表示中のページ: ホーム > キャッシングの基礎知識 > キャッシング利用可能な提携ATMの営業時間を徹底比較

キャッシング利用可能な提携ATMの営業時間を徹底比較

提携ATMからキャッシングをする場合、提携ATMの営業時間や対応状況を確認しておく必要があります。基本的に大きな違いはないものの、利用中のカードが使えなかった場合、別のATMを探すなど手間が掛かるからです。

そこで今回は、キャッシング利用可能な提携ATMについて、詳しくまとめてみました。コンビニに設置されている提携ATMの基本情報、提携ATMの営業時間、提携ATMの利用方法なども併せてお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

利用できるATMはカード会社ごとで異なる!

キャッシングの借入・返済方法はいくつかあります。中でもメジャーなのは、ATMを利用する方法です。キャッシングを提供する金融機関によって、利用可能なATMは異なります。

自社ATM以外のATM(提携)を利用したいときは、詳細情報を事前にチェックしておきましょう。それでは次項で、キャッシング利用可能な提携ATMについて詳しく見ていくことにします。

キャッシング利用可能な提携ATMとは?

まずは、主要金融機関9社のキャッシング可能な提携ATMから見ていくことにします。まずは以下の表をご覧ください。

金融機関名 セブン銀行 E-net ローソン 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 ゆうちょ銀行 イオン銀行
三菱UFJ銀行
カードローン
バンクイック
×
×
×
三井住友銀行
カードローン
×
イオン銀行
カードローン
アコム
×
×
プロミス
アイフル
×
×
JCB
楽天カード
セゾンカード

各金融機関で、利用できるATMに違いがあることがわかります。イオン銀行カードローンのように、ほとんどのATMに対応していることもありますが、中には三菱UFJ銀行バンクイックのように提携ATMが限定されることもあるのです。

また、1つ注意したいことがあります。提携ATMによって、手数料が発生することがあります。

一般的に、借入金額が1万円以下の場合は108円。借入金額が1万円を超える場合は216円の手数料が発生します。

振込キャッシングや自社ATMなら手数料は掛かりませんが、提携ATMを使うときは手数料にも注意しましょう。

なお、上記の情報は、各金融機関の公式サイトで案内されています。利用前に目を通しておくようにしましょう。

各コンビニに設置してあるATMについて

最近のコンビニには、必ずといって良いほどATMが設置されています。コンビニごとで設置されているATMに違いがあるため、事前にチェックしておくことが重要です。参考までに、各コンビニに設置してあるATMの種類をご紹介します。

コンビニ名 設置してあるATM
セブンイレブン セブン銀行ATM
ファミリーマート E-netのATm
ゆうちょ銀行ATM
ゼロバンク銀行ATM
バンクタイムATM
ローソン ローソン銀行ATM
ミニストップ イオン銀行ATM
E-netのATM
セイコーマート イオン銀行ATM
E-netのATM

上記の内容がベースとなりますが、実際のところ各地域やコンビニによってやや違いがあります。事前に調べておきましょう。

また、ATMの利用が可能だったとしても、借入できる金額が1万円からとなっていたり、利用可能な金額に制限が設けられていることもあります。併せて事前に調べておくようにしてください。

コンビニ提携ATMの利用可能時間を徹底比較!

コンビニ提携ATMによって、キャッシングが可能な時間帯は異なります。そこでこの項では、各コンビニATMの営業時間を調べてみました。

コンビニATM 営業時間
セブン銀行 原則24時間年中無休
※23時50分~翌0時10分までは利用不可
※セブンイレブンの店舗によって営業時間が変わることがあるため、事前に調べておきましょう。
ローソン銀行 原則年中無休
※店舗によって営業時間はやや異なる
E-net 原則24時間年中無休
※23時50分~翌0時10分までは利用不可
※店舗ごとで営業時間が異なることがあります。また、一部のATMはキャッシング1回払いのみ利用可能です。
ファミリーマート
設置のATM
ゆうちょ銀行ATM、ゼロバンクATM、バンクタイムATMの営業時間は、各店舗によって異なります。

以上、コンビニごとでキャッシングできる時間はやや異なります。あとから慌てないためにも、利用したいATMの営業時間について事前に把握しておきましょう。

コンビニATMを利用するときの手順

コンビニATMを利用する際、借入・返済によって利用手順(方法)はやや異なります。あくまでも一般的なお話となりますが、借入・返済の方法について詳しく見ていくことにしましょう。

コンビニATMから借入する方法

ATMにカードを挿入する
暗証番号を入力する
借入ボタンを選択する
返済方法が表示されたときはキャッシング、1回払いなどを選択する
借入する金額を入力する
利用明細と現金を受け取る

以上が借入方法の基本的な手順でした。なお、④に関しては、ATMによって異なります。カードローン、リボ払い、一括払い、リボキャッシングなど、文言が違うことがあるものです。

詳細は、ATMの公式サイトやコンビニの公式サイトをチェックしておきましょう。

コンビニATMから返済する方法

お預け入れボタンを選択
暗証番号を入力する
カードまたはローン一部返済ボタンを選択
返済するお金をATMに入れる
利用明細が発行される

以上が返済方法の基本的な手順でした。ちなみに、先程と同様ATMによってATMの画面上に表示される文言は異なります。ATMの公式サイトやコンビニの公式サイトで案内されていますので、わからないことは直接調べておきましょう。

何時までに申し込めば即日借入できるの?

キャッシングサービスを提供している金融機関によって、何時までに申込みをすれば即日借入できるかは異なります。今回はアコムを例に挙げながら、詳しく見ていくことにしましょう。

アコムの場合、申込み方法は6つあります。

ネット申込み
店頭申込み
自動契約機からの申込み
電話申込み
FAX申込み
郵送申込み

上記のうち、即借入が可能なのは郵送申込み以外の5つです。即日キャッシングしたい場合、何時までに申し込めばよいのか1つずつ見ていくことにしましょう。

ネット申込み

ネット申込みの場合、即日借入の方法は2つあります。

ATMから借入する
振込融資を利用する

ATMから借入をする場合、店頭または自動契約機でカードを発行する必要があります。それぞれの営業時間内に手続きが終われば、アコムATMまたは提携ATMから借入が可能です。

営業時間
店頭窓口 平日9時30分~18時まで(土日祝日休み)
自動契約機 8時~22時まで(年中無休)
提携ATM 各金融機関のATMによって異なります。ただし、コンビニATMなら、ほぼ24時間借入が可能です。
アコムATM 24時間営業しています。ただし、店舗によって営業時間が変わることがあるため注意してください。また、毎週月曜日の午前1時から5時まではメンテナンスのため利用不可です。

続いて振込融資を利用する場合ですが、新規契約時のみ「三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行」は平日18時まで振込融資申込みが可能です。また、振込が実施されるのは当日の19時までとなっています。

また、アコム公式サイトで案内されていた、振込申込み時間、振込実施時間は以下の表のとおりです。参考にしてください。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行
月曜 ~ 日曜・祝日
0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
月曜
0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜
0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝日
0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 19:59 受付完了から1分程度
20:00 ~ 23:49 翌日 9:30頃
振込実施時間拡大
(モアタイム)金融機関
月曜 ~ 金曜
0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 17:29 受付完了から1分程度
17:30 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日
0:10 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
その他金融機関
(コアタイム)
月曜 ~ 金曜
0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 14:29 受付完了から1分程度
14:30 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日
0:10 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃

参照:アコム公式サイト

店頭申込み

店頭申込みの場合、即日借入を希望するときは平日18時までに手続きを終える必要があります。また、借入方法は「振込融資」「ATM」です。今すぐ借入したいのであれば、その場でカードを発行してATMから借入することをおすすめします。

ATMの営業時間に関しては、ネット申込みで述べた内容と同様です。

自動契約機からの申込み

自動契約機から申込みをする場合、土日祝日を含む22時までにすべての手続きを終える必要があります。また、借入方法は「振込融資」「ATM」のいずれかです。店頭申込みで述べたとおり、急いでいるときはカードを発行してATMから借入をしてください。

電話申込み

電話申込みの場合、2パターンに分かれます。

パターン1:アコムプッシュホンサービス

電話申込みをした場合、「振込み」「ATM」から借入することが可能です。振込みによる借入を希望する場合、受付時間や振込実施時間は以下の表のとおりとなります。

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日
0:10~9:00
当日 正午頃
9:00~14:00
当日 15:00まで
14:00~23:50
翌営業日 正午頃
土・日・祝
0:10~23:50
翌営業日 正午頃

参照:アコム公式サイト

利用する金融機関によって振込実施時間は変わるため、事前に確認しておきましょう。また、ATMから借入をする場合、カードを発行しなければなりません。22時までに自動契約機まで出向き、カードを発行してから借入をしましょう。

パターン2:アコム担当者と直接やりとりする

アコムの担当者と直接やりとりをしながら、申込み手続きを進めることもできます。その場合も、先に述べた「アコムプッシュホンサービス」の概要と大きな違いはありません。

ただし、振込みによる借入を希望する場合、受付時間や振込実施の目安時間にやや違いがあります。詳細は以下の表のとおりです。

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日
9:00~14:00
当日 15:00まで
14:00~18:00
翌営業日 正午頃
土・日・祝
9:00~18:00
翌営業日 正午頃

参照:アコム公式サイト

ちなみに、すべての申込み方法に共通していることですが、新規契約時に振込融資を希望する場合、平日しか対応してもらえません。そのため、土日祝日にすぐ借入したいときは、カードを発行してATMより借入をしましょう。

また、在籍確認が取れない場合、即日融資は困難です。審査結果によって、週明けに在籍確認をするという条件付きで少額融資が可能なこともありますが、ケースバイケースです。そのため、できるだけ平日に申込みをしてください。

FAX申込み

FAXから申込みをする場合、平日14時までに必要書類(契約書、本人確認書類など)を送付する必要があります。時間に遅れてしまうと、即日融資が難しくなることがほとんどです。

また、借入方法は振込融資、ATMからの借入を選択できますが、ATM利用時はアコムの店頭または自動契約機まで取りに行く必要があります。

話がややこしくなるため、急いでいるときはFAX申込み以外の方法を選択しましょう。

以上が、アコムで即日融資を受ける際の受付時間でした。他の金融機関の場合も、アコムと同様に受付時間は決まっているものです。

特に振込融資を希望する場合、曜日や時間帯によって翌営業日対応となる可能性があるため、各金融機関の公式サイトをチェックしておきましょう。

平日の朝一で申込みをする
借入を希望する日の前日夜にネットから申込みをしておく

上記2つのうち、いずれかを選択することで借入までがスピーディーになります。早めの行動を心掛けてください。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる