表示中のページ: ホーム > キャッシングの基礎知識 > 振込キャッシングとは?サービスの仕組みや利用方法を徹底解説!

振込キャッシングとは?サービスの仕組みや利用方法を徹底解説!

振込キャッシングというサービス名を聞いたことはありますか?文字通り、お金を借りる際に振込をしてもらうことができるサービスですが、利便性が高いとして利用者が増えています。

これまでも振込みによる融資は存在しましたが、振込キャッシングは振込融資とやや異なるものです。そこで今回は、振込キャッシングについて詳しくまとめてみました。併せて、申込み方法、即日振込をしてもらう方法も解説していきます。

振込キャッシングってどんなサービス?

振り込みキャッシングとは、自分が指定した銀行口座に、直接振り込んでもらうことが出来るキャッシングサービスのことを指します。主な特徴は以下のとおりです。

銀行口座を利用するときと見た目が変わらない

普段使い慣れている銀行口座からお金を引き出すことができるため、キャッシングしていることが周囲にバレづらいという特徴があります。

通帳を記帳した際、どこから振り込まれたのかで家族にバレるのではないか?と心配する人がいますが、金融機関ごとで対応は異なるものです。一切、金融機関名を出さないキャッシングもあるため、そのようなところを利用しましょう。

年齢層が高い人でも気軽に利用できる

インターネットに接続できる環境があれば、時間や場所を選ばず、お金を借りることができます。ネット経由というと、年齢層が高い方は嫌煙してしまいがちですが、操作が簡単なため初めての方でも安心です。

限度額の範囲内で何度もお金を借りることができる

銀行のローンとは異なり、限度額の範囲内で何度も借入することができます。また、最低返済額さえ返していれば滞納扱いとはならないため、出費が多い月は最低返済額で返済するなど、調整することが可能です。

振込みキャッシングを利用する時にかかる振込手数料は原則無料

振込キャッシング利用時、振り込んでもらうときに手数料が掛かりますが、ほとんどの場合は、金融機関に手数料を負担してもらうことができます。

ただし、振込返済に関しては、自分で手数料を負担するケースが多いため、その点だけ注意が必要です。

振込キャッシングの申込み方法はとても簡単

振込キャッシングの申込み方法は、ほとんどのは場合3~4パターンほど用意されています。ネット上で完結することも可能ですし、よくわからないときは電話で話をしながら手続きを進めることもできるのです。

また、公式サイト上で丁寧に案内されていることが多いため、手続き方法がわからず迷ってしまうことはまずありません。

以上の要点を押さえておけば、振込キャッシングがどのようなサービスなのか、おおよそ把握できるはずです。それでは続いて、申込み方法について見ていくことにしましょう。

振込キャッシングの申込み方法とは?

この項では、振込みキャッシングの申し込み方法について、詳しく見ていくことにします。
金融機関ごとで申し込み手順にやや違いはありますが、基本的な流れは以下のとおりです。参考にしてください。

申込み専用画面から申込みをする

振込キャッシングを利用するためには、まずキャッシングの契約を締結する必要があります。各金融機関の公式サイトをチェックすると、必ず申し込み専用画面への案内がありますので、手順に従って手続きを進めてください。

なお、勤務先や年収、他社からの借入件数など、いくつかの内容を申告することになりますが、全て誤りがないようにしましょう。申告内容を誤ってしまうと、その分手続きが遅くなってしまいます。

必要書類を提出する

借入希望額が50万円以下の場合は、本人確認書類を提出します。その他に、必要となる書類はありません。逆に借入額が50万円を超える場合は、収入証明書を提出することになります。

もしくは、返済能力に不安があると判断された場合も、収入証明書を提出することがあるようです。なお、例外として、モビットのWeb完結について簡単に触れておくことにしましょう。

モビットのWeb完結とは、申込み、契約、審査、在籍確認、借入、返済の全てをネット上で完結することができるサービスです。そのためか、一般的なキャッシングとは異なり、提出する書類に違いがあります。

必要書類の内容を以下にまとめますので、参考にしてください。

本人確認書類(免許証/パスポートのいずれか)
収入証明書
勤務先を証明出来る書類

審査

大手消費者金融の振込キャッシングは、審査時間が最短30分です。ただし、提出書類や申込み内容に不備があったりすると、審査に時間が掛かることがあります。

もしくは、営業時間終了ギリギリに連絡してしまうと、翌営業日の対応となることもしばしばです。

契約手続きを行う

無事に審査に通過したら、ネット上で契約を締結します。必ず案内がありますので、手順に従って対応すれば問題なく契約手続きを行うことができるはずです。

スマホやパソコンから振り込み依頼をする

スマホやパソコンから専用サイトにアクセスし、振込融資の依頼をします。即日融資を希望する場合、受付時間が14時までなど制限があるため、注意してください。

振込完了

振込のタイミングは、「何時までに依頼したか」によって異なります。振込依頼から早ければ数分ほどで入金されるようです。

即日で振込キャッシングを利用するには?

即日で振込キャッシングを利用するためには、全ての手続きを終える必要があります。ここでいう全ての手続きとは、以下のとおりです。

キャッシングの新規申込み
指定された必要書類の提出
審査
キャッシングの契約締結
振込の依頼手続き

つまり、上記のすべての手続きを終えない限り、即日で振込キャッシングを利用することはできません。参考までに、アコムとプロミスの対応状況を表にまとめました。まずはこちらをご覧ください。

金融機関名 申込み方法 受付時間 借入方法 即日融資
締め切り時間
アコム
ネット
年中無休 振込み/ATM 【振込み】
楽天銀行/0:10~23:50
ゆうちょ銀行/平日14:00まで
銀行・信用金庫/平日14:30まで

【ATM】
当日カード 発行必須
窓口:平日18時まで
自動契約機:22時まで
アコムATM/00:00まで
提携ATM/金融機関によって異なる
店頭窓口
平日9:30~18:00(原則)
自動契約機
年中無休8:00~22:00
※年末年始は休み
電話
年中無休
プロミス
ネット
24時間365日 振込み/ATM 【振込み】
三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行/24時間
みずほ銀行/平日14:50まで

【ATM】
プロミスATM/24:00まで
提携ATM/金融機関によって異なる
店頭窓口
平日のみ 10:00~18:00
自動契約機
平日・土日祝 9:00~22:00
電話
平日・土日祝 9:00~22:00

アコムの場合、振込融資に関しては新規契約に限り以下のとおりとなっています。

対象の銀行:三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行/三井住友銀行
受付時間:平日18時まで
振込実施時間:当日19時まで

なお、「即日振込」にこだわるのであれば、14時までに振込依頼まで済ませてるしかありません。

一方、プロミスの場合ですが、平日14時までに手続きを終えないと即日振込にはならないようです。公式サイトで詳しく案内されていますので、一通り目を通しておきましょう。

今回は、アコムとプロミスのみですが、他の消費者金融が提供する振込キャッシングでも、対応時間は決まっています。ほとんどの場合、平日14時までの対応です。詳細は、事前に問い合わせて確認しておいてください。

振込キャッシング5つのメリット

この項では、振込キャッシングを利用する5つのメリットについて解説していきます。詳細を以下にまとめましたので、参考にしてください。

家族など周囲の人にバレづらい

全てネット上で完結するため、周囲の人にバレる心配はまずありません。郵送物に関しても時間を指定したり、別の住所に送ってもらうなど、臨機応変に対応してもらうことができます。

時間や場所に縛られず手続きを行うことができる

受付時間に縛りはあるものの、基本的には24時間365日いつでも申し込むことができます。また、店舗まで出向く必要はありませんし、ネットで手続きを終わらせることができるため、空き時間などを活用して都合が良いときに申込みをすることが可能です。

振込手数料が掛からないことがある

振込キャッシングを利用する際、振込手数料が発生しないことがあります。とくに大手の消費者金融の場合、振込手数料0円としているケースがほとんどです。

ただし、「どの金融機関の口座に振り込んでもらうか?」によって手数料が変わってくることがあります。詳細は必ず公式サイトで案内されていますので、チェックしておきましょう。

すべてネットで完結できることがある

繰り返しとなりますが、借入から返済まですべてネットで完結出来ます。また、返済状況などもすべてネットでチェックできますし、返済日を事前にお知らせしてもらえるサービスなどもあるため、うっかり返済を忘れるようなことはありません。

普段利用している銀行口座からお金を引き出せる

振込対応している銀行口座は、ほとんどの場合、メガバンクや規模が大きな銀行ばかりです。コンビニATMも含まれていますが、いずれにしろ使い慣れている口座に振り込んでもらうことができます。

そのため、安心感がありますし、いざ引き出すときにATMの操作に迷うことはありません。

土日でも振込キャッシングを利用するにはどうしたらいい?

結論から先に言いますと、土日に振込みキャッシングを利用することはかなり難しいものです。なぜなら、土日祝日は銀行が営業していないため、そもそも振込キャッシングに対応できないことが関係しています。

つまり、土日祝日に振込キャッシングの依頼をしても、振り込まれるのは翌営業日となってしまうのです。ただし、例外があります。

アコムの場合、楽天銀行の口座を指定すれば、平日だけに限らず土日祝日でも振り込んでもらうことができるのです。

受付時間帯は0:10 0 23:50となっており、受付完了から約1分後に楽天銀行の口座に振り込まれます。

残念ながら新規申込み時は対応していませんが、すでに契約を締結しているのであれば、振込先を楽天銀行口座にしてみてはいかがでしょうか。

それから、プロミスでもアコムと同様のサービスを提供しています。「瞬フリ」と呼ばれるサービスです。一体どのようなサービスなのか、次項で詳しく見ていくことにしましょう。

プロミスが提供!振込キャッシング「瞬フリ」ってどんなサービス?

プロミスが提供する「瞬フリ」とは、簡単にいうと振込みキャッシングのことです。指定した口座に24時間365日、すぐに振り込んでもらうことができます。ただし、注意したいのは、24時間対応している銀行が限定されることです。

以前は三井住友銀行とジャパンネット銀行のみ24時間に対応していたため、少々不便でした。しかし、2018年10月9日、全国銀行データ通信システムの稼働時間が拡大されたことを受けて、24時間振込み可能な金融機関が増えたのです。

2019年1月現在、先の2行のほか、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行でも24時間対応しています。厳密にいうと、受付時間は0時から24時まで、受付から約10秒で指定した口座に振り込んでもらうことが可能です。

瞬フリサービスを利用する際に指定できる金融機関は、上記でお伝えした4行だけに限りません。他にも利用できる金融機関は存在します。

ただし、申込みをしてからすぐに振り込まれるのは、平日のみとなっているのです。また、時間帯に制限があるため、平日でも遅い時間帯などは翌営業日の対応となってしまいます。

そのため、利便性を重視するなら、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを利用することをお勧めします。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる