表示中のページ: ホーム > キャッシングの審査 > キャッシング審査の不安を解消!審査に通るコツを徹底解説!

キャッシング審査の不安を解消!審査に通るコツを徹底解説!

キャッシングの審査に通るか、不安を感じたことはありませんか?すでに他社から借金をしている人ほど、大きな不安を感じてしまうものです。安心して申込みをするためにも、「審査に落ちやすい人」「審査に通過しやすい人」の特徴を押さえておきましょう。

そこで今回は、キャッシング審査の概要についてまとめてみました。審査に通る5つのコツや、審査なしで借入できるキャッシングは存在するのかなど詳しく解説しています。

キャッシングの審査に落ちやすい人の5つの特徴

キャッシングの審査に落ちやすい人には、いくつかの特徴があります。この項では、代表的な特徴5つを取り上げながら、詳しく見ていくことにしましょう。

他社からの借入額が多い

すでに他社から借入がある場合、キャッシングの審査に落ちてしまうことがあります。借入額によって異なりますが、一般的には「年収の1/3を越える借金」があると審査で落とされるケースが多いようです。

これは、貸金業者に対して定められている「総量規制」が深く関係しています。総量規制とは、年収の1/3を越える融資を行ってはならないという規則のことです。貸金業登録している金融機関は厳守しなければなりません。

つまり、借入額が年収の1/3前後だと、キャッシングの審査に落ちやすいのです。なお、銀行系のキャッシングの場合、総量規制は適用されません。ただし、多重債務が社会問題となったこともあり、年収の1/3を目安とする銀行が増えているようです。

また、銀行が審査を行う際は「返済比率」を重視しますが、ここでひとつ注意したいことがあります。

カードローンやクレジットのキャシングの契約がある場合、一切借入していなくても全額借入したことを想定した上で審査が行われるケースがあるということです。

このようなケースに該当する際、借入額は関係ありません。カードローンの契約、またはキャッシング(クレカ)の契約が多いというだけで、審査に通過しないことがあるのです。

過去に金融事故を起こしている

金融事故とは、主に以下のことを指します。

名称 概要
長期滞納 クレジットカードやローンなどの支払いが2~3ヵ月以上遅延していること
債務整理 借金の減額または免除の手続きを行っていること
代位弁済 支払を滞納したことにより保証会社などの第三者が立て替えること
強制解約 規約違反などが原因となり、金融機関が契約を解除すること

金融事故を起こしてしまうと、その事実は一定期間「個人信用情報機関」に登録されます。個人信用情報機関は日本国内に3箇所あり、各機関の名称は以下のとおりです。

日本信用情報機構(JICC)
シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター

キャッシングサービスを提供している金融機関は、上記3箇所のうち最低でも1箇所に加盟しています。また、金融事故の情報に関しては、3つの信用情報機関で共有されているため、隠し通すことはできません。

金融事故の情報は一定期間が経過したあと抹消されますが、抹消前に審査を受けると落とされるケースががほとんどです。

借入件数が多い

あくまでも一般的なお話となりますが、他社からの借入件数の平均値は3~5社だといわれています。借入件数が平均値を超えている場合、貸し倒れとなるリスクが高いと判断されやすいため、審査で落とされてしまうケースが多いのです。

ちなみに、契約はしているものの借入を一切していないときは、借入件数としてカウントされることはありません。ただし、借入枠があるということは「いつでも借金できる状態」ともいえます。

そのため金融機関によっては、審査のときに限度額いっぱいまで借入したときのことを懸念して、審査に落とすことがあるのです。

直近の申込み件数が多い

個人信用情報に登録されるのは、現在の利用状況や取引履歴だけではありません。申込み件数や履歴も6ヶ月間登録されます。一般的には、1~2週間以内に2~3件以上同時申込みをしていると、審査に落とされてしまうケースが多いようです。

なぜ審査に落とされるのかというと、「お金に困っているのかもしれない。審査に通したら返済がすぐに滞ってしまうのではないか?」と捉えられがちだからです。

なお、最終申込み日から1~2ヶ月空いていれば、記録が残っていても審査に通過することはあります。

収入が安定していない

基本的に、雇用形態が審査に大きな影響を与えることはありません。雇用形態よりも重視されるのは、「収入が安定している」「返済能力が高い」という2点です。

返済能力の高さに関しては、ほとんどの場合、個人信用情報を見れば予測できますが、収入の安定性については金融機関ごとで定義が異なります。

毎月1回以上収入がある
定期的に収入がある

つまり、コンスタントに一定額の収入がない人は、「収入が安定していない」として審査に落ちやすいといえます。

審査に通りやすいのはどんな人?

この項では、審査に取りやすい人について詳しく見ていくことにしましょう。

返済に遅れたことがない

返済遅延の有無は、個人信用情報機関の記録を見ればすぐにわかります。過去に返済遅延がなく、借入額が少ない人は審査に通過しやすいのです。

毎月の収入が安定している

返済遅延がないだけでなく、加えて収入が安定していると「ちゃんと返済してもらえる」と判断されやすくなります。よって、そのような人は審査に通過しやいのです。

持ち家がある

ほとんどの人は、一軒家やマンションを購入するときにローンを組んでいます。一見、多額の借金を抱えているように見えますが、実際のところそうではありません。持ち家は担保になるからです。

キャッシングを利用するときに、担保を差し出すことはまずありませんが、持ち家があると「返済が困難になったら、持ち家を差し出してもらえば良い」となるため、審査に通過しやすくなる側面があります。

勤続年数が長い

勤続年数が長いということは、月々安定した収入が見込めるといえます。そのため、勤続年数は長ければ長いほど、審査の際に有利となるのです。逆に勤続年数が1年未満だと、審査に通過することは困難だといえます。

クレジットヒストリーに問題がない

クレジットヒストリーとは、個人信用情報機関に登録されている記録のことです。金融事故情報が登録されていないなど、問題がないクレジットヒストリーの場合、審査に通りやすくなります。

審査が不安なときは審査通過率をチェック!

審査に通過するか不安なときは、可能な範囲で審査通過率をチェックしてみましょう。大手消費者金融であれば、ほぼ公開しています。

参考までに、2018年1月~2019年3月の審査通過率は、次のとおりでした。

アコム プロミス アイフル
2018年1月
42.0%
44.6%
45.8%
2月
44.1%
45.9%
45.9%
3月
43.2%
45.6%
46.5%
4月
43.4%
46.4%
44.9%
5月
46.3%
47.3%
48.2%
6月
43.8%
45.7%
46.2%
7月
41.6%
44.6%
45.3%
8月
43.7%
46.4%
46.0%
9月
43.4%
45.9%
46.3%
10月
45.0%
47.0%
45.9%
11月
44.7%
45.9%
45.5%
12月
43.7%
43.4%
42.8%
2019年1月
42.4%
42.0%
43.6%
2月
45.2%
44.4%
45.0%
3月
44.7%
42.9%
42.5%
平均
43.81%
45.20%
45.36%

おおよそ、45%程度の確立で審査に通過することがわかります。なお、審査通過率は月ごとでも変動するものです。 

上記の表を見て頂ければ、大きな違いはないものの、微妙に審査通過率が変動していることがわかります。以上のことから、審査に通過するか不安なときは、以下の2点を押さえておけば多少不安を軽減できそうです。

審査通過率が高い月に申込みをする
消費者金融系のキャッシングなら、2人に1人程度の割合で審査に通過する

キャッシング審査が不安な人は必見!審査に通る5つのコツ

審査に通すためには、いくつかのコツがあります。代表的なコツを5つ取り上げながら、詳しく見ていくことにしましょう。

お試し審査を利用しておく

お試し審査とは、Web上で利用できる無料サービスです。大手の消費者金融、銀行系キャシングの公式サイトで提供されていることがあります。例えばアコムの場合は以下のとおりです。

3秒診断

以下3つの情報を入力するだけで、おおよその融資可否を教えてもらうことができます。ただし、あくまでも目安にしかならないため、気休め程度に利用してください。

年齢
年収
カードローン他社借入状況

アコム以外の金融機関の場合も、入力項目は3~4箇所程度です。入力内容に関しても、アコムとそれほど違いはありません。

希望借入額は少なめにする

希望借入額が少ないと、審査に通過しやすいといわれています。なぜなら、以下の2つの理由があるからです。

貸し倒れのリスクが低い
貸し倒れたとしても損害が小さい

なお、アコムなどの一部の金融機関では、初回貸単価の平均値を公表しています。2019年1月時点の情報によると、最新データ(2018年9月)は152,000円でした。他の月に関しても、おおよそ15万円前後です。

ちなみに、他社もおおよそ同額くらいと考えていて間違いありません。

現在の借入件数や借入額を減らしておく

借入件数や借入額は、キャッシングの審査を受ける前に減らしておいた方が良いといえます。目安は以下の2点です。

確実に審査に通過したいなら2件以下が好ましい(ただし借入額や借入限度額による)
借入額は年収の1/3を大きく下回っていた方が良い

なお、クレジットカードのショッピング、銀行からの借入は除外します。銀行からの借入とは、住宅ローンや自動車ローンなどのことです。

返済実績をつくっておく

すでに借入がある場合、返済実績をつくりましょう。先に述べたとおり、審査の際に重視されることの1つに、返済能力があります。

返済能力の高さは、個人信用情報機関に記録されている「返済実績」を見ればすぐにわかるものです。とくに「返済遅延が一度もない」「何度も完済している」と、高く評価されます。

自分の信用情報を確認しておく

そもそも、なぜキャッシング審査に不安を感じるのかというと、「過去に返済遅延を起こしている」「他社から多額の借入がある」などのネガティブな理由があるからです。

そのため、どうしても不安を感じるときは、自分の個人信用情報に問題はないか、情報開示請求をしましょう。個人信用情報機関に連絡して所定の手続きを行えば、数日から1週間程度で教えてもらうことができます。手数料は1,000円ほどです。

ちなみに、厄介なのは金融事故情報だといえます。以下の表は、各個人信用情報機関が公開している金融事故情報の記録期間です。

名称 JICC CIC 全国銀行
個人情報センター
長期滞納 延滞解消から1年 延滞解消から5年 完済した日から5年
債務整理 任意整理:5年
特定調停:5年
個人再生:5年
自己破産:5年
任意整理/特定調停/個人再生
⇒債務整理後の返済状況のみ登録される

自己破産:5年
任意整理/特定調停
⇒代位弁済として登録される

任意整理:5年
特定調停:5年
個人再生:10年
自己破産:10年
代位弁済
5年
強制解約

上記に該当する情報が記録されていたとしても、表内にあるとおり所定の期間が過ぎれば記録は消えます。

不安を解消した上で申込みをするためにも、まずは自分の信用情報を請求してみましょう。

審査なしで借入できるキャッシングってあるの?

結論から先にいいますと、審査なしで借入できるキャッシングはありません。もしも「審査なし」を謳っている場合、ヤミ金である可能性が高いといえます。

そもそも、なぜ審査が行われるのかというと、キャッシングは個人の信用で成り立っており、無担保・保証人なしで利用できるからです。返済能力がある人に融資を行わないと、貸したお金を回収する手段がありません。

金利を高めに設定してリスクヘッジはしていますが、「ちゃんと返済してもらえそうか?」確認するためにも必ず審査を行っているのです。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる