表示中のページ: ホーム > キャッシングの基礎知識 > キャッシングの年齢制限は満20歳~69歳まで。年齢制限のないキャッシングはありません!

キャッシングの年齢制限は満20歳~69歳まで。年齢制限のないキャッシングはありません!

キャッシングを利用する場合、いくつかの条件を満たさなければなりません。その中の1つが年齢制限です。満20歳~69歳までとなっているケースが目立ちますが、なぜ年齢制限があるのでしょうか。

そこでこの記事では、キャッシングの年齢制限について詳しくまとめてみました。また、キャッシングの審査に通りやすい年齢はあるのか、年齢制限のないキャッシングは存在しない理由についてもお伝えしていきます。

キャッシングの年齢制限は大体「満20歳~69歳」まで

結論から言いますと、キャッシングの年齢制限はおおよそ「満20~69歳」までとなっています。金融機関ごとでやや異なりますが、参考までに以下の表をご覧ください。

金融機関名 年齢条件
消費者金融 アコム 20歳以上
プロミス 20歳以上69歳以下
アイフル 20歳以上
取引中に満70歳になると融資中止
SMBCモビット 20歳以上69歳以下
銀行 三井住友銀行カードローン 20歳以上69歳以下
三菱UFJ銀行バンクイック 20歳以上65歳未満
イオン銀行カードローン 20歳以上65歳未満
オリックス銀行カードローン 20歳以上69歳未満
信販会社 三井住友プラチナカード 満30歳以上
JCBカード 満18歳以上
エポスカード 満18歳以上
オリコカードCREST 満20歳以上

年齢の上限が決まっていない金融機関もありますが、目安としては65歳前後までです。なお、ひと昔前は55歳までが主流でした。

しかし、法律改正により60歳未満の定年制が廃止されてから、状況は変わってきたのです。安定した収入を得る60歳以上が増えたため、それに伴いほとんどの金融機関は申込条件の年齢を55歳から65歳前後に変更しました。

つまり、時代の流れによって、貸し付け条件の年齢は変わっていく傾向にあるのです。

なぜキャッシングには年齢制限があるの?

キャッシングに年齢制限が設けられている理由は、大きく分けると2つあります。

未成年の場合、返済能力がないケースが多いから
一定の年齢を超えると年金のみとなるケースが多く、貸し倒れのリスクが高まるから

まず1つ目ですが、ほとんどのキャッシングでは満20歳から利用可能としています。なぜ、満20歳以上にしているのかというと、未成年への融資は少々厄介だからです。

そもそも、未成年者は収入的に安定しているとは言えない年齢だといえます。収入が安定していないと、すぐに返済に窮する可能性が高いものです。また、未成年者がお金を借りる場合、一部の例外を除き、必ず親の同意が必要となります。

同意を得ずに未成年者が自己判断で融資を受けた場合、のちに未成年者または親が借金の無効を主張すると、借金を取り消すことが可能です。

現存利益での返還義務は発生するものの、借りたお金を全て使い切っているときは、返済のしようがないため返済義務は発生しません。

このような背景があることから、金融機関はあらゆるリスクを懸念して、未成年に対して融資は行っていないのです。

続いて2つ目ですが、近年は60歳以上になっても働く人が増えました。しかし、65歳を超えると年金のみで生活する人が増えていきます。収入が激減するケースが多く、そのようなタイミングでお金を借りると「返済が苦しい」という事態に陥りやすいのです。

また、平成30年版高齢社会白書によると、日常生活を問題なく過ごせる健康寿命は、「男性72.14歳」「女性74.79歳」でした。

つまり、上記の年齢前後になると、病気やケガなど何らかの原因で日常生活を送ることが難しくなり、収入が年金のみとなる可能性が考えられるのです。そのため、貸し倒れのリスクを考え、上限年齢を70歳未満とする金融機関がほとんどとなっています。

なお余談ですが、年齢制限ギリギリでお金を借りた場合、「年齢制限を過ぎると借入できなくなるのか?」「一括返済を求められるのか?」気になる人は多いようです。

まず、新たな借入ができるのかについては、金融機関ごとで様々です。アイフルのように、満70歳で新規借入停止となることもありますし、引き続き借入できるケースもあります。

また、返済に関してですが、一括返済を求められることありません。決まった金額を月々返済していくことになります。ですから、安心してキャッシングを利用してください。

20歳未満(未成年)がキャッシングの申込みをするのは難しい

前項で触れたとおり、20歳未満の未成年者がキャッシングの申込みをすることは困難です。以前は未成年者に対しても融資をする金融機関はありましたが、返済不能となるケースが相次ぎました。

訴訟にまで発展したケースもあったため、金融機関は次第に未成年者への融資を控えるようになったのです。

では、未成年者がお金を借りたいときは、どうしたらよいのでしょうか。方法としては2つあります。1つは、クレジットカードのキャッシングを利用する方法。もう1つは、学生用のキャッシングサービスを利用する方法です。

そのうち、おすすめなのは、クレジットカードのキャッシングを利用する方法だといえます。次項で詳しく見ていくことにしましょう。

20歳未満ならクレジットカードが最適!

未成年でお金を借りたいときは、クレジットカードのキャッシングを利用する方法が最も有効です。おすすめする理由は3つあります。

親の同意は必要なもののキャッシングより説得しやすい
学生用のクレジットカードを提供する信販会社が多い
審査がそれほど厳しくない

まず1つ目ですが、キャッシングでお金を借りるというと、親を説得することは少々難しいところがあります。しかし、クレジットカードを作るとなると、理由によっては親の同意が得られやすい側面があるものです。

また、2つ目に関してですが、学生用のクレジットカードを提供する信販会社は少なくありません。信販会社が学生向けにサービスを提供することには理由があります。

返済不能となった場合、親から回収できる
社会人になってからも利用してもらえる可能性が高い

上記の理由があるため、学生用クレジットカードを提供する信販会社は比較的簡単に見つけることができるのです。

キャッシングの利用限度額は10万円程度と少額ですが、3つ目で取り上げた「審査がそれほど厳しくない」という理由からも、お金を借りたいならクレジットカードを作ることをおすすめします。

キャッシングの審査に通りやすい年齢ってあるの?

この項では、キャッシングの審査に通りやすい年齢について、詳しく見ていくことにします。

まずは、以下のグラフをご覧ください。こちらは、日本貸金業協会が公式サイトで公開しているグラフとなります。対象者は6,790 千人です。

参照:日本貸金業協会公式サイト

上記のグラフから、男女ともに40代の人が利用していることがわかります。また、60歳以降は減少しているといえそうです。

40代は収入が比較的安定している人が多く、給料もそれなりにもらっているケースが多いため、審査に通りやすい年齢と考えることができます。

なぜなら、キャッシングの審査の際に重視されるのは、収入の安定性だからです。実際に金融機関の公式サイトをチェックすると「安定した収入があること」「定期収入があること」と明記されていることがあります。

とはいえ、上記の資料だけで40代が審査に通りやすいとは言い切れません。そこで、もう1つ資料をご覧ください。こちらは、アコムが発表した年齢別の利用者数です。

20~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60歳以上 合計
男性
277,680
266,968
252,839
176,101
116,965
1,090,553
女性
96,355
84,233
96,131
69,855
46,756
393,330

アコム「平成29年度有価証券報告書」

男女共に、20~29歳の利用者が多いことがわかります。とはいえ、20~49歳の人数は、それほど大きく変わりません。

利用者数だけで判断できないところはあるものの、40代の利用者が突出して多いわけではないことを考えると、「審査の通りやすさ」に年齢はほぼ関係ないといえそうです。

ただし、50代以降の利用者が極端に少なくなっているのが気になります。なぜなら、先ほどのグラフにて、30代と50代の利用者数がほぼ同数となっていたからです。

つまり、金融機関によっては、50代以降の審査は厳しめに行っている可能性が考えられます。そういった意味では、20~49歳までの方が、比較的審査に通過しやすいといえそうです。

今回の事例はあくまでもアコムの場合に限定されますが、消費者金融では最大手の企業ですので、他の金融機関もほぼ同様の傾向にあると考えてよいかもしれません。

以上のことから、以下2つのことがいえます。

20~49歳なら審査に通過しやすい傾向にある
50代以降は審査に通過しづらい可能性がある

一概に年齢だけで「審査に通過しやすい」とはいえないものの、収入が安定しており20~49歳までであれば、キャッシングに審査に通過する可能性は高いといえます。

年齢制限なしのキャッシングは存在しない!

「年齢制限なしで利用できるキャッシングがあればいいのに」と、思ったことはないでしょうか。実際のところどうかというと、年齢制限なしでキャッシングを利用することはできません。

なぜなら、どのような金融機関も貸し付け条件で年齢を定めているからです。年齢条件を満たしていない場合、申込みをすることはできません。

ちなみに、キャッシングの貸し付け条件は、年齢以外にもいくつか設けられていることがあります。

安定した収入があること
年金以外に収入があること
保証会社の保証を受けることができること
金融機関が設定している規定を満たしていること
年収が〇万円以上であること

これらの条件は、金融機関によって異なります。金利が低く、審査が厳しい金融機関ほど条件が多いものです。

また、条件を満たしていたとしても、勤続年数、雇用形態、職業、居住年数、他社借入状況など、審査時に細かくチェックされます。つまり、年齢条件だけを満たしていればよいわけではないのです。

闇金などの悪徳業者だと、上記の内容を無視して貸付をしているため、お金を借りることは可能ではあります。しかし、借金地獄に陥ることになるため、安易に利用してはなりません。

以上のことからも、年齢制限なしでキャッシングを利用することはできないのです。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる