表示中のページ: ホーム > キャッシングの金利 > キャッシングの金利・利息の仕組みと計算方法について

キャッシングの金利・利息の仕組みと計算方法について

キャッシングの利息や金利の仕組みは、カードローンとそれほど違いはありません。とはいえ、細かな点でやや違いがあるものです。また、キャッシングの利息計算方法はやや特殊なため、利息額を抑えるためにも計算方法を把握しておくようにしましょう。

そこで本記事では、キャッシングの金利や利息について取り上げながら、キャッシングの金利相場、利息の計算方法、キャッシングしたときに利息を抑える方法など、詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

キャッシングの金利・利息について

キャッシングとクレジットカードのショッピングの金利は異なるものです。そのため、この項では、まずキャッシングの金利と利息について詳しく見ていくことにします。

金利とは?
借りたお金の金額に応じて支払うことになる、利息の割合のことを指します。
利息とは?
利息とは、お金を借りたときに借手に支払うことになる手数料のようなものです。

なお、カードローン会社などが公式ホームページで案内している『金利』は、実質年率(年利)です。金利と実質年率はほぼ同じ意味ですが、厳密にいうとやや違いがあります。実質年率には、保証料などの諸費用が含まれていることがあるのです。

ただし、ほとんどのカードローンやクレジットカードのキャッシングの場合、保証料などの諸費用は発生しません。そのため、これらの諸費用が発生しない金融機関が「実質年率」と案内していた場合は、「金利のこと」と考えて差し支えないのです。

なお、金利の上限は「出資法」「利息制限法」で定められています。下記の金利以上で貸し付ける貸金業者は、違法業者となります。詳細は以下のとおりです。

出資法:年20%まで
利息制限法:10万未満/年20%、100万未満/18%、100万以上/15%

ちなみに、各金融機関の実質年率は、法の定めにより公式サイトで必ず案内することになっています。明記されていない場合、そのような業者の利用は避けなければなりません。

キャッシングの金利相場ってどのくらい?

キャッシングの金利相場は、一体どのくらいなのでしょうか。今回は、消費者金融系カードローン、銀行系カードローンの金利も取り上げながら、詳しく見ていくことにします。まずは以下の表をご覧ください。

金融機関名 実質年率
アコム
3.0~18.0%
プロミス
4.5~17.8%
アイフル
3.0~18.0%
SMBCモビット
3.0~18.0%
三井住友銀行カードローン
4.0~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック
1.8~14.6%
イオン銀行カードローン 借入限度額:10~90万円
4.5~17.8%
※借入限度額によって利率は異なる
三井住友VISAカード 利用枠:プラチナカード会員の場合
5~90万円:15.0%
100~300万円:14.4%
JCBクレジットカードキャッシング
15.0~18.0%
エポスカードキャッシング
18.00%

キャッシング系の金融機関は、三井住友VISAカード、JCBクレジットカード、エスポカードの3社となります。三井住友VISAカードの場合、カードの種類によって利用枠金利が異なる仕組みです。

例えば、プラチナカード会員の場合、利用枠は5万円から90万円、100万円から300円の2つに分かれており、金利はそれぞれ異なります。

それから、JCBクレジットカードキャッシングとエスポカードキャッシングですが、金利は上記の表の通りです。そのほかのクレジットカードキャシングに関しても、ほぼ同等の金利と考えて問題ありません。

クレジットカードキャッシングの金利相場がわかったところで、参考までに消費者金融系・銀行系のカードローン金利と比較してみることにします。

アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットは、いずれも消費者金融系カードローンです。下限金利は、3.0%または4.5%と低めですが、これは融資額上限を借り入れた場合に適用される金利となります。一般的には、17.8%もしくは18%の金利となるケースがほとんどです。

【関連】消費者金融の金利ってなに?利息と利子と違うの

一方、三井住友銀行カードローン、三菱UFJ銀行バンクイック、イオン銀行カードローンは、銀行系カードローンとなります。先ほどの消費者金融系カードローンと同様、下限金利は低めに設定されていますが、上限金利は14%台から18%台です。

ちなみに、イオン銀行カードローンは、借入限度額によって金利が変動する仕組みとなります。今回は、限度額10万円から90万円の金利のみ表にまとめました。

以上のことからもわかるとおり、クレジットカードのキャッシングの金利は、消費者金融系カードローンとほとんど変わりはありません。

つまり、キャッシングの相場は「諸費謝金有形カードローンと同等程度」と押さえておきましょう。

利息の計算方法とは?

キャッシングの金利は、1ヶ月あたりどのくらい掛かるのでしょうか。この項では、キャッシングの金利の計算式、JCBの事例、総支払利息の計算方法について詳しく見ていくことにします。

1か月分の利息の計算方法について

月々の返済時に支払うことになる利息額は、以下の計算方法を用いながら算出します。

利息=「借入額」×「年利」×」÷「365(日)」×「30(日)」

キャッシングの利息は、計算機で計算することもできますが、非常に手間がかかるためお勧めしません。実際にキャッシングの利息を計算したいときは、金融機関が提供するシミュレーターなどを活用しましょう。

今回は参考までに、事例を用いながら1ヶ月あたりの利息額を計算してみます。

10万円を年利15%で30日間借りた場合

①10万円×15%÷365日×30日=1,233円

20万円を年利18%で30日間借りた場合

②20万円×18%÷365日×30日=2,959円

ようするに、借りたお金の金額に金利をかけて、365日で割ってから1ヶ月あたりの日数(30日もしくは31日)で割ればよいのです。

ちなみに、もっと簡単にキャッシングの年率計算をしたい場合ですが、借りたお金の金額に対して金利をかけて、その金額を12で割ってください。それが、おおよその1ヶ月あたりの利息額となります。ただし、正確性に欠けるため、あくまでも目安としてください。

JCBのキャッシングの場合

JCBのキャッシングの金利は、実質年率15.0~18.0%となっています。事例を用いながら、実際に1ヶ月あたりの利息額を計算してみましょう。なお、JCBの場合、18万円以下は5,000円、19万~60万円は1万円といったように、利用枠ごとで最低返済額は異なります。

また、毎月元金定額払いとなることから、月々の利息や返済額は変動する仕組みです。まずは前項で用いた計算方法を使って、簡易的に利息を算出してみます。

10万円借りた場合(実質年率18.0%)

10万円'18%÷365日'30日=1,479円

利息は1,479円です。先に述べたとおり、JCBのキャッシングは元金定額払いであるため、実際に支払うことになる利息額は毎月変わってきます。例えば、最低返済額を5,000円とした場合、1回目の返済時の利息は2,515円。2回目の返済時の利息は1,311円です。

このように、返済回数が増えていくと、徐々に利息は少なくなっていきます。

総支払利息の計算方法について

総支払利息とは、完済までに支払うことになる利息額の合計のことを指します。初回の利息額は前項で解説した計算方法を用いますが、この計算を12回繰り返さなければなりません。具体的な計算方法は以下の通りです。

1回目の返済: 利息= 借入額 × 年利 ÷ 365(日)×30(日)
2回目以降の返済:利息=(借入額-返済額)× 年利 ÷ 365(日)× 30(日)

それではここで、JCBの利息額について詳しく見ていくことにします。

JCBカードの場合

・キャッシング金額:10万円
・キャッシング年率18%
・最低返済元金:10,000円

支払い回数 元金 利息 支払い合計 支払後残高
1回目
10,000円
2,515円
12,515円
90,000円
2回目
10,000円
1,242円
11,242円
80,000円
3回目
10,000円
1,223円
11,223円
70,000円
4回目
10,000円
1,035円
11,035円
60,000円
5回目
10,000円
917円
10,917円
50,000円
6回目
10,000円
739円
10,739円
40,000円
7回目
10,000円
611円
10,611円
30,000円
8回目
10,000円
458円
10,458円
20,000円
9回目
10,000円
295円
10,295円
10,000円
10回目
10,000円
152円
10,152円
0円

JCBの場合、リボ払いで返済していくことになるため、元金が少なくなるほど利息額も減っていきます。JCB以外のクレジットカードも同様で、一度借入してから新たな借入をしない限り、返済回数を重ねるごとに利息額は少なくなっていくのです。

キャッシングしたときの利息を抑える方法

最後の項では、キャッシング利用時に利息を抑える方法について詳しく解説していきます。

毎月多めに返済する

キャッシングの場合、最低返済額が決まっています。そのため、基本的には最低返済額を滞りなく支払っていれば問題はありません。しかし、それだとなかなか元金が減らないため、いつまでも利息を支払うことになってしまいます。

このような事態を避けるためには、毎月多めに返済して、早く元金を減らすことがポイントです。

繰り上げ返済を行う

毎月多めに返済することが難しい時は、定期的に繰り上げ返済することをお勧めします。一気に元金を減らすことができるため、おのずと利息額を抑えることにが可能です。

ちなみに、キャッシングの場合、返済日は毎月決まっています。つまり、繰り上げ返済を行う際は、月に2回支払うことになるのです。また、繰り上げ返済の手続きが必要となるため、少々手間が掛かります。

とはいえ、利息額を抑えるためにも、積極的に繰り上げ返済をしましょう。

早期完済を目指す

早めに完済することができれば、おのずと利息額を抑えることができます。そのためには、頻繁に借り入れをしないことがポイントです。キャッシングの場合、借入期間を短くすることができれば利息は安く済みます。

つまり、短期で完済できる程度の金額のみ、キャッシングした方が良いのです。限度枠いっぱいまで常に借入していると、いつまで経っても完済できないため注意してください。

金利が低いキャッシングを利用する

クレジットカードによって、キャッシングの金利はやや異なります。複数枚クレジットカードを持っている場合は、最もキャッシングの金利が安いクレジットカードを利用するようにしましょう。

「たった数パーセントくらい違っても利息は変わらない」と考えがちですが、最終的に支払うことになる利息額は大きく変わってくるものです。参考までに、実質年率15%・18%で10万円キャッシングした際の利息額を計算してみます。

JCBの場合(最低返済額は10,000円)

実質年率15%:7,656円
実質年率18%:9,187円

2,000円ほど異なることがわかります。キャッシングする金額が高額になるほど、利息額の差は開いていくものです。以上のことからも、金利が低いキャッシングを選択して賢く利用するようにしましょう。

【番外編】ATM 手数料に気をつける

ほとんどの場合、コンビニ ATMや複数の銀行などのATMを利用して借入や返済ができます。注意したいのは、ATM手数料が発生することがある点です。特にコンビニATMの場合、200円程度の手数料が掛かってしまいます。

ATMを利用するたびに手数料が発生してしまうと、利息額を抑えた意味がなくなってしまうものです。ですから、キャッシングを利用する前に、「どのATMを使って借入や返済を行うか?」「ATM手数料はどのくらい掛かるのか?」調べておきましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる