表示中のページ: ホーム > キャッシングの金利 > キャッシングで1万円・2万円・3万円を借りた場合の利息と返済額について

キャッシングで1万円・2万円・3万円を借りた場合の利息と返済額について

キャッシングは利息が高いと聞いたことはありませんか?利息負担が大きくて、返済できなくなったらどうしようなど、不安を感じてしまうことがあるものです。しかし、1~3万円ほどの少額キャッシングであれば、利息負担はほとんどありません。

そこでこの記事では、キャッシングで1万円~3万円借りたときの利息・返済額について詳しくまとめてみました。少額キャッシングの注意点、利息負担を減らす方法に関してもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

キャッシングでお金を借りた時、どのくらい利息を払うの?

キャッシングでお金を借りた際、どのくらい利息を払うことになるのかは借入先によって異なります。まずは以下の表をご覧ください。

金融機関名 金利 限度額
アコム
3.0%~18.0%
1万円~800万円
プロミス
4.5%~17.8%
1万円~500万円
アイフル
3.0%~18.0%
1万円~800万円
SMBCモビット
3.0%~18.0%
1万円~800万円
三井住友銀行カードローン
4.0%~14.5%
10万円~800万円
三菱UFJ銀行バンクイック
1.8%~14.6%
10万円~500万円
イオン銀行カードローン 借入限度額:10万~90万円の場合
4.5%~17.8%
※借入限度額によって利率は異なる
10万円~90万円
オリックス銀行カードローン
1.7%~17.8%
800万円
みずほ銀行カードローン
2.0%~14.0%
10万円~800万円
ソニー銀行のカードローン
2.5%~13.8%
10万円~800万円

上記のとおり、それぞれ金利にやや違いがあることがわかります。多くの場合、申込時に適用される金利は上限金利です。例えばアコムの上限金利は18%ですので、以下の計算式に基づいて利息を算出します。

参照:アコム公式サイト

ようするに、借入残高、借入利率(金利)、利用した日数によって利息は決まるのです。基本的な考え方が分かったところで、実際に1万円、2万円、3万円借入したときの利息を見ていくことにしましょう。

今回は、プロミスが公式サイトで提供しているシミュレーションツールを用いながら利息を算出しました。まずは、1万円キャッシングしたときの利息から見ていきます。

1万円キャッシングしたときの利息

1万円キャッシングしたときの利息は、返済回数によって異なります。1回、5回、10回払いで返済したときの利息は以下のとおりです。

1回払い

回数 元金 利息 残高
1
10,000
146
0
累計
10,000
146
0

1回払いとは、ようするに翌月までに完済したという意味です。利息額は146円となります。この程度であれば、利息が負担になることはありません。なお、他の金融機関からキャッシングした場合も、ほぼ同程度の利息額となります。

5回払い

回数 元金 利息 残高
1
1,941円
148円
8,059円
2
1,970円
119円
6,089円
3
1,999円
90円
4,090円
4
2,029円
60円
2,061円
5
2,061円
30円
0円
累計
10,000円
447円
0円

1万円を5回払いで返済した場合、トータルの利息額は447円です。先ほどの1回払いのときと同様に、高額な利息額ではありません。

10回払い

回数 元金 利息 残高
1
935円
148円
9,065円
2
949円
134円
8,116円
3
963円
120円
7,153円
4
977円
106円
6,176円
5
992円
91円
5,184円
6
1,007円
76円
4,177円
7
1,022円
61円
3,155円
8
1,037円
46円
2,118円
9
1,052円
31円
1,066円
10
1,066円
15円
0円
累計
10,000円
828円
0円

実際のところ、1万円を10回払いで返済するケースは多くありません。とはいえ、もしも10回払いで返済した場合、利息額は828円となります。

以上のことからもわかるとおり、返済回数が増えると利息額は大きくなりますが、借入額が1万円であれば利息負担は少ないといえそうです。

2万円キャッシングしたときの利息

続いてキャッシングで2万借りたときの利息を見ていくことにします。

1回払い

回数 元金 利息 残高
1
20,000円
292円
0
累計
20,000円
292円
0

1回払いで完済した場合、利息額は292円でした。借入額1万円の時と比較すると、146円アップしています。とはいえ、キャッシングで二万すぐに返済できるなら、利息額が負担になることはなさそうです。

5回払い

回数 元金 利息 残高
1
3,883円
296円
16,117円
2
3,940円
239円
12,177円
3
3,999円
180円
8,178円
4
4,058円
121円
4,120円
5
4,120円
61円
0円
累計
20,000円
897円
0円

返済回数5回の場合の利息額は897円でした。借入額1万円を10回払いしたときの利息額が828円だったことを考えると、やや利息負担が大きくなっているといえそうです。

10回払い

回数 元金 利息 残高
1
1,870円
296円
18,130円
2
1,898円
268円
16,232円
3
1,926円
240円
14,306円
4
1,954円
212円
12,352円
5
1,983円
183円
10,369円
6
2,013円
153円
8,356円
7
2,043円
123円
6,313円
8
2,073円
93円
4,240円
9
2,104円
62円
2,136円
10
2,136円
31円
0円
累計
20,000円
1,661円
0円

10回払いにしたときの利息額は1,661円でした。高額な利息とはいえませんが、1万円を10回払いしたときの利息額と比較した場合、833円高くなっていることがわかります。つまり、約2倍近く利息がアップしているのです。

もしも途中で何度か新たな借り入れをした場合、利息額は更に増えてしまいます。そのため、できるだけ早めに完済した方が良いといえそうです。

3万円キャッシングしたときの利息

最後に、キャッシングで3万円借りたときの利息を見ていきます。

1回払い

回数 元金 利息 残高
1
30,000円
438円
0円
累計
30,000円
438円
0円

高額な利息額ではないとはいえ、1~2万円をキャッシングしたときと比較すると、グンと負担が増えていることがわかります。

5回払い

回数 元金 利息 残高
1
5,824円
445円
24,176円
2
5,911円
358円
18,265円
3
5,999円
270円
12,266円
4
6,088円
181円
6,178円
5
6,178円
91円
0円
累計
30,000円
1,345円
0円

上記のとおり、月々かかってくる利息額は91~445円と少額ですが、支払い回数3回目まではあまり元金が減少していないことがわかります。

ようするに元金が大幅に減少していない時点で新たな借り入れをすると、「なかなか借金が減らない」という事態に落ちりやすいのです。

10回払い

回数 元金 利息 残高
1
2,805円
445円
27,195円
2
2,847円
403円
24,348円
3
2,889円
361円
21,459円
4
2,932円
318円
18,527円
5
2,976円
274円
15,551円
6
3,020円
230円
12,531円
7
3,065円
185円
9,466円
8
3,110円
140円
6,356円
9
3,156円
94円
3,200円
10
3,200円
47円
0円
累計
30,000円
2,497円
0円

元金に対して、約1割にあたる金額を利息として支払っていることになります。

以上、これまで解説してきたことをまとめてみます。

全体を通して1~3万円キャッシングしたときの利息額は少額
最低返済額で返済すると一気に利息負担が増える
3万円キャッシングして最低返済額で返済すると利息負担が大きい
返済途中で追加借入すると元金が減りづらくなり利息負担が増える

少額キャッシングだからといって油断せず、早めに完済した方が無難だといえそうです。

なお、今回はプロミスのみ取り上げましたが、大手の消費者金融、クレカのキャッシングの金利はほぼ同率のため、利息額に大きな違いはありません。

一方、銀行カードローンは金利相場が14%前後と低いことから、利息額は少なくなりますが、それでも今回ご紹介した利息額と大差はないものです。

この項でお伝えしたことを参考にしながら、追加借り入れはできるだけ控えて早期完済を心掛けましょう。

キャッシングで1万円・2万円・3万円を借りた時の返済額とは?

この項では、返済額に特化して見ていくことにします。

1万円キャッシングしたときの月々の返済額

1万円キャッシングしたときの返済額から見ていきます。

1回払

回数 元金 利息 返済額
1
10,000円
146円
10,146円
累計
10,000円
146円
10,146円

この程度の返済額なら、給料日あとすぐに完済できそうです。

5回払い

回数 元金 利息 返済額
1
1,941円
148円
2,089円
2
1,970円
119円
2,089円
3
1,999円
90円
2,089円
4
2,029円
60円
2,089円
5
2,061円
30円
2,091円
累計
10,000円
447円
10,447円

1つ注意したいのは、コンビニATMなどから返済する場合、小銭に対応していないため1,000円単位で返済しなければなりません。つまり、実際には3,000円返済することになります。返済回数だけに気を取られるのではなく、返済方法も検討しておきましょう。

10回払い

回数 元金 利息 返済額
1
935円
148円
1,083円
2
949円
134円
1,083円
3
963円
120円
1,083円
4
977円
106円
1,083円
5
992円
91円
1,083円
6
1,007円
76円
1,083円
7
1,022円
61円
1,083円
8
1,037円
46円
1,083円
9
1,052円
31円
1,083円
10
1,066円
15円
1,081円
累計
10,000円
828円
10,828円

返済額は少額なものの、返済方法に注意しないと月々2,000円返済することになるため気をつけましょう。

以上が1万円キャッシングしたときの返済額でした。1回払いの場合はやや負担が大きいものの、5回~10回払いなら無理なく返済できそうです。

2万円キャッシングしたときの月々の返済額

続いて2万円キャッシングしたときの月々の返済額を見ていきます。

1回払い

回数 元金 利息 返済額
1
20,000円
292円
20,292円
累計
20,000円
292円
20,292円

利息の負担はほぼないといっても過言ではありません。続いて5回払いを見てみましょう。

5回払い

回数 元金 利息 返済額
1
3,883円
296円
4,179円
2
3,940円
539円
4,179円
3
3,999円
180円
4,179円
4
4,058円
121円
4,179円
5
4,120円
61円
4,181円
累計
20,000円
897円
20,897円

返済額が大きな負担になるとは言えないものの、それなりの金額を毎月返済することになります。では、返済回数を増やして月々の返済額を減らした場合、どのくらいの金額となるのでしょうか。10回払いのケースを見てみましょう。

10回払い

回数 元金 利息 返済額
1
1,870円
296円
2,166円
2
1,898円
268円
2,166円
3
1,926円
240円
2,166円
4
1,954円
212円
2,166円
5
1,983円
183円
2,166円
6
2,013円
153円
2,166円
7
2,043円
123円
2,166円
8
2,073円
93円
2,166円
9
2,104円
62円
2,166円
10
2,136円
31円
2,167円
累計
20,000円
1,661円
21,661円

返済額が2,000円程度なら、多少家計が苦しかったとしても返済できない金額ではないといえます。以上が2万円キャッシングしたときの返済額でした。続けて3万円のケースも見ていくことにします。

3万円キャッシングしたときの月々の返済額

まずは1回払いのときの返済額をチェックしてみます。

1回払い

回数 元金 利息 返済額
1
30,000円
438円
30,438円
累計
30,000円
438円
30,438円

利息額が438円ということもあり、余裕で30,000円返済できる人なら、返済額を負担に感じることはないといえそうです。

5回払い

回数 元金 利息 返済額
1
5,824円
445円
6,269円
2
5,911円
358円
6,269円
3
5,999円
270円
6,269円
4
6,088円
181円
6,269円
5
6,178円
91円
6,269円
累計
30,000円
1,345円
31,345円

金銭的に余裕があるなら支払える金額ですが、バイトやパート勤務だと「今月は出費が多かったから6,000円も返済するのはきついかも」と感じてしまうかもしれません。

10回払い

回数 元金 利息 返済額
1
2,805円
445円
3,250円
2
2,847円
403円
3,250円
3
2,889円
631円
3,250円
4
2,932円
318円
3,250円
5
2,976円
274円
3,250円
6
3,020円
230円
3,250円
7
3,065円
185円
3,250円
8
3,110円
140円
3,250円
9
3,156円
94円
3,250円
10
3,200円
47円
3,247円
累計
30,000円
2,497円
32,497円

3,000円台であれば、無理なく毎月返済できるのではないでしょうか。それでは、これまで解説してきたことをまとめてみます。

2~3万円キャッシングは返済回数が少ないと月々の返済負担が大きい
利息は高額ではないため返済回数が多少多くても大損はしない
全体を通して返済負担を軽減したいなら繰り上げ返済がベスト

少額キャッシングの利息額は少額なものの、返済回数によって返済額は大きく変わります。月々どのくらいの金額なら無理なく返済できるのか、事前に把握しておきましょう。

少額キャッシングを利用したときの3つの注意点

これから少額キャッシングを利用する場合、注意したい3つのことがあります。順番に見ていくことにしましょう。

上限金利が適用されるケースが多いことを知っておく

初回申込時は、上限金利が適用されるケースがほとんどとなります。なぜなら、まだ取引実績がないため、貸し倒れの際のリスクを考慮して、上限金利を適用する金融機関が多いからです。

すでに別の項でお伝えしたとおり、上限金利の目安は「14~18%」程度となります。低金利で借入できるケースは、ほぼないことを押さえておきましょう。

最小借入金額をチェックしておく

金融機関ごとで、借入金額の単位は異なります。例えばアコムの場合、アコムの自社ATM、セブン銀行ATMは1,000円単位から借入できますが、インターネットキャッシング、セブン銀行以外の提携ATMは1万円単位からの借入となっているのです。

また、その他の金融機関の場合、1万円単位からしか借入できないことも多々あります。そのため、実際に借入する前に最少借入金額を確認しておきましょう。

必要以上に借りない

少額キャッシングは、数千円から1万円単位の借金となるため、感覚的に「借金をしているように感じない」という側面があります。自分の銀行口座からお金を引き出す感覚で使えるため、つい使い過ぎてしまいがちなのです。

また、1か月の中で複数回借入をしてしまうと、そのたびに利息は大きく膨らみます。あらかじめ借りる金額を決めて、必要以上に借りないようにしましょう。

利息の負担を減らすための賢い2つの借り方

利息の負担を減らすためには、賢く利用することがポイントです。今回は2つの借り方について見ていくことにしましょう。

無利息キャッシングがあるキャッシングを使う

無利息キャッシングとは、一定期間のみ無利息でお金を借りることができるサービスのことです。主に消費者金融系の金融機関が提供しています。なお、一部の金融機関を除き、無利息キャッシングを利用できるのは、初回契約時のみです。

参考までに、無利息キャッシングを提供している金融機関を表にまとめました。

カードローン会社 サービス概要
無利息期間 利用回数 利用条件
アコム
契約翌日から30日
初回限定
・新規契約者限定
・返済サイクルを35日ごとにする
プロミス
初回借入翌日から30日
初回限定
・新規契約者限定
・プロミスへメールアドレスを登録
・WEB明細設定
アイフル
契約翌日から30日
初回限定
新規契約者限定
ノーローン
借入翌日から7日
無制限
2回目以降の借入は、完済月の翌月から適用
レイクALSA
契約翌日から30日
初回限定
新規契約者限定
契約翌日から180日
初回限定
・新規契約者限定
・限度額200万円以下
・適用されるのは借入額5万円まで
ジャパンネット銀行
初回借入日から30日
初回限定
新規契約者限定

注意したいのは、無利息期間のカウントが始めるタイミングが異なることです。アコムの場合、契約した翌日から無利息期間がスタートしますが、プロミスは借入をした翌日からとなっています。

つまり、アコムのような金融機関からお金を借りるときは、契約してすぐに利用した方が良いのです。事前に必ず案内がありますので、目を通しておくようにしましょう。

定期的に繰り上げ返済をする

利息負担を軽減する方法として最も有効なのは、繰り上げ返済をする方法です。繰り上げ返済をすると元金の減りが早くなるため、利息を押さえることができます。

例えばプロミスで5万円を借りたとしましょう。10回払いで支払うと利息は4,165円です。一方、5回払いで支払った場合、利息は2,244円しか掛かりません。

厳密にいうと、繰り上げ返済時に追加で支払う金額によって、最終的にかかる利息額は変動します。余裕があるときに多めに返済し、極力利息を支払わずに済むようにしましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる