表示中のページ: ホーム > キャッシングの基礎知識 > 収入証明書不要のキャッシングはあるのか?収入証明書が必要なケースとは?

収入証明書不要のキャッシングはあるのか?収入証明書が必要なケースとは?

キャッシングの申込み時に、収入証明書を提出することがあります。一般的には本人確認書類のみで問題ないものの、できれば収入証明書を提出せずにキャッシングしたいものです。とはいえ、収入証明書不要のキャッシングはあるのでしょうか?

そこで今回は、キャッシングと収入証明書(年収証明書)の関係性について詳しく調べてみました。また、どのようなときに収入証明書を提出するのか、収入証明書とはどのような書類なのか等もあわせてお伝えしてきます。

キャッシング審査で収入証明書類が必要になるのはどんなとき?

キャッシングの申込みをして審査を受ける際、一般的には本人確認書類くらいしか提出しません。ただし、申込みの状況によって、収入証明書を提出することがあります。収入証明書とはどのような書類なのか、詳しくみていきましょう。

そもそも収入証明書とはどんな書類?

収入証明書とは、文字どおり自分の収入を証明する公的な書類のことです。キャッシングの場合、「給与所得者」「給与所得者以外」の違いによって、必要となる収入証明書は異なります。

給与所得者

公務員、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートなど、企業に勤めていて給料をもらっている場合、給与所得者となります。有効とされる収入証明書は、以下のとおりです。

給与明細書
源泉徴収票
納税証明書その2
確定申告書の第一表
課税証明書

なお、一般的なお話となりますが、「収入の金額や所得の金額が分かるか?」「直近年度の情報なのか?」という2点を押さえていれば、上記のうちどの書類でも大丈夫です。

給与所得者以外

自営業などで給与以外の所得を得ている人は、給与所得者以外となります。収入証明書として認められるのは、以下の書類です。

確定申告書第一表
青色申告決算書の控え
収支内訳書の控え
納税証明書その2

なお、確定申告書の第一表と課税証明書については、税務署の受領印が必要となります。わざわざ税務署に出向く必要はなく、確定申告が終わったら税務署から控えが戻ってくるものです。その書類を収入証明書として利用すれば問題ありません。

収入証明書が必要になる3つの理由

収入証明書が必要となる場合、それには3つの理由があります。順番に見ていきましょう。

貸金業法で決まっているから

消費者金融やクレカのキャッシングの場合、貸金業法を厳守しています。その中で、以下のルールが定められているのです。

「貸付時50万円を超える場合、または貸金業者からの貸付総額が100万円を超える場合は、源泉徴収票などの提出を求めなければならない」

上記の内容に関しては、貸金業法を厳守している金融機関の公式サイト内で、必ず案内されています。法律で決まっていることですので、「収入証明書を提出したくない!」などと拒否することはできません。

収入の安定性などを確認したいから

審査の際、収入安定性や返済能力に不安があると判断された場合、融資希望額が50万円以下、または借入総額が100万円以下だったとしても、収入証明書を提出することがあります。

一般的に、収入証明書の提出を求められるケースはほぼありませんが、すでに他社から借り入れをしているときは提出することがあります。なぜなら、総量規制と呼ばれる法律に抵触する恐れがあるからです。

総量規制とは、「貸金業者は、年収の1/3を超える貸付をしてはならない」という法律のことを指します。

審査の際に、申込み内容や個人信用情報に記録されている借入状況を確認し「融資はできるけど、総量規制に抵触しない範囲で貸し付けたい」といった判断が下された場合、年収を正確に把握するため収入証明書の提出を求められることがあるのです。

過去に収入証明書を提出しており一定期間経過している

過去に収入証明書を提出している場合、3年おきなどに改めて最新の収入証明書を提出することがあります。金融機関によって対応は分かれますが、ここでも総量規制に抵触しないように配慮しているのです。

詳細は公式サイトで案内されていますので、必ず目を通しておきましょう。

収入証明書が必要になる借入金額はどのくらい?

この項では、大手金融機関ごとの「収入証明書が必要になる借入金額」について見ていきます。まずは以下の表をご覧ください。

金融機関名 収入証明書が必要となる借入額
アコム
利用限度額が50万円以上
プロミス
利用限度額が50万円以上
アイフル
利用限度額が50万円以上
SMBCモビット
利用限度額が50万円以上
三井住友銀行カードローン
利用限度額が50万円以上
三菱UFJ銀行バンクイック
利用限度額が50万円以上
イオン銀行カードローン
申込時に提出済み
オリックス銀行カードローン
原則、利用限度額が50万円以上

ご覧いただくとわかるとおり、ほとんどの金融機関が「利用限度額50万円以上」のときに収入証明書を必須としています。イオン銀行は、利用限度額に関係なく新規申込時に提出する仕組みです。

なお、銀行が提供するカードローンの場合、貸金業法ではなく銀行法が適用されます。銀行法では、「〇万円以上貸し付けた場合、収入証明書が必要」などと決まっていないため、銀行によって対応は分かれます。

ただし、2017年頃から銀行カードローンの過剰融資が問題となり、上記の表のとおり「利用限度額50万円以上」を目安に収入証明書の提出を求める銀行が増えてきました。

以上のことから、基本的には「借入金額50万円以上」になると収入証明書が必須になると押さえておけば問題ありません。

収入証明書不要のキャッシングってあるの?

結論からいうと、収入証明書不要のキャッシングはあります。ただし、これまで解説してきたとおり、「借入額50万円以下」という条件付きです。

先に触れたとおり、銀行系カードローンは法律で特に決まっていないため、50万円を超えても収入証明書の提出を求めない可能性はありますが、定かではありません。

また、収入証明書不要で借入できることを強調する金融機関の多くは、闇金や悪徳業者くらいしかないものです。安易に借りてしまうと、借金地獄に陥り取り返しのつかないことになります。

以上のことからも、収入証明書不要でキャッシングを使いたいなら、正規の貸金業者・銀行カードローンを利用し、借入額は50万円以下に留めておきましょう。

借入のときに提出が必要な収入証明書の種類について

借入時に収入証明書の提出を求められた場合、一体どのような書類を提出すればよいのでしょうか。すでに「そもそも収入証明書とはどんな書類?」の項で少し解説しましたが、ここではプロミスを例に挙げながら詳しく見ていきます。

まずは以下をご覧ください。プロミスの公式サイトで案内されている「収入証明書の種類」の一覧です。

参照:プロミス公式サイト

間違えやすいのは、上記のうち「1点のみ」提出すればよいことです。また、「最新」であることも重要なポイントとなります。その他に注意すべきところはありません。

金融機関ごとで、収入証明書の種類はやや異なるものです。正しい情報を把握するためにも、事前に各公式サイトをチェックしてください。

収入証明書発行の手続きの流れ

収入証明書を発行する場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。1つずつ見ていくことにしましょう。

給与明細書:勤務先から受け取ることができます
源泉徴収票:勤務先から受け取ることができます
納税証明書その2:税事務所や税務署で発行
確定申告書の第一表:確定申告が終わったら控えが手元にある
課税証明書:市区町村役場で発行
青色申告決算書の控え:確定申告が終わったら控えが手元にある
収支内訳書の控え:確定申告が終わったら控えが手元にある

繰り返しとなりますが、収入証明書は1点だけでよいため、最も入手しやすい書類を提出してください。

例えば、収入証明をキャッシング業者に提出する際、「納税証明書」など発行に手間が掛かる書類を出す必要はありません。それよりも、比較的入手しやすい(もしくはすでに手元にある)給料明細や源泉徴収票を提出しましょう。

一方、給与所得以外の人(自営業など)は、確定申告書の控えなどがベストです。

収入証明書を提出する方法とは?

収入証明書を提出する方法は、各金融機関で異なります。代表的な方法は以下のとおりです。

スマホアプリ
公式サイト
郵送
FAX
窓口提出

上記のうち、最も簡単なのはスマホアプリです。スマホカメラを使って収入証明書を撮影し、そのデータをそのまま送信するだけです。

公式サイト経由で提出する方法も便利ですが、スマホカメラなどで撮影した収入証明書の写真をパソコン内に一旦取り込み、そのあと提出するという手間が掛かります。そのため、スマホアプリを活用した方が便利です。

この項では、参考までにアコムの提出方法についてご紹介します。アコムの提出方法は、全部で5パターンです。

会員ページから提出

会員サイトにログインすると、メニュー内に「アップロードでご提出」という項目があります。そちらの画面へ進むと収入証明書の写真データをアップロードすることが可能です。操作は簡単ですので、画面の案内に従って操作してください。

スマホアプリから提出

予めandroidやiPhoneのアプリをダウンロードしておき、そのアプリを起動して「書類提出」機能を開きます。あとは収入証明書をカメラで撮影して、そのデータをアップロードするだけです。

FAXで提出

収入証明書の写しを、アコム宛てに送信します。FAX番号は「0120-32-2345」です。なお、余白部分にアコムの会員番号(8桁)を記入してください。

店頭・又は自動契約機から提出

収入証明書の控えまたはコピーを持参し、直接店舗に持参する方法もあります。自宅最寄りのアコム店舗を検索したい場合は、アコムの公式サイトからチェックしてください。

郵送による提出

アコム店舗に郵送専用の封筒があるため、そちらを利用して収入証明書のコピーを郵送します。

以上がアコムの提出方法でした。スマホアプリや自動契約機の利用可否は金融機関ごとで違うものの、おおよそアコムと同様の方法で提出できます。とはいえ、収入証明書を提出する際は、事前に公式サイトを確認しておきましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる