表示中のページ: ホーム > 専業主婦でも消費者金融で借入が出来る?配偶者貸付制度について

専業主婦でも消費者金融で借入が出来る?配偶者貸付制度について

収入のない専業主婦でも、消費者金融からお金を借りることはできるのでしょうか。生活費が不足した際に、消費者金融から借入ができると大変便利なものです。

そこで今回は、専業主婦による消費者金融の利用可否について取り上げながら、消費者金融の申込み条件、消費者金融が実施している配偶者貸付制度の概要などを詳しくまとめました。

専業主婦は消費者金融を利用することができない?

結論からいいますと、専業主婦は消費者金融からお金を借りることができません。2010年6月に『貸金業法』が改正されてから、利用することができなくなったのです。

貸金業法の中で総量規制と呼ばれるルールが設けられており、貸金業者から借入をする際は年収の1/3までという制限が設けられました。貸金業者とは、貸金業登録をしている金融機関を指しており、消費者金融もその中に含まれます。

つまり収入がない人は、消費者金融からお金を借りることができないのです。このような背景があることから、近年は違法業者からお金を借りる専業主婦が増えているといわれています。

そもそも貸金業法が改正された理由は、多重債務者の増加が社会問題になっていたからです。以前は収入が無くても借入ができたため、多重債務者の増加に拍車をかけていました。

ただし、専業主婦が消費者金融からお金を借りる方法は1つだけあります。配偶者貸付と呼ばれる制度を利用する方法です。

詳細に関しては別の項で詳しく述べますが、そもそも扱っている消費者金融は少なく、手続きが複雑であるため利用者はほとんどいないといわれています。

ちなみに、一つ資料をご覧ください。日本貸金業協会が発表した『消費者向貸付における属性別貸付件数構成比』の調査結果です。

日本貸金業協会 平成28年度版:
『貸金業者の経営実態等に関する調査』より引用

上記のとおり、専業主婦の利用者は皆無ではないものの、ほとんど利用していない様子が伺えます。以上のことから、消費者金融を利用するためには、パートなどから安定した収入を得るか、配偶者貸付を利用するかのいずれかしかないのが現状です。

消費者金融の申込条件とは?

消費者金融では、必ず申込条件を設けています。専業主婦の借入に関しては細かな文字で案内されているケースが多いため、分かりづらいことがほとんどです。

そのため、この項では『専業主婦に対する大手消費者金融の申込条件』について解説していくことにしましょう。まずは、以下の表をご覧ください。

消費者金融名 申し込み条件
アコム 『法律の改正により、お借入れをする際、専業主婦(夫)のお客様は配偶者の同意が必要になりました。配偶者の年収を参考に審査を行うため、同意書に加えて夫婦関係証明書類も必須となります。』と案内あり。
プロミス 本人に安定した収入があれば主婦でも審査のうえ利用可能と案内あり。
アイフル 『専業主婦の場合は、お仕事(パート、アルバイト可)が決まりましたら申込みいただけます。』と案内あり。
モビット 安定した収入があればアルバイトやパートでも利用可能と案内あり。
ノーローン 『主婦の方でも、パート・アルバイト・内職などで安定した収入があれば、お申し込み頂けます。審査の結果、ご希望に添えない場合があります。なお、専業主婦で、ご本人に収入がない方は、お申し込み頂けません。』と案内あり。

各社の公式WEBサイトを参考に、申込み条件をまとめました。はっきりと案内をしていたのは、アコム、アイフル、ノーローンの3社です。プロミスとモビットの場合、専業主婦に関する案内はありませんでした。

ただし、『安定した収入があること』を絶対条件としています。ちなみに、アコムの案内は上記の表のとおりですが、別途以下のような案内も記載されていました。

『お勤め(パート、アルバイト等含む)されていない場合、配偶者の同意の有無に関わらず、お借入ができませんのでご注意ください。』

表の案内によると、配偶者の同意書や夫婦関係証明書など、指定された書類を提出すれば利用できそうな雰囲気ですが、そもそも専業主婦への融資を行っていないのかもしれません。詳細は、直接アコムへ問い合わせて確認してください。

パートなどから安定した収入があれば主婦でも消費者金融は利用できる

前項でご紹介した表からも分かるとおり、専業主婦が消費者金融からお金を借りることは困難です。しかし、パートなどから安定した収入があれば、消費者金融を利用することはできます。

ただし、収入のある主婦なら誰でも消費者金融から借入ができるわけではありません。審査に通過するためには、ちょっとしたコツがあります。特に重要なポイントを3つピックアップしましたので、参考にしてください。

年収よりも収入の安定性が重要

先述したとおり、消費者金融からお金を借りる際は、年収の1/3までとなっています。それ以外で、年収や収入に対する規則は設けられていません。

一部の銀行カードローンでは、独自で年収制限を設けていますが、消費者金融ではほぼ見掛けないものです。消費者金融の場合は、収入の安定性を最も重視します。収入が安定していれば、返済が滞る可能性が低いからです。

ほとんどの消費者金融では、主婦の借入を最大50万円程度までとしていますが、限度額いっぱいまで借入れできるケースはあまり多くありません。とはいえ、収入が安定していれば、10万円から20万円程度の借入は十分可能だといえます。

勤続年数は長い方が有利

主婦に限らず、消費者金融は審査の際に勤続年収を重視します。なぜなら、勤続年数が長いほど収入は安定するからです。

そのため、パートで働き始めた主婦は審査に通過することが困難なものの、1年ほど働いていれば審査に通過しやすくなります。ただし、勤続年数が長くても、月に2万円から3万円程度の収入だと審査に通過することは困難です。

クレジットカードを定期的に利用していると有利

普段、自分名義のクレジットカードを利用しているのであれば、消費者金融の審査の際にその利用実績が評価される可能性が高まります。

ポイント1・2でお伝えしたとおり、収入の安定性も重要ではありますが、返済能力の有無も非常に重要だからです。消費者金融の審査では、個人信用情報機関が保有している信用情報を必ずチェックする決まりとなっています。

個人信用情報機関とは、金融機関への申込記録をはじめ、利用状況などのすべての情報を管理している機関です。クレジットカードの利用記録に関しても、信用情報機関へ登録されています。

そのため、直近で返済事故を起こしていたり、債務整理などの異動情報がない限り、返済能力に問題はないとして審査に通りやすくなることがあるのです。

主婦が借入する際に注意したい3つのこと

主婦が借入する際に注意したいことは、主に3つあります。以下にまとめましたので、こちらを参考にしてください。

利用明細はWEBから確認する

ほとんどの主婦は、配偶者に内緒で消費者金融から借入をしています。近年は、周囲へバレないように様々な配慮がなされているため、そう簡単にバレる心配はないものの、利用明細書とローンカードの管理は徹底するようにしましょう。

特に利用明細書は、ちょっとしたきっかけから家族に見られてしまうことがあります。大手消費者金融であれば、WEBから利用明細を確認することが可能です。そのため、事前に手続きをしておくことをお勧めします。

手続きといっても、会員サイトへログインし、WEB明細の設定を実施するだけです。詳細は、利用する消費者金融のWEBサイトを確認してください。

高額融資は困難

消費者金融の限度額は、年収でほぼ決まってしまいます。たとえば、年収100万円の場合は33万円まで、年収60万円の場合は20万円までです。

収入が多ければ限度額は高くなりますが、パートで働いている主婦はそこまで年収が高くありません。そのため、必然的に高額融資は困難となります。

必要書類を確認しておく

消費者金融へ申込みをする際は、必ず本人確認書類が必要です。運転免許証かパスポートがあれば問題ありませんが、両者とも持っていない場合は、健康保険証や住民票などを用意しなければなりません。

消費者金融ごとで書類内容が若干異なるため、公式WEBサイト上を確認しておきましょう。たとえばアイフルの場合、運転免許証、パスポート以外で認められている本人確認書類は以下の通りです。

公的証明書類(氏名、住所、生年月日、顔写真付き)
個人番号カード(個人番号のある裏面は不要)
住基カード

専業主婦も利用可能な配偶者貸付について

最初の項ですでに触れましたが、専業主婦が消費者金融から借入をするためには『配偶者貸付』を利用する方法しかありません。そこでこの項では、配偶者貸付について詳しく解説していくことにしましょう。

まずは以下の表をご覧ください。こちらは、金融庁の公式WEBサイトで案内されていた内容です。

専業主婦/主夫が借入をする場合には、どのような書類の提出が必要ですか?

専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入が(二人分の)年収の3分の1まで借入を行うことができます。
ただし、そのためには、以下の書類が必要です。

配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍妙本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

上記の内容は、配偶者貸付のことを指しています。要点は以下のとおりです。

配偶者貸付は総量規制の例外の扱いとなっている
夫婦の年収を合算して年収の1/3まで借入ができる
申込み時に『配偶者の同意書』、『配偶者との婚姻関係を示す書類』が必要
一定額以上の借入をする場合は配偶者の年収を証明する書類が必要

なお、『夫婦の年収を合算して年収の1/3まで借入ができる』に関する補足ですが、配偶者が消費者金融などの貸金業者からお金を借りていたとしても、その借入れ分は含まれません。全く別として扱われます。

配偶者貸付のデメリット

専業主婦でもお金を借りることはできるものの、配偶者貸付には様々なデメリットがあります。要点を以下にまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。

必ず配偶者の同意が必要
大手消費者金融ではほとんど扱っていない
配偶者貸付を利用している人はほとんどいない
配偶者に隠して利用することはできない

以上の4つが主なデメリットです。必ず配偶者の同意書が必要となるため、隠し通すことはできません。そういった理由があることから、実際に配偶者貸付を利用する専業主婦は少ないのが現状です。

また、貸金業者側が積極的に融資を行っていないことも、利用者が少ないことにつながっています。参考までに、以下の図をご覧ください。

日本貸金業協会 平成28年度版:
『貸金業者の経営実態等に関する調査結果』より引用

上記の図は、専業主婦(主夫)に対しての貸付実施状況(平成28年3月時点)を表しています。ほとんどの貸金業者が、専業主婦(主夫)に対して融資を行っていません。

なお、調査対象となっている貸金業者は、消費者向無担保貸付以外の融資も実施している業者です。消費者向無担保貸付を専業で扱っている貸金業者の調査結果は、以下のとおりとなります。

日本貸金業協会 平成28年度版:
『貸金業者の経営実態等に関する調査結果』より引用

先ほどの図と同様、専業主婦(主夫)に対して融資を行っている業者は少数です。つまり間口が狭いため、利用したくてもできない専業主婦が存在する可能性が考えられます。

ちなみに、貸金業者が専業主婦(主夫)への貸付を止めた理由は以下の通りです。

日本貸金業協会 平成28年度版:
『貸金業者の経営実態等に関する調査結果』より引用

専業主婦への貸付を止めた一番の理由は、総量規制の導入による影響が約7割でした。つまり、総量規制が制定されなければ、従来どおり借入できた可能性が考えられます。

また、必要書類を徴求することが困難といった理由が4割を超えていました。申込みが殆どないという回答は9.1%だったため、一定の需要はあるものの、配偶者の同意書提出がネックとなっている可能性があります。

2017年4月現在、大手の消費者金融では配偶者貸付を行っていません。アコムでは扱っている可能性があるものの、公式WEBサイトでの案内文が統一されていないため、事前確認が必要です。

以上のことから、配偶者貸付の利用を検討する際は、中小消費者金融の中からいくつかピックアップし、申込みをすることになります。

銀行カードローンなら専業主婦でも利用できる

銀行が扱っている無担保型のカードローンは、総量規制の対象外となっています。そのため、専業主婦でも利用することが可能です。

ただし、銀行ごとで利用条件が異なるため、利用可否を確認してから申込むようにしましょう。

専業主婦でも利用可能な銀行カードローンを、以下にまとめました。あくまでも一例となりますが、参考にしてください。

銀行名 利用条件 限度額 年金利
イオン銀行
カードローンBIG
本人に収入がなく、配偶者に収入がある場合は、50万円まで融資可能 50万円まで 3.8%~13,8%
楽天銀行
カードローン
収入の少ない専業主婦も申込み可能。
ただし、融資額は50万円まで。年齢は60歳以下。
50万円まで 14.50%
じぶん銀行
カードローン
専業主婦でも申込み可能。 10万円以上
800万円以内
2.2%~17.5%

じぶん銀行カードローンのように、限度額に制限が設けられていないケースもありますが、ほとんどの銀行ではみずほ銀行等のように30万円から50万円程度までとなっています。

また、消費者金融の金利よりも3.5%程度低くなる傾向にありますが、一般的な銀行ローンよりも金利は高めです。

それから、一つ注意しておきたいのは在籍確認だといえます。上記の表でご紹介した銀行のWEBサイトを確認したところ、明確な案内はしていませんでした。

銀行によっては、配偶者の勤務先へ在籍確認の電話を実施することがあるため、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

夫に内緒でカードローンへ申込むことは可能?

夫に内緒でカードローンへ申込むことは可能です。ただし、いくつか抑えておきたいポイントがあります。要点を以下にまとめましたので、こちらを参考にしてください。

自らの収入があった方がバレづらい

専業主婦でもお金を借りる方法はありますが、夫にバレないことを重視するのであれば、パートで安定した収入を確保し、それから申込みすることをお勧めします。

これまで解説してきたとおり、消費者金融の場合は専業主婦に対して融資を行っていないため、銀行カードローンか配偶者貸付を利用するしか方法はありません。

銀行カードローンを利用したとしても、配偶者の収入を確認する書類が必要だったり、配偶者の勤務先へ在籍確認が行われるケースがあります。更にいうと、返済に遅れた場合、配偶者の勤務先へ督促連絡が入らないとも限りません。

以上のことから、できればパートなどで収入を得てから、自分名義でカードローンへ申込みをした方がバレるリスクを抑えることにつながります。

WEBを有効活用する

近年、多くの銀行カードローンではWEB申込みが主流となっています。また、楽天銀行やオリックス銀行のように、元々実店舗を持たない銀行がいくつかあるため、すべてWEB上で手続きを行うケースも少なくありません。

WEBサービスが充実している銀行カードローンを利用すると、利用明細の確認、借入や返済をすべてWEBで完結することができます。そのため、より家族にバレるリスクを抑えることができるのです。

なお、郵送物に関しては、あらかじめ送付拒否を申告しておくようにしましょう。どうしても受取る必要がある場合は、受取日時の指定ができないか確認することをお勧めします。

自分の携帯電話かスマホから申込みをする

じぶん専用のパソコンがあれば話は別ですが、家族で共有している場合は自分の携帯電話かスマホから申込み手続きを行うようにしましょう。

なぜなら、ホームページの閲覧履歴などから、カードローンの利用がバレてしまうケースがあるからです。自分の携帯電話やスマホであれば、勝手に覗かれない限りバレることはありません。

以上が、最低限抑えておきたいポイント3つでした。

消費者金融、銀行カードローン共に、たとえ家族であっても契約内容を口外することはありません。バレてしまうとすれば、利用明細書、郵送物、督促電話、ローンカードが原因です。

計画的に利用するのはもちろんのこと、利用明細書等の管理を徹底するようにしましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる