書類のみで在籍確認を取ることはできないか事前に相談してください。

消費者金融の電話確認で会社にバレる可能性はある?

先述したとおり、貸金業法によって契約者以外の方へ契約の事実を知らせることはできないため、会社にバレることはありません。とはいえ、何らかのきっかけからバレてしまった方は存在します。

なぜ、消費者金融からの在籍確認電話だとバレてしまったのでしょうか。代表的な理由は以下のとおりです。

おどおどしてしまった
不自然な理由を言ってしまった
嘘を重ねなければならなくなった

主に上記3つのケースに該当する場合、バレてしまうことがあるようです。前項で、消費者金融の担当者が会社に電話を架けてくる際、広く使われている口実を4つご紹介しました。

最も口実として利用されているのは、クレジットカードの在籍確認や、ローン借り換えの在籍確認です。それ以外の口実に関しては、追及されたときに誤魔化しきれなくなることがあります。

たとえば、マイカーの購入を検討していたり、引越しを検討している場合は口実として使えますが、全く検討していない場合は、嘘を重ねなければならないケースがあるようです。

消費者金融によるものの、個人の携帯電話宛てに架け直して貰うことも可能ですので、あまり深刻に考えずに在籍確認電話をクリアしましょう。

土日も消費者金融から電話連絡はくるものなの?

大手消費者金融を中心に、土日祝日でも融資可能なケースが増えてきました。ここで気になるのは、在籍確認電話です。土日祝日に会社が休みとなる場合、在籍確認はどのようにして行われるのでしょうか。

まず先に結論からいいますと、土日祝日でも会社があいている場合は、在籍確認の電話は通常通り架かってきます。電話が架かってくるまでの流れや内容は、すでに述べたとおりです。

一方、土日祝日に会社が休みとなる場合、3つケースがあります。要点を以下にまとめましたので、参考にしてください。

平日まで在籍確認を実施せずそれまで融資不可

中小消費者金融の多くは、土日祝日に審査そのものを行っていないケースがあります。また、審査を行ったとしても平日に在籍確認が取れるまで融資不可となることも少なくありません。

このような場合、在籍確認の代替措置を取ることはできないか、事前に相談するようにしましょう。

在籍確認を後回しにして少額のみ融資する

審査の結果、融資可能額が30万円までだったとしましょう。その上で、土日祝日に在籍確認が取れなかった場合、10万円程度の少額融資を実施することがあります。

その後、平日に在籍確認が取れてから、残りの20万円を融資するといった流れです。アコムやプロミスあたりでは、審査状況に合わせて対応していることがあります。断られる可能性はありますが、急ぎで融資を希望する場合は相談をしてみましょう。

書類で在籍確認を実施する

土日祝日に融資を希望しているものの在籍確認が困難な場合、代替措置として書類で在籍確認を実施することがあります。ただし、審査内容が良好であったり、他社からの借入状況が良好でなければ対応して貰えないことがほとんどです。

また、書類で在籍確認を実施する場合、一般的には次の書類を提出することになります。社員証、源泉徴収票、所得証明書、社会保険証など。

社員証や社会保険証であればすぐに提出できますが、源泉徴収票や所得証明書は審査当日用意できないことがあります。

なお、書類のみで在籍確認を実施したあとですが、平日に在籍確認の電話が勤務先に架かってくることもありますし、架かってこないこともあるようです。

この辺りの対応については、各消費者金融で異なるため、申込時に確認しておくことをお勧めします。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる