表示中のページ: ホーム > キャッシングの基礎知識 > ネットキャッシングとは?メリット・デメリットについて徹底解説

ネットキャッシングとは?メリット・デメリットについて徹底解説

ネットキャッシングとは、文字どおりネットでキャッシングすることです。とはいえ、いくつかの種類があり、サービス内容にやや違いがあることから、サービス内容が大変わかりづらくなってます。

そこで今回は、ネットキャッシングについて詳しくまとめてみることにしました。サービスの概要、種類別のネットキャッシングの選び方、ネットキャッシングのメリットやデメリットなど詳しく解説しましたので、ぜひ参考にしてください。

ネットキャッシングってどんなサービス?

キャッシングとは、ネット上から直接融資の申込みができる便利なサービスのことです。代表的な特徴を3つ挙げると、以下の通りとなります。

融資申込をネットで完結できる
銀行口座からお金を引き出すように気軽に利用できる
所定時間内であれば、瞬時に融資してもらえる

ようするに、今まで自動契約時機や店頭窓口で対応していた手続きを、すべてネット上で行うことができるのです。

また、ネットキャッシングを利用する方法は難しくありません。普段からパソコンやスマホなどを利用している人であれば、操作に困るとはないのです。

ちなみに一般的なお話となりますが、ネットキャッシングを利用する際は、専用のサイトにアクセスし申込み手続きをするだけです。最短数分で指定した銀行口座に振り込んでもらうことができます。

【種類別】ネットキャッシングの選び方4つ

一言でネットキャッシングといっても、全部で4種類あります。この項では、ネットキャッシングの種類別に分けながら、選び方について詳しく見ていくことにしましょう。

メガバンク

メガバンクとは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のことを指します。この3行に関しては、ネットキャッシングだけに限らず、普段窓口で行っている銀行取引もネットで完結できるケースがほとんどです。

主な特徴を以下にまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。

特徴

ブランド力がある
金利が低いため長期借入向き
キャッシングを利用していることがバレにくい
利用者が多いこともあり使い勝手がよい
審査の難易度がやや高い
高額融資を受けることは難しい
総量規制の影響を受けることがない

ここで1つ簡単に細くします笑一番最後の総量規制というのは、貸金業法で定められているルールの1つです。「貸金業者は契約者に対し、年収の1/3を超える融資を行ってはならない」という規則となります。

銀行の場合、貸金業者には該当しないため総量規制は適用外です。ただし、近年は銀行カードローンの多重債務が社会問題になっていることもあり、年収の1/3を目安に融資が行われることがあります。

三菱UFJ銀行バンクイックの商品概要を以下に記載ました。参考にしてください。

三菱UFJ銀行バンクイック

項目 詳細
年率 1.8%~14.6%
利用限度額 500万円
審査時間 最短翌営業日以降
融資までの時間 カード発行日の翌営業日以降
または審査結果しだい
備考 WEB完結は24時間対応
テレビ窓口、電話申込も可能
ATM手数料無料
振込による借入可能

ネット銀行

ネット銀行とは、例えば、セブン銀行、オリックス銀行、イオン銀行提供しているサービスのことです。年々利用者が増えていることもあり、すでに利用したことがある人は多いかもしれません。主な特徴は以下のとおりです。

特徴

大きくわけると2つに分類される
営業に縛りがない
同じ銀行内であれば24時間リアルタイムで振込可能なことがある
創業からそれほど時間が経っていない銀行が多い
口座開設を要することがある
審査の難易度はそれほど高くはない
家族に内緒で利用することができる
すべてネット上で完結できるため便利

一点のみ補足します。ネット銀行は、大きく分けると「店舗を持たないネット専業の銀行」「商業施設と連携している銀行」の2つとなります。詳細は以下のとおりです。

店舗を持たないネット専業の銀行
楽天銀行、オリックス銀行、住信SBIネット銀行など
商業施設と連携している銀行
セブン銀行、イオン銀行

業務内容に大きな違いはありませんが、営業の形態がやや異なるのです。基本情報として押さえておいてください。

なお、今回は楽天銀行の商品概要を表にまとめました。こちらも併せて参考にしてください。

楽天銀行カードローン

項目 詳細
年率 1.9%~14.5%
利用限度額 800万円
審査時間 数日かかることがある
融資までの時間 数日かかることがある
備考 楽天会員ランクによって審査優遇あり
コンビニATM手数料0円(例外あり)
アルバイト・パート利用可能
楽天銀行の口座開設不要
楽天スーパーポイント最大30,000ポイントもらえる

クレジットカード系

クレジットカード系のキャッシングは、大きく分けると2つあります。1つはカードローンタイプ、もう1つはクレジットカードに付帯されているキャッシング機能タイプです。ここでは、後者をキャッシングとして扱うことにします。

一般的に、クレジットカードのキャッシング機能は、カード申込み時に付帯するか、後から追加で付帯することができるものです。審査に関しては、ショッピング枠と別に行われます。その他の特徴は以下の通りです。

特徴

金利は消費者金融よりやや低い
審査スピードはそれほど早くはない
銀行系より金利がやや高いため短期借入向き
高額融資は期待できない
周囲にバレにくい
カード会社が提供しているため信頼性が高め
クレジットカードの限度額、ショッピングの利用枠によって借入可能額は変動する

ちなみに、ほとんどのクレジットカード会社がキャッシングを提供しています。参考情報として、JCBのキャッシングサービスの概要を以下にまとめました。

他のクレジットカード会社のキャッシングも、おおよそ以下のような内容となります。

JCBのキャッシング

項目 詳細
年率 15.0%~18.0%
ザ・クラス会員は14.1%
利用限度額 最大100万円
審査時間 3営業日~3週間
すでにカードがあるときは通常1~2週間
融資までの時間 キャッシング枠があればCD・ATMから24時間借入できる
キャッシング振込みサービスは、平日14:30までが当日対応
備考 キャッシング1回払いからキャッシングリボ払いに変更できる
キャッシングリボ払い残高を一括払いできる
審査必須
年会費がかかることがある
ATM手数料が掛かる
振込みによる借入可能

消費者金融系

最後は、消費者金融系です。近年は、キャッシングではなく「カードローン」と呼ばれるケースが増えています。とはいえ、サービス内容は同じです。大手消費者金融だけに限らず、中小消費者金融もキャッシングサービスを提供しています。主な特徴は以下のとおりです。

特徴

金利が高い
総量規制の影響を受ける
高額融資は難しい
審査通過率が高い
即日融資が可能
周囲にバレてしまうことがある
ネット完結できるところであればコッソリ利用できる
電話なしの在籍確認に対応してもらえることがある
最近はネット上ですべて手続きが可能となってきている

なお、今回は参考までにSMBCモビットのサービス内容を表にまとめました。SMBCモビットに限らず、大手消費者金融のサービス内容は、以下の表とほぼ違いはありません。

SMBCモビット

項目 詳細
年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
備考 Tポイントが最大3,900ポイントもらえる
カードローン+クレジットカード一体型あり
三井住友銀行ローン契約機利用可能
三井住友銀行ATM手数料が0円
ネット完結なら原則、電話連絡なし

ネットキャッシングのメリットとは?

この項では、ネットキャッシングのメリットについて詳しく見ていくことにします。まずは以下をご覧ください。

事前に返済シミュレーションをすることができる
取引情報はネットから全て確認できる
セキュリティ対策が万全
周りにバレる可能性が極めて低い
ATMまで足を運ぶ必要がない
即日借入に対応していることがある
制限はあるものの24時間借入できることがある
利便性が高いため誰でも簡単に利用できる
銀行のローンよりも審査が厳しくない
無担保、無保証人で利用できるケースが多い

ネットキャッシングの最大のメリットは利便性の高さです。煩わしい手続きに時間を取られることはありませんし、時間や場所に関係なく利用できます。

また、借入だけでなく返済もネットで完結できるため、利用時に面倒くささを感じることはありません。なお、利用明細については、ネット上で閲覧できるようになっているケースがほとんどです。

そのため、郵送物が直接自宅宛に届いて、ネットキャッシングの利用が家族にバレる心配はほぼありません。

ネットキャッシングのデメリットって何?

前項では、ネットキャッシングのメリットについて解説しました。この項ではメリットについてご紹介していきます。まずは以下をご覧ください。

振込み融資時に利用できる銀行口座が指定されていることがある
契約完了後のみ郵送物が送られてくることがある
手続き可能な対応時間を過ぎると、融資が翌営業日になることがある
即日融資を希望するなら早い時間帯に申し込む必要がある
利便性が高いため使い過ぎることがある
サービス品質は金融機関ごとで様々
即日対応可能なところは金利が高い
長期借入向きではない

先に述べた通り、ネットキャッシングは利便性が高いサービスですが、それが故に多額の借金を抱えてしまいがちです。

また、どちらかというと、短期的に少しだけお金を借りたいときに利用するサービスとなっています。

そのため、「高額な融資を受けたい」「時間を掛けて少しずつ返済したい」「金利はできるだけ低い方がいい」などの要望があるときは利用を控えた方が賢明です。

急いでいるならネットキャッシング!即日融資が可能

これまでネットキャッシングについて詳しく解説してきましたが、つまるところ「急いで融資を受けたいとき」は、ネットキャッシングが最も適しています。

なぜ、ネットキャッシングが適しているといえるのか、3つの理由を取り上げながら詳しく見ていくことにしましょう。

平日14時頃までに手続き完了なら即日融資OKなところが多いから

そもそもネットキャッシングの場合、申込み自体は24時間365日行われています。ただし、即日融資を希望するのであれば、平日のお昼頃までに手続きを完了する必要があるのです。

おおよそ14時頃までにネットキャッシングの手続きを済ませておけば、即日融資を受けることができます。なお、ネットキャッシングによっては、「18時までに手続きを終わらせれば、即日融資可能!」なこともあるものです。

そのため、利用前に必ず公式サイトの情報をチェックしておきましょう。

大手消費者金融なら最短30分審査だから

キャッシング申込み時の審査スピードは、キャッシングサービスの種類ごとで異なります。その中で、最も早いのは消費者金融系です。アコムやプロミスなどの大手であれば、最短30分で審査は完了します。

また、申込みから借入までに掛かる時間は1時間から2時間ほどと言われていますので、今すぐお金が必要なときに便利です。

なお、銀行系、信販系の場合、即日融資は行っていません。審査に関しても、回答が翌営業日以降となりますので、今すぐ借りたい方には不向きです。

借入の手続きから融資までに掛かる時間が短いから

審査の結果は、大体ネットや電話で知らされることになります。その後、すぐに借入をしたいときは、ネット上から借入の申込みをするだけで、指定口座に振り込んでもらうことができる仕組みです。

キャッシングサービスによっては、ほんの数分程度で指定した口座に振り込んでもらえるため、待ち時間がほぼありません。

1つだけ注意したいのは、ほとんどのキャッシングサービスで「即日融資の受付時間」に制限を設けていることです。

銀行の営業時間に合わせて設定されているケースが多いため、遅くとも14時までに借入の申請を済ませておいた方が安心できます。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる