表示中のページ: ホーム > キャッシングの基礎知識 > キャッシングの使い道は自由?失敗しないキャッシングの使い方(資金用途)

キャッシングの使い道は自由?失敗しないキャッシングの使い方(資金用途)

初めてキャッシングを利用する際、使い道は自由なのか気になったことはないでしょうか。
実際のところ、キャッシングの使い道は比較的自由です。しかし、いくつか注意しておきたいことがあります。

そこで本記事では、キャッシングの使い道に制限はあるのか、詳しくまとめてみました。最後までお読みいただくことで、どのような使い道なら審査に通過しやすいのか、キャッシングの使い道として申告してはならない内容とは何なのかがわかります。

キャッシングの使い道(資金用途)に制限はない?

キャッシングの使い道は、一部の使途を除き特に決まっていません。これは、消費者金融、クレジットカードのキャッシング、銀行系カードローンともに同様です。

そのため、比較的自由な使途で利用することができます。参考までに主な使途を項目ごとにまとめました。まずはこちらをご覧ください。

名目 主な使途
生活費 ・自動車などの税金
・光熱費や通信費(相場以上の金額)
・家電の買い替え
など
交際費 ・付き合いでの旅行や飲食費用
・贈答品、お見舞い、お祝いの費用
・帰省費用
など
教育費 ・学校の授業料
・習い事の費用
・学校行事に関連する費用
など
医療費 ・急な手術、入院、治療費用
・薬代
など
冠婚葬祭 ・結婚式、葬式の費用
・七五三、成人式などの費用
など
遊興費・娯楽費 ・習い事や趣味で使う物品の購入費用
・旅行費用
・買い物費用
など

ご覧いただくとわかるとおり、おおよそどのような事にも使えることがわかります。中には判別しづらい使途もありますが、「浪費」と判断されない限り問題はないといえます。

ところで、冒頭で述べたとおり「一部の使途」でキャッシングの利用を希望する場合、審査に通過することは困難です。具体的に、どのような使途が禁止されているのか、次項で詳しく見ていくことにしましょう。

事業性資金、ギャンブル、投資などに使うのはダメ!

結論から言いますと、事業性資金、ギャンブル、投資などに使用することは禁止されています。

ただし、事業性資金に関しては、各金融機関で対応が分かれるものです。たとえば、アコム、プロミス、アイフルなどの消費者金融、信販会社の一部では、キャッシングと別に「事業性資金用のローン」を提供しています。

また、銀行系カードローンの場合も、別途事業性資金用のローンを提供しており、カードローンでは事業性資金の融資を行っていません。

なお、ギャンブル、投資の使途に関しては、どの金融機関も融資をしていないのが現状です。なぜこれらの使途で、キャッシングを利用することはできないのでしょうか。次項で詳しく見ていくことにしましょう。

投資・ギャンブルなどに使ってはいけない理由

投資やギャンブル、浪費などでキャッシングを使用する場合、「破産する可能性が高い」とみなされがちです。ようするに、返済能力がなく自己破産する可能性が高いと、キャッシングを使用することはできません。

また、これらの使途でこっそり借金をした場合、自己破産をしても「免責不許可事由」となります。つまり、自己破産後も借金は残ってしまうのです。このような事情もあることから、上記の使途でキャッシングをすることは困難だといえます。

ただし、1つ例外があります。投資の場合、自己破産をしても借金は残ってしまいますが、ギャンブルの場合は別です。

一度目の自己破産であれば、免責不許可事由とはならないことがあります。ケースバイケースではあるものの、一度だけなら免責が下りるということです。

とはいえ、必ず免責が下りるとは限りませんので、投資やギャンブルなどの破産する可能性が高い使用使途でキャッシングを利用しない方が無難だといえます。

他社借入の返済に充てるためキャッシングするのもダメ!

各金融機関の公式サイトでは案内されていないことがほとんどですが、他社借入の返済に充てるため、キャッシングを利用することも禁止されています。

借入理由で正直に話してしまうと、審査に通過することはありません。なぜなら、自己破産する可能性が高いからです。先程のギャンブルや投資などの使用使途とは異なり、自己破産した場合、借金はチャラになります。

その場合、金融機関は損害を被ってしまうことになるものです。このような背景があることから、そもそも金融機関は融資を一切行っていませんし、返済に充てるためにキャッシングを利用することはできません。

なお、他社借入の返済に充てるためキャッシングを使用している人は、意外に多いのが現状です。特に住宅ローンやクレジットカードのショッピング(リボ払い)の支払いに追われて、キャッシングから借り入れる人は少なくありません。

そのため、申込み時にうまく誤魔化すことができたとしても、のちに返済できなくなる可能性が高いことを把握しておくことが重要です。

キャッシングの有意義な使い道3つ

キャッシングは、使い方さえ間違わなければ大変便利なサービスです。どのような使用使途でキャッシングを利用すると有意義な使い方となるのか、具体的に見ていくことにしましょう。

短期間だけ利用する

消費者金融、クレジットカードのキャッシング、銀行系カードローンは、いずれも銀行融資を比較すると金利が高めです。そのため、長期的な借入には向いていません。

短期間だけ借入してすぐに返済できる場合のみ、有意義に利用することができます。たとえば、立て続けに友人の結婚式が続き、その月だけ生活が苦しい場合などに使用すると便利です。

無利息期間内に完済できるときだけ利用する

消費者金融系のキャッシングの場合、初回利用時のみ30日間の無利息期間が設定されていることがあります。その場合、30日以内に完済すれば利息は一切掛かりません。

つまり「少額だけ借入をする」「30日以内に完済できることがわかっている」という条件が揃っているときにキャッシングを利用すると、負担なく有意義に利用することができます。

急な出費の穴を埋めるときだけ利用する

キャッシングを利用する際は、急な出費の穴埋めをするときだけ利用しましょう。なぜなら、生活費などの固定費の支払いでキャッシングを利用すると、借金地獄に陥りやすいからです。

そもそも、毎月の生活費が不足している状態で借金をするわけですから、その時点で家計は赤字の状態となっています。それにもかかわらず、キャッシングから借入をすると、更に家計は赤字に陥ってしまうものです。

突然の病気、冠婚葬祭、子どもの教育費など、やむを得ない事情でお金が必要となり、すぐに完済できる場合のみキャッシングを利用しましょう。

キャッシングの危ない使い道3つ

キャッシングには、危ない使い道があります。代表的なものを3つ取り上げながら、詳しく見ていくことにしましょう。

高額な商品などを購入するために使用する

高額な商品やサービスなどを購入するために、キャッシングを利用することは危険です。高額な利息を支払うことになるため、おすすめできる借入方法ではありません。

例えば、アコムで30万円借入し、年利18%で24回払いにしたとしましょう。その場合、月々の支払いは14,977円ですが、利息総額は59,441円です。

このくらいなら大きな負担にはならないと感じるかもしれませんが、銀行融資の方が少ない利息で借入できます。

参考までに、みずほ銀行から固定金利で借入した場合を見ていくことにします。みずほ銀行の場合、借入する日によって金利は変動します。2019年2月現在、保証金を前払いしたときの固定金利(2年払い)は2.50%です。

アコムの事例と同様に30万円を借り入れた場合、月々の返済額は12,828円、利息総額は7,864円となります。

このことからもわかるとおり、高額な商品などを購入する際は、利息負担が大きいキャッシングを利用しない方が良いのです。

免責不許可事由に該当する目的で使用する

先に触れたとおり、免責不許可事由に該当する目的でキャッシングを利用することは止めましょう。例えば、ギャンブルや投資などが該当します。

申込み時に虚偽の申告をして別の借入理由を伝えており、後に実際の使用目的がバレた場合、一括返済を求められることがあります。

それだけでなく、自己破産をすることになっても、そのまま借金は残ってしまうため、自分のクビを絞めるだけです。

長期借入目的で使用する

長期借入目的でキャッシングを利用することも避けた方が無難です。長期借入とは、1年を超えて返済しなければならない借入のことを指します。

なぜ、長期借入目的で使用することは避けた方が良いのかというと、利息額が大きく膨らむからです。たとえ10万円ほどの少額だったとしても、高額な利息を支払うことになります。

例えばアコムで10万円借入して1年で完済した場合と、2年で完済した場合を比較してみましょう。なお、金利は年率18%とします。

10万円/1年で完済⇒月々返済額9,167円/利息総額10,011円
10万円/2年で完済⇒月々返済額4,992円/利息総額19,808円

ご覧いただくとわかるとおり、2年払いの方が月々の返済金額の負担が少なくて済みますが、利息総額は1年払いの約2倍です。

以上、これまで解説したとおり、長期借入目的で使用すると利息負担が大きくなるため、キャッシング利用は避けた方が良いといえます。

キャッシング審査に通過しやすい使い道とは?

キャッシングの審査に通過しやすい使い道ですが、こればかりは金融機関ごとで判断は異なります。そのため、一概に「このような使い道だと、審査に通過しやすい」とはいえません。

ただし、1つだけ押さえておきたいことがあります。「浪費」という心象を与えない使い道だと、審査に通過しやすいということです。

例えば、家電製品の故障による買い替え費用、突然の帰省に伴う交通費などは、浪費という心象を与えることはほぼありません。

一方、判断が難しいのは旅行費やレジャー費用です。厳しい金融機関の場合、お金の使い方が荒い、生活が苦しい可能性がある、貯金がほぼない可能性があるとして、審査に通過しないことがあるようです。

ここでのポイントは、「借りてもすぐに返済できる金額かどうか」「すでに他社から借入している場合、借入総額、返済遅延の状態はどうか」だといえます。

すぐに完済できるのか?

10万円程度の借入希望額であれば、短期借入で完済することが十分可能なため、比較的審査に通過しやすいようです。実際に、アコムが提供するデータによると、初期融資額は15万円ほどですので、よほどのことがない限り審査に落とされる可能性は低いといえます。

他社からの借入状況はどのような状態なのか?

他社借入がある場合ですが、これには総量規制と呼ばれる法律が関係してきます。総量規制とは、年収の1/3を超える融資を行ってはならないという法律のことです。

例えば、年収300万円の場合、総額100万円までキャシングできることになります。ようするに、他社から借り入れていたとしても、年収の1/3以下の状態であれば、審査に通過することがあるのです。

一方、返済遅延に関しては、一度でもあると審査に落ちるケースがほとんどとなります。

以上、基本的にキャッシングの使い道に細かな制限はありません。しかし、「浪費」という心象を与えない使い道がキャッシング審査の際に有利です。これからキャシングの申込みをする際は、ぜひ参考にしてください。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる