表示中のページ: ホーム > キャッシングの審査 > キャッシング審査の時、他社借入件数で嘘をつくとどうなる?

キャッシング審査の時、他社借入件数で嘘をつくとどうなる?

他社から借金をしている状態でキャッシングの申込みをする際、審査に通過したい一心で他社借入状況を誤魔化したくなったことはありませんか?実は、借入状況で嘘をつくと取り返しの付かないことになります。

なぜなら、キャッシングの審査の際、他社借入件数を誤魔化すことができない仕組みが導入されているからです。そこで本記事では、キャッシングの他社借入状況の嘘が審査に与える影響について詳しくお伝えしていきます。

他社借入状況で嘘をつくとバレる?

キャッシングの申込みをする際、他社借入状況で嘘をつくとバレてしまうケースがほとんどです。なぜバレてしまうのか、詳しく見ていくことにしましょう。

他社借入件数の嘘がバレる理由って何?

他社からの借入状況を申告する際、「借入件数」「借入額」のいずれか、または両方で嘘をつく人がいます。しかし、嘘はすぐにバレるため気をつけなければなりません。

そもそも、なぜバレてしまうのでしょうか。一番の理由は、審査の際に必ず個人信用情報機関に登録されている情報を確認するからです。日本国内には、個人信用情報機関が3箇所あります。

氏名や住所、借入件数、借入額、申込み状況などが一定期間保存される仕組みです。主な個人信用情報機関の詳細は以下の表のとおりとなります。

信用情報機関名称 略称 加盟している金融機関
日本信用情報機関 JICC 信販会社・消費者金融会社がメイン
シー・アイ・シー CIC クレジット会社や信販会社がメイン
※消費者金融も一部加盟
全国銀行個人信用情報センター KSC 銀行がメイン

融資を行っている金融機関は、上記のうちいずれか、または複数に加盟しています。傾向としては以下のとおりです。

消費者金融:JICCがメイン
クレジットカード会社:CICがメイン
銀行:全国銀行個人信用情報センター

ここで1つ押さえておきたいのは、各個人信用情報機関は独立した機関であることです。登録されている情報を、全て共有しているわけではありません。

例えば、JICCの場合、CICや全国銀行個人信用情報センターに登録されている内容はわからないのです。

ただし、CRIN(クリン)と呼ばれる相互交流ネットワークが存在することから、他社借入状況、事故情報などは3つの個人信用情報機関で共有されています。

つまり、A社(JICCのみ加盟)、B社(CICのみ加盟)といった状況の場合、双方の登録情報は全て共有されていないとはいえ、他社借入状況、事故情報などは筒抜けなのです。ですから、申込み時に嘘をつくとすぐにバレてしまいます。

嘘がバレたらどうなるの?

実際に嘘がバレた場合、どのような状況となってしまうのでしょうか。これは、申込み時に嘘をついた場合と、すでに契約を締結した後に嘘がバレてしまった場合とでは、起こり得る結果がやや異なります。それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

申込み時

審査落ちとなる可能性が高い

キャッシングサービスは、保証人・担保不要でお金を借りることができます。つまり、個人の信用もとに貸付をするサービスなのです。そのため、申込み時に嘘をついた場合、信用できないと判断され、審査に通過することは難しくなってしまいます。

審査落ちの記録が信用情報機関に登録される

審査に落ちた場合、その記録は個人信用情報機関に6ヶ月間登録されます。1件であれば大きな影響はありませんが、短期間で2件、3件と立て続けに審査に落ちた場合、他のキャッシングサービスに申込みをしても、審査に通過することは困難です。

なぜなら、審査に落ちたということは、何らかの問題があったと捉えられてしまうからです。6ヶ月が経過すると記録は消えるため、それまで新たな申込みを控える必要があります。

※申込みの記録が消える前でも審査に通過することはあります。ただし、審査通過率を高めたいのであれば、記録が消えるまで待ちましょう。

契約時

再審査が行われる

キャッシングサービス契約後に嘘をついていたことがバレた場合、再審査が行われます。その際、他社の借入状況に合わせて限度額の見直しが行われるため、利用しているキャッシングの限度額を下げられてしまう可能性があります。

一括返済を求められる

全てのケースに当てはまるわけではありませんが、悪質な嘘だと判断された場合は、一括返済を求められることがあります。その場合、基本的には分割で返済することはできません。

信用情報機関に虚偽の事実が登録される

虚偽の申告が発覚した場合、その内容は個人信用情報機関に一定期間登録されます。そのため、新たに別のキャッシングの申込みをしても、審査に落とされてしまうことがほとんどです。

強制解約となる

一概に言い切ることはできませんが、厳しい金融機関の場合、強制解約となってしまいます。分割での返済は認められず、一括返済を請求されるケースが少なくありません。

他社借入状況はキャッシングの審査に影響する?

他社借入状況は、キャッシングの審査に影響するのでしょうか。結論から言いますと、影響する場合と、影響しない場合に分かれます。それぞれの概要を、詳しく見ていくことにしよう。

審査に影響しない場合はどんなとき?

多重債務ではない(多重債務とは2社以上から借入していること)

金利が高い貸金業者の場合、2社なら審査に通ることがほとんどです。

総量規制に抵触しない

キャッシングサービスを提供する金融機関は、貸金業法を厳守しています。総量規制とは、貸金業法で定められている規定の1つです。

年収の1/3を超える貸付は禁止されているため、「現在の借入状況なら、総量規制に抵触しない」と判断されれば、ほぼ審査に影響ありません。

返済事故がない

過去に返済遅延がなければ、審査の際に有利です。

審査に影響するのはどんなとき?

3社以上から借入している

多くの場合、3社以上から借入があると返済能力を厳しく確認されることになるため、審査に通過しづらくなります。

1社から多額の借入がある

多重債務ではなかったとしても、1社から多額の借入をしている場合、審査に影響を与えることがあります。

総量規制に抵触している、もしくは抵触する可能性がある

新規借入をすることで、年収の1/3を超えてしまったり、超える可能性があると判断された場合、審査に通過することは困難です。

返済遅延がある

過去に返済の遅延があると「貸し倒れとなる可能性が高い」と判断されて、審査に落とされてしまうケースが目立ちます。

申込み時に他社借入額を自己申告させる理由とは?

キャッシングの申込みをした際、必ず他社借入額を自己申告することになります。個人信用情報をチェックすると、すでにわかる情報であるにもかかわらず、何故わざわざ申告させるのでしょうか。これには2つの理由があります。

現在の借金の状況を正確に把握しているかどうか確認するため
嘘をついていないか確認するため

ようするに、お金の管理ができる人なのか、信用しても大丈夫な人なのかを確認するために、他社借入額を自己申告させているのです。

ですから、申込み時に申告する際は、正しい情報を伝えるようにしましょう。たとえ書き間違いだったとしても、審査時に悪い影響を与えてしまいます。

他社借入額はどの範囲まで記入すればいいの?

一言で他社借入額といっても、住宅ローンや車のローンなども含まれるのか、それともキャッシングのみが対象となるのかわからないものです。

一般的に、各金融機関は申込みページなどで案内していますが、記載内容がそれぞれ違うためわかりづらい状況となっています。そもそも、他社借入額は、どこまで記入して申告すればよいのでしょうか。

結論からいいますと、以下に該当する借入に関しては、他社借入額に含める必要はありません。

クレジットカードのショッピング枠
住宅ローン
車のローン
携帯の割賦払い

含める必要はないとはいえ、審査の際にチェックされることはあります。ただし、そのときに他社借入額としてカウントされることはほぼないのです。

ただし、必ず他社借入額として含まれないかというと、金融機関によって判断は異なります。詳細は、利用する金融機関に確認してください。

ちなみに1つ例外があります。審査に影響は与えないとはいえ、金融事故などの事実がある場合、審査に大きな影響を与えることがあるのです。例えば、長期延滞、債務整理などの事故情報が該当します。

申込み時に、自ら進んで申告する必要はありませんが、もし質問されたときは正直に回答しましょう。

他社借入金額や件数を確認するにはどうしたらいい?

他社借入金額や件数を確認したいときは、信用情報機関に情報開示請求をしましょう。信用情報機関ごとで手続き方法はやや異なるため、事前に公式Webサイトをチェックしてください。例えば、JICCの場合、以下の手順で手続きを行うことができます。

請求手段

請求方法は3パターンあります。いずれか1つを選択してください。

・スマホ
・郵送
・窓口

受付時間

24時間365日(メンテナンスの時間帯は除外する)

手数料

1,000円(税込)

なお、ここではスマホから情報開示請求をする手順について解説します。郵送、窓口で手続きする方法も、基本的な内容は同じです。

専用アプリをスマホにインストールする

JICCの公式サイトから専用アプリをインストールします。

アプリを起動する

アプリを起動して「利用規約」をチェックします。

パスワードを発行して画面内に入力する

アプリ内からメールアドレスを送信すると、パスワードが発行されます。メールで届くためチェックしましょう。そのパスワードを「パスワード入力」の画面内に入力し、続けて必要事項の項目を埋めていきます。

申込み内容を入力する

氏名、生年月日、住所、電話番号を正しく入力します。

本人確認書類の提出

スマホのカメラを使って、本人確認書類を撮影します。以下の図のように鮮明に撮影してください。撮影が終わったら、案内に従って画像データを送信します。

参照:JICC

スマホで申告する際に必要となる本人確認書類

・免許証
・運転経歴証明書
・各種健康保険証
・マイナンバーカード
・パスポート
など

※注意
・氏名、生年月日、現住所が明確写るように撮影する
・パスポート、健康保険証の場合、現住所記載欄も撮影する

手数料の支払い方法を決める

手数料の支払い方法は以下のとおりです。

①クレジットカード(1回払いのみ)
②コンビニ払い(別途手数料あり)
③金融機関のATM(ペイジー対応ATMのみ/別途手数料あり)
④オンラインバンキング(別途手数料あり)
※②、③、④の利用方法、詳細はJICC公式サイトを確認してください。

郵送で「信用情報記録開示書」が届く

手数料の決済が完了したら、JICCが申込み内容の確認を行います。不備がない場合、手続きは終了です。

約1週間ほどで申込み時に申告した住所宛に「信用情報記録開示書」が届きます。簡易書留で届くため注意してください。なお、本人限定郵便・速達は非対応です。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる