表示中のページ: ホーム > キャッシングの基礎知識 > キャッシングの借入限度額は年収で決まる?

キャッシングの借入限度額は年収で決まる?

キャッシングの審査のとき、「年収が限度額に影響を与えることはあるの?」と気になったことはありませんか?一見、年収が高い方が多額の資金を融資してもらえそうですが、必ずしもそうとは限らないことがあります。

そこで今回は、キャッシングの借入限度額と年収の関係性について、徹底調査してみました。また、初心者でもわかるように、キャッシングの利用限度額の決まり方、限度額は年収で変動するのかなどに関しても、詳しくお伝えしていきます。

キャッシングの利用限度額はどうやって決まるの?

キャッシングの利用限度額は、以下2つによって決まります。

審査結果
金融機関の社内規定

1つ目から見ていくことにしましょう。利用限度額は、審査結果でほぼ決まるものです。申込時に勤務先の企業情報、職業、雇用形態、勤続年数、居住年数などを申告しますが、限度額を決めるときはそれらの情報(属性という)を判断材料としているのです。

続いて2つ目ですが、金融機関は「どのような人に、どのくらい融資するか」を決めています。この決まりのことを社内規定といいます。金融機関の社内規定は一般公開されていませんが、金融機関の種類によって傾向はあるものです。

例えば、消費者金融の場合、アルバイトやパートなど低収入でも審査に通過しやすかったり、借入件数が2~3件あっても融資可能なことがあります。一方、銀行カードローンの場合、どちらかというと属性が良い方が審査に通過しやすいものです。

また、審査の際は必ず個人信用情報機関に借入状況を照会し、返済遅延の有無、他社借入件数と金額などを確認しています。その結果も、社内規定に沿って判断し、融資可否や限度額を決めているのです。

なお、一般的な傾向となりますが、どのような金融機関も初回融資額は50万円以下となることがほとんどだといえます。なぜなら、新規契約時は取引実績がないことから、少額だけ融資をしてしばらく様子を見たいからです。

例外もありますが、初めから50万円以上融資をしてもらうことは、簡単なことではありません。それから、もう1つ触れておきたいのは、貸金業法に関する規定についてです。

以下2つのうちいずれかに該当する場合、「年収を証明できる書類」を提出しなければなりません。

1社から50万円以上借りる
他の貸金業者から借入している金額と合計して100万円を超える

上記は法律で決まっているため、例外はありません。厳密にいうと「総量規制」と呼ばれる法律も関係しているのですが、その点については別の項で詳しく触れます。いずれにしろ、上位2つのいずれか、または両方に該当するときは厳しく審査をするということです。

貸金業者としては、できるだけお金を貸して利益を上げたいと考えています。ですから、スピーディーに融資を行うためにも、初回限度額は50万円以下として「年収を証明できる書類」を提出しなくても良いようにしているのです。

以上のことから、キャッシングの利用限度額は「審査結果」「金融機関の社内規定」でほぼ決まるものの、初回は最大50万円までとなるケースが多いと押さえておきましょう。

キャッシングの限度額は年収で変動するの?

結論からいいますと、キャッシングは年収によって限度額は変動するものです。ただし、貸金業者(消費者金融・クレカのキャッシング)と銀行カードローンでは、お話がやや異なります。

まず貸金業者の場合ですが、「総量規制」を厳守しなければなりません。「総量規制」とは、年収の1/3を超える融資を禁止する法律のことです。具体例を用いながら、もう少し詳しく見ていくことにします。まずは以下の表をご覧ください。

金融機関名 限度額
アコム
1万円~800万円
プロミス
1万円~500万円
アイフル
1万円~800万円
SMBCモビット
1万円~800万円
三井住友銀行カードローン
10万円~800万円
三菱UFJ銀行バンクイック
10万円~500万円
イオン銀行カードローン
10万円~90万円
オリックス銀行カードローン
800万円
三井住友プラチナカード
5万円~90万円
100万円~300万円
JCBカード
1万円~100万円
エポスカード
1万円~50万円
オリコカーCREST
10万円~500万円

こちらは、キャッシングサービスを提供している金融機関の限度額をまとめたものです。例えば「アコムから100万円借りたい!」と考えていたとしましょう。他社からの借入は一切ないとします。その場合、最低でも年収300万円が必要です。

「でも、アコムは800万円まで融資できるって言ってるけど?」と思うかもしれませんが、800万円は融資可能な上限額というだけで、誰に対しても融資を行っているわけではありません。

そもそも、800万円の融資を受けるためには、最低でも年収2,400万円が必要となります。このことからもわかるとおり、貸金業者からお金を借りる場合、限度額は年収によってほぼ決まってしまうのです。

一方、銀行系カードローンの場合は、銀行法と呼ばれる法律が適用されることになっており、総量規制のような規定はありません。そういった意味では、キャッシングの限度額が年収によって決まることはないといえます。

ただし、近年は銀行系カードローンによる多重債務が増え、社会問題となりました。その影響からか、銀行側は積極的な貸付を控えているのが現状です。どちらかというと、貸金業者のように「年収の1/3程度」を限度額の上限として貸付する傾向にあります。

以上のことから、金融機関の種類に関係なく、キャッシングの限度額は年収で変動すると押さえておきましょう。

適用金利は限度額で変動する!

キャッシングにおける適用金利は、限度額によって変動する仕組みです。金利の決まり方は大きく分けると2つあり、金融機関によって違いがあります。

利用限度額ごとで金利が決まるパターン
借入額ごとで金利が変わるパターン

1つ目ですが、こちらは銀行系カードローンによく見られるパターンです。契約時に限度額が決まった際、その限度額に合わせて金利が決まる仕組みとなります。

例えば、200万円借りたとしましょう。金利は8%だったとします。この場合、1万円を借りても、200万円を借りても、金利は8%です。限度額が変わるまで、契約した際の金利が適用されます。

2つ目ですが、こちらは消費者金融やクレカのキャッシングによく見られるパターンです。借入額によって金利は変動します。金融機関ごとで金利はやや異なりますが、基準となっているのは利息制限法、出資法の2つです。

出資法では年率20%までとなっているものの、注目したいのは利息制限法となります。

10万円未満:実質年率20%まで
10~100万円まで:実質年率18%まで
100万円以上:実質年率15%まで

つまり、元金によって利息の上限は決まっており、金融機関は利息制限法の範囲内で自由に金利を決めることができるのです。

一般的な消費者金融の場合、限度額100万円未満は年率18%、限度額100万円以は年率15%が適用されるケースが目立ちます。

以上のように、金融機関によって違いはありますが、いずれにしろ適用金利は限度額で変動することを押さえておきましょう。

利用限度額の増額、減額について

利用限度額は、契約時に決められた金額のまま使い続けるわけではありません。増額・減額されるケースがあります。それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

利用限度額が増額されるケース

利用限度額が増額されるケースは2つあります。

契約中の金融機関から増額の案内が来た
自ら金融機に増額を依頼した

まず1つ目ですが、金融機関は利用実績が良い顧客を定期的にリストアップしています。利用実績とは、定期的に借入をしつつ、遅延なく返済しているという実績のことです。

どのくらい利用実績を積めばよいかは金融機関によりますが、早ければ3ヶ月ほどで「増額できますがどうしますか?」といった連絡が入ります。

なお、増額の連絡は、電話、ハガキ、メールのいずれかで連絡が入るものです。基本的には、電話連絡が多いといえます。

増額を希望した場合、すぐに審査が行われますが、そこで審査に落とされることはほとんどないようです。

次に2つ目ですが、自分で金融機関に増額の依頼をすることもできます。増額の申請方法は金融機関によって異なるため、事前にチェックしておきましょう。

多くの場合、公式サイト、メール、アプリ、電話、来店にて増枠申請が可能です。審査にはそれほど時間は掛かりませんが、長くても数日程度で審査の結果を教えてもらうことができます。

なお、自ら増額申請をした場合、利用状況や他社借入状況などによっては、増額審査に落とされることがあります。そのため、返済の遅延をしないことはもちろんのこと、最低でも3ヶ月から6ヶ月利用実績を作ってから増枠の申請をしましょう。

利用限度額が減額されるケース

利用限度額が減額されるケースですが、こちらも大きく分けると2つあります。

自ら減額を希望した
利用状況が思わしくなく金融機関に減額された

基本的に、自分で減額を依頼するケースはあまりないといえます。とはいえ、つい使い過ぎてしまう人の中には、自ら問い合わせて減額を依頼することがあるものです。

続いて2つ目ですが、何度も返済に遅れていたり、他社借入額・件数が増えて総量規制に抵触しそうになっていたりなど、利用状況が思わしくない時は減額されてしまいます。

なぜ、利用状況がバレてしまうのかというと、金融機関は定期的に途上与信を行っているからです。途上与信とは、利用中に行われる審査といってもよいかもしれません。利用状況に問題はないか、定期的にチェックしているのです。

途上与信で引っかかった場合、何の前触れもなく突然減額されてしまいます。前もって連絡を貰えるわけではないため、利用中に「減額された!」ということに気づくケースがほとんどです。一度減額されてしまうと、元の限度額に戻すまでには相当の時間を要します。

ちなみに、自ら増額の申請をした際、そのときの審査結果が思わしくなく減額されるケースも多々あるものです。

いずれにしろ、このような事態に陥らないためにも、計画的にキャッシングを利用して、減額されないように気を付けましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる