表示中のページ: ホーム > キャッシングの審査 > 審査が甘い(審査がゆるい)キャッシングって本当にないの?調べてみた!

審査が甘い(審査がゆるい)キャッシングって本当にないの?調べてみた!

銀行ローンと比較すると、キャッシングの審査は甘いといわれることがあります。しかし、ネット上で「キャッシングは審査が甘いとは限らない」といった声を見掛けたことはないでしょうか。実際のところ、正しい情報は何なのか気になるところです。

そこで本記事では、キャッシングの審査の甘さに関する実態を詳しくまとめてみました。また、審査が甘いキャッシングには注意が必要な理由、中小消費者金融の審査は甘くないのか、審査通過率の高さでキャッシングを選んだ方が良い理由などもお伝えしていきます。

審査が甘いキャッシングは本当に存在しないの?

キャッシングの審査基準は、金融機関ごとで異なります。そういった意味では、審査が甘いと感じられるキャッシングは存在するといっても良いかもしれません。ただし、審査が甘いからといって、誰でも審査に通過するわけではないものです。

なぜ、キャッシングで審査が甘いところは存在しないかというと、返済してもらえるかどうかわからない人に、お金を貸す金融機関はないといっても過言ではありません。

キャッシングは、無担保、無保証人で融資を行うため、銀行融資と比較すると審査が甘いように見られがちです。しかし、リスクヘッジとして金利を高くしており、貸し倒れの可能性もしっかりチェックしているため、安易にお金を貸しているわけではないといえます。

特に債務整理をしていたり、自己破産をしていたり、返済遅延などの金融事故を起こしている場合、審査に通過することはないのです。

では、審査が甘いキャッシングは全く存在しないのかというと、そうとも言えないところがあります。次項で詳しく見ていくことにしましょう。

「審査が甘いキャッシング」には十分な注意が必要!!

審査が甘いキャッシングの多くは闇金です。具体的には、以下のような状況に陥ることがほとんどとなります。

少額しか融資をしない
本人確認書を見せただけで簡単に借入できる
信用情報機関に照会して信用情報を確認しない
融資をすると言いながらお金を振り込ませて音信不通となる

また、借入をして返済が滞った場合、どのような手段を使っても返済をさせようとします。それだけでなく、ようやく完済できそうだったとしても、追加で融資を受けさせるなどして、なかなか完済させてもらえません。

金利も高額なことから、少額しか借りていなかったとしても借金地獄に陥ってしまいます。では、このような貸金業者と正規の貸金業者を見分けるためには、どうしたらよいのでしょうか。

手っ取り早いのは、金融庁の公式サイトで公開されている「違法な金融業者に関する情報について(PDF)」「各財務局のホームページと記載されたページ」を確認する方法です。

両者のページでは、闇金の情報が公開されているため、一目でチェックすることができます。もしくは、金融庁が提供している「登録貸金業者情報検索サービス(Webサイト)」を利用すると、正規の業者として登録されているか知ることが可能です。

今すぐにでも融資を受けたい気持ちはわかりますが、後々借金で苦しまないためにも、安易に利用することは避けましょう。

中小の消費者金融だからといって審査は甘くない?

キャッシングを利用する前には、必ず審査があります。消費者金融は大手と中小規模に分かれますが、どちらの場合も審査の基準はほとんど変わりません。つまり、中小の消費者金融だからといって、審査が甘いとはいえないのです。

ただし、ネット上をリサーチしてみると「中小の消費者金融は審査が甘い」といった情報を見かけることがあります。実際のところ、それらの情報は事実なのでしょうか。

結論をいうと、事実とは異なるといえます。そもそも、どのような人が中小の消費者金融を利用するのかというと、大手の消費者金融の審査に落ちた人たちです。

つまり、多重債務であったり、過去に返済遅延などのトラブルを起こしたことがあったりします。そのため、実際のところ大手消費者金融と比較した場合、よりシビアに審査をする中小規模の消費者金融の方が審査通過率が低いことがあるのです。

ただし、大手消費者金融とは異なり、アナログで審査を行っていることから、多少融通が利くことはあります。最終的には、審査担当者や消費者金融の判断次第となりますが、いずれにしろ必ずしも審査がゆるいとはいえません。

それから、もう1つ触れておきたいことがあります。大手、中小規模に関係なく、審査の際は必ず信用情報機関に登録されている情報をチェックされる仕組みです。

信用情報機関とは、クレジットカードやローンなど、借入状況、申込み状況の記録が保管されている機関のことを指します。消費者金融が確認している情報は、以下のとおりです。

年齢
年収
居住形態
勤務先
雇用形態
勤続年数
他社借入件数
借入総額

など

上記の内容を一通り確認し、「収入の安定性」「返済能力」に問題がないと判断が下されて、初めて融資をしてもらうことができるのです。

なお、以下のケースに該当するときは、大手や中小規模の消費者金融に限らず、審査に通過することが難しいケースが目立ちます。

勤続年数が1年未満
雇用形態がパートやアルバイト、自営業など
年収が150万円以下
借入件数が3件以上

以上のことから、大手消費者金融と比較すると借りやすいケースはあるものの、だからといって審査が甘いとはいえないと押さえておきましょう。

「審査の甘さ」よりも「審査通過率の高さ」でキャッシングを選ぼう

キャッシングを利用する場合、審査の甘さだけで借入先を選択すると、後々失敗することがほとんどだといえます。では、何を基準に借入先を選べばよいのかというと、審査通過率の高さで選べばよいのです。

先に述べたとおり、消費者金融ごとで審査の基準は様々です。つまり、審査の通過率に違いがあるということになります。できるだけ確実に融資を受けたいのであれば、審査通過率が高い金融機関を利用した方が良いことは言うまでもありません。

ただし残念なことに、審査通過率を一般公開している消費者金融は、ほぼ存在しません。これは、銀行カードローン、信販会社が提供するクレジットカードのキャッシングも同様です。

コンスタントに審査通過率を公開している金融機関は、大手消費者金融くらいです。例えば、アコム、プロミス、アイフルが該当します。

なお、一般的なお話となりますが、審査通過率が最も低いのは銀行カードローンです。続いて、信販会社が提供するキャッシング、そして消費者金融と続きます。

そのため、銀行系カードローンに申し込みをして審査に落ちた場合は、信販会社が提供するクレジットカードのキャッシングを利用するか、審査通過率が高い大手消費者金融を利用することをお勧めします。

ちなみに、2019年1月時点の審査通過率ですが、例えばアコムの場合は44.7%となっています。年間通しておおよそ43%から50%の範囲内となっているため、審査通過率が高い消費者金融と言っても良いかもしれません。

審査通過率が高いからといって、必ず審査に通過するとは限りませんが、参考までにチェックするようにしましょう。

消費者金融は銀行カードローンより審査がゆるい?

前項で少し触れましたが、審査がゆるいかどうかで比較した場合、消費者金融は銀行カードローンよりもややゆるいといって良さそうです。とはいえ、なぜ消費者金融は銀行カードのより審査がゆるいといえるのでしょうか。

いくつかの理由があるため、詳しく見ていくことにしましょう。

収入が安定していれば雇用形態はあまり重視されない

審査の際に重視されるのは収入の安定性です。そのため、パートやアルバイトであっても、収入が安定していれば審査に通過することがあります。銀行系カードローンでも、雇用形態問わず利用できることはありますが、消費者金融ほど寛大ではありません。

年収200万円未満でも審査に通過することがある

「収入が高い方が審査に通りやすい」と考えられがちです。しかし、実際のところ、そのようなことはありません。大切なのは、収入が安定しているかどうかです。

消費者金融の場合、年収200万円以下でも収入が安定していれば、審査に通過することがあります。一方、銀行の場合は、年収が150万円未満だと審査に通過しないことがあるようです。

金利が高いため銀行ほどシビアに審査はしていない

金利は利息制限法に基づき設定されています。借入限度額や審査結果によって金利は変動しますが、消費者金融の初回借入時は18%となるケースがほとんどです。

なぜ、これほどまでに金利が高いのかというと、無担保、無保証人となっていることが関係しています。万が一、貸し倒れとなった場合でも、消費者金融側ができるだけ損をしないように、リスクヘッジをしているのです。

一方、銀行系カードローンの場合、必ず保証会社の保証必須となっています。いざというときは、保証会社が代わりに返済を立て替えてくれるため、銀行は痛手を被ることはありません。

しかし、保証会社としては、できるだけ返済を立て替えたくないものです。そのため、消費者金融よりも審査は厳しめになります。

以上の背景があるため、銀行よりも消費者金融の方が、審査がゆるいといわれているのです。なお、参考までに、審査に通過率が比較的高いといわれる消費者金融を2社ご紹介します。

大手消費者金融ならアコムが最適

先に述べたとおり、アコムの審査通過率は高めです。2人が同時に申し込んだ場合、そのうち1人は審査に通過するといっても過言ではありません。

最短即日で融資を受けることができるほか、わざわざ店舗まで足を運ばなくても、借入することができます。基本情報を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

アコム新登場!30日間 金利金利0円!

新登場!30日間 金利0円サービス!

アコム バナー
★★★★★4.4
実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
審査スピード 最短1時間
限度額50万円以下なら所得証明書不要
  • 30日間金利0円で借りられる!
  • 限度額50万円以下で収入証明書原則不要
  • まずは3秒診断♪審査回答は最短30分
詳細はこちら

中小の消費者金融ならセントラルが有名

銀行系カードローンや、大手消費者金融を利用することが難しい場合、中小の消費者金融を利用するのも1つの方法だといえます。中でもセントラルは、1973年創業の老舗ですので、初めての方でも安心です。

残念なことに審査通過率は公表していませんが、審査に通過しやすいという口コミが目立ちます。そのため、大手の消費者金融の審査通過率よりも、やや高い可能性はありそうです。

セントラル

金利 限度額 審査スピード
1~100万円未満
4.8~18.0%

100~300万円
4.8~15.0%
1~300万円 最短30分
即日融資 来店の必要性 必要書類
可能 なし 本人確認書類
※50万円借入れる場合に必要
もしくは審査状況次第

ちなみに、今回取り上げた2社は、どちらも30日間の無利息期間を設けています。短期間だけ借入をしてすぐに返済できるのであれば、どちらを利用しても金利や利息を気にする必要はありません。

一方、銀行系カードローンでは、無利息サービスを提供していないケースがほとんどです。審査通過率が高くよりお得に借入したいときは、上記2社の利用を検討してみましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる