表示中のページ: ホーム > 土日・祝日にお金が必要!休日にお金が借りれる消費者金融はココ

土日・祝日にお金が必要!休日にお金が借りれる消費者金融はココ

消費者金融を利用するとき、気にしなければならないのが「借りたいときに借りられるか」という点です。利便性を謳う広告が多く見受けられますが、消費者金融によっては平日のみしか利用できない場合もありますので、よく確認をしておきましょう。

お金が必要になることは、平日だけとは限りませんので、契約前には土日でも借入可能かどうか比較材料にすると良いでしょう。大手の消費者金融であれば、土日や祝日に即日で融資を行うことが可能です。ただし、平日対応と異なる点があるため、事前に手続き方法を確認しておく必要があります。

ここでは休日の借入に関する項目を中心にして、土日祝日でも即日融資可能な大手消費者金融について取り上げながら、各社ごとの手続きの違い、即日融資を受ける際の注意点、即日融資を可能にするためのポイント等、詳しくご紹介していきます。

土日、祝日でも借入できる消費者金融は珍しくない?大手ならば、ほぼ間違いなし!

消費者金融にも全国規模の大会社もあれば、特定の地域・客層だけに絞り込んだ小規模な会社も存在します。特に後者の小さな消費者金融では、手作業での振込によって融資される場合があり、銀行営業日外の土日祝日では借入できない可能性があります。

1回限りと決めていて、事前にお金が必要な日時がわかっているならば良いのですが、急に借入をしたくなった時には困ってしまうかもしれません。

さて、大手の消費者金融ともなれば、審査から融資まで自動化されている部分が大きくなっています。審査後に借入をする場合、提携ATMや無人機を活用すれば、土日や祝日でも関係なく現金を受け取れるのが一般的です。

利便性の高さや、時間節約という観点から見れば、やはり大手消費者金融と契約するメリットは高いと言えるでしょう。

また、最近ではネット対応の銀行が増えたこともあり、年中無休24時間に渡ってお金のやり取りができるようになっています。

消費者金融でも提携銀行であれば、休日の深夜でも即座に振込が反映されるサービスが増えつつあります。全ての銀行に対応しているわけではありませんが、もしもお手持ちの銀行口座に対応している消費者金融があれば、より便利に使うことが可能となるでしょう。

土日・祝日でも即日融資が可能な消費者金融ってどこ?

大手の消費者金融であれば、土日や祝日の融資が可能です。アコム、プロミス、アイフル、モビット、ノーローンが該当します。

【関連】審査は最短30分!今すぐお金を借りれる消費者金融はココ

ただし、通常通り申込みをすればよいわけではありません。即日融資を受けるためには、いくつか気をつけなければならないことがあるのです。

また、必要書類や在籍確認可否に関しても、当日慌てて対応することのないよう、事前に準備をしておく必要があります。ちなみに、今回は大手消費者金融をターゲットとしていますが、中小消費者金融でも一部即時融資に対応しています。

ただし、土日祝日は申込や審査まで可能なものの、即日融資が困難なケースが目立つため、急いでいる方にお勧めできません。

以上の内容を踏まえた上で、次項では消費者金融で土日融資を受ける際の、重要なポイントについて解説していくことにしましょう。

土日・休日に消費者金融で即日融資を実施するための重要なポイント

最も重要なポイントは、在籍確認が取れるかどうかです。勤務先が土日祝日休みの場合、在籍確認を取ることができません。在籍確認が取れないと、通常は翌営業日に在籍確認を行います。

そのため、対処法は以下の2つのいずれかしかありません。

在籍確認を後回しにして少額融資をしてもらう
在籍確認電話の代替措置を取ってもらう

それぞれ簡単に補足します。まず①の場合、属性や個人信用情報の内容が審査基準を満たしている条件付きで、5万円から10万円程度の少額融資を行うケースがあるようです。在籍確認の電話は、休日明けの翌営業日に行います。

②についてですが、代替措置を取ってもらえるかどうかは、大手消費者金融ごとで対応が分かれます。相談をしてみないことには、分からないのです。

もしも対応可能だった場合は、所得を証明する書類や社員証、社会保険証等を別途提出することになります。

なお、モビットのように、申込方法によって書類提出のみで在籍確認を行うケースもあるため、在籍確認の方法は電話限定とは限らないものです。電話で確認する方法が、最も確実で手っ取り早いため主流となっているだけだといえます。

ちなみに、在籍確認に関する相談は、申込み時に伝えるようにしましょう。いざ在籍確認の段階になってから伝えてしまうと、対応に時間が掛ってしまい即日融資不可となる可能性が高まります。

そもそも、在籍確認は審査の最終段階で実施されるものです。一通りの審査が終了し、ほぼ融資確定となった段階で行われるのが通例となります。

大手消費者金融ではこの手の相談に慣れているため、相談をしたからといって審査に悪影響を及ぼすことはありません。

土日祝日に即日融資が可能な消費者金融を比較!

大手消費者金融で土日や祝日に即日融資を受ける場合、web完結で申込みをして提携銀行口座へ振り込みをしてもらうか、自動契約機でカードを発行しATMから借入をするかの二択となります。

【関連】消費者金融 大手5社の金利・限度額を一覧表で徹底比較

対応方法を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

消費者金融名 WEB完結の場合 自動契約機の場合
アコム ・楽天口座必須
・審査回答時間は9時~21時までとなるため、その間までに審査完了が必須
・楽天銀行の受付時間0時10分~23時50分までに振込手続きを行う
・WEBから申込みをする
・審査回答時間は9時~21時までとなるため、その間までに審査完了が必須
・自動契約機(むじんくん)の営業時間9時~21時までに契約を完了しローンカードを発行してもらう
プロミス ・口座振替による返済を選択し、三井住友銀行を指定する
※三菱UFJ銀行で事前に本人確認が完了していること
・一次審査結果の連絡時間は9時~21時。
そのあと本審査で最短30分かかるため、20時頃までに仮審査完了が必須
・WEBから申込みをする
・一次審査結果の連絡時間は9時~21時。
そのあと本審査で最短30分かかるため、20時頃までにすべての審査を完了させる
・自動契約機の営業時間9時~22時までに契約を完了しローンカードを発行してもらう
アイフル
非対応
・WEBから申込みをする
・即日融資希望の場合、専用窓口への連絡必須。
営業時間が9時~21時までのため、20時頃までに審査完了となるよう手続きを行う。
・自動契約機の営業時間8時~22時までに契約を完了しローンカードを発行してもらう
ノーローン
非対応
・WEBもしくは電話から申込みをする
・即日融資希望の場合、審査回答時間9時~20時30分までに審査完了となるよう手続きを行う
※自動契約機の営業時間に間に合うようにすること
・レイクの自動契約機にて契約手続きとローンカードを発行してもらう。
営業時間は9時~21時(第3日曜日は19時まで)

2017年4月現在、WEB完結による振込み融資が可能なのは、アコムとプロミスのみです。ただし、アコムは楽天銀行口座、プロミスは三井住友銀行口座を開設しておく必要があります。

ちなみに、モビットの場合、WEB完結での即日融資は非対応となっていますが、2017年5月15 日よりカード不要でスマホATM取引が開始されるようです。

これにより、WEB完結にて手続きを行った後、スマホアプリを使ってセブン銀行ATMから24時間365日借入が可能となります。

ちなみに、自動契約機を用いた即日融資は、大手すべての消費者金融にて対応可能です。WEBや電話から事前に申込み手続きを行い、審査に通過してから自動契約機で所定の手続きを行います。

自動契約機は、設置店舗によって営業時間が若干異なるため、必ず公式WEBサイト上から営業時間を確認してください。

土日・祝日に即日融資を希望する際に注意しておきたい5つのこと

消費者金融にて土曜日・日曜祝日に即日融資を希望する際、事前に注意しておきたいことがいくつかあります。代表的な要点を5つピックアップしましたので、参考にしてください。

必要書類を予め用意しておく

消費者金融へ申込みをする際は、必ず本人確認書類が必要です。企業ごとで指定している本人確認書類は異なるものの、運転免許証があれば問題ありません。

もしも運転免許証を取得していない場合は、必ず公式WEBサイトをチェックして書類内容を確認しましょう。

基本的には、パスポート、健康保険証、住基カード、個人番号カード等が必要です。また、在籍確認を書類で行う場合、所得証明書類を提出することがあります。

源泉徴収票、給与明細、所得証明書、市民税・県民税額決定通知書などいくつか種類がありますので、事前に問い合わせをして用意をしてください。

午前中の早い時間帯に申込みをする

大手の消費者金融では、土日営業や祝日営業が基本となっています。また、自動契約機の場合は、21時から22時まで営業しているケースが目立つため、午後から申込みをしても即日融資が可能なことはあるものです。

しかし、審査状況や混雑具合によって、即日融資が困難となるケースがあります。そのため、午前中の早い時間帯に申込み手続きを行うようにしましょう。

少額融資を希望する

ここでいう少額額融資とは、10万円程度までの金額を指します。なぜ少額融資を希望するのかというと、審査時間が短くなる傾向にあるからです。融資希望額が多いと、返済能力の有無を判断するために、より慎重に審査が行われます。

所得証明書類の提出を求められたり、在籍確認電話の代替対応が不可となることもあるようです。そのため、即日融資にこだわるのであれば、希望融資額を控えめに申告するようにしましょう。

土日祝日の振込融資には条件がある

前項で触れたとおり、土日祝日でも振込融資が可能な提携銀行口座があれば、即日融資が可能となります。しかし、大手消費者金融で土日祝日の即日振込融資が可能なのは、アコムやプロミスのみです。

また、提携銀行が限定されているため、誰でも利用できるわけではありません。もしも指定された銀行口座を持っていない場合は、ローンカードを発行してATMから借入をするしかないのです。

ちなみに、消費者金融各社が提携しているATMは、それぞれ営業時間が異なります。多くは24時間営業していますが、メンテナンスにより利用できない日時が決まっているものです。事前にATMの営業時間を確認しておきましょう。

WEBや電話から申込み手続きをしておく

急いで融資を受けたい場合は、事前にWEBや電話から申込みをしておくようにしましょう。また、アイフル等のように、お急ぎ融資希望の方限定の申込み方法が用意されているケースもあります。

なお、審査結果が出てから自動契約機にて契約手続きやカード発行手続きを行った方が、手続き時間を短縮することが可能です。

すべて自動契約機で手続きを行ってしまうと、審査が行われる30分から1時間前後はそのまま待ち続けなければなりません。

プロミスで土日祝日に即日融資をしてもらうには?

この項からは、『土日祝日に即日融資が可能な消費者金融を比較!』でご紹介した表を用いながら、より詳しく土日祝日の即日融資について解説していきます。

まずはプロミスからみていくことにしましょう。

消費者金融名 WEB完結の場合 自動契約機の場合
プロミス ・口座振替による返済を選択し、三井住友銀行を指定する
※三井住友銀行で事前に本人確認が完了していること

・一次審査結果の連絡時間は9時~21時。
そのあと本審査で最短30分かかるため、20時頃までに仮審査完了が必須
・WEBから申込みをする
・一次審査結果の連絡時間は9時~21時。
そのあと本審査で最短30分かかるため、20時頃までに契約を完了しローンカードを発行してもらう

プロミスでは、『瞬フリ』サービスを提供しています。三井住友銀行もしくは、ジャパンネット銀行の口座があれば、24時間365日、瞬時に振込融資を受けることが可能です。

注意したいのは、『銀行にて本人確認が完了していること』、『ジャパンネット銀行は、WEB完結での契約に対応していないこと』の2点となります。

また、自動契約機の場合ですが、営業時間は原則9時から22時までです。また、仮審査の電話連絡対応時間は上記の表のとおりですが、本審査は最短30分で完了することしか案内がありません。

つまり、翌日審査回答となるタイムリミットが分からないのです。自動契約機は原則22時まで営業していますが、自動契約機までの移動時間や手続き時間を考慮して、20時前後までに審査完了となるよう早めの対応を心掛けましょう。

アコムで土日祝日に即日融資をしてもらうには?

消費者金融名 WEB完結の場合 自動契約機の場合
アコム ・楽天銀行口座必須
・審査回答時間は9時~21時までとなるため、その間までに審査完了が必須
・楽天銀行の受付時間0時10分~23時50分までに振込手続きを行う
・WEBから申し込みをする
・審査回答時間は9時~21時までとなるため、その間までに審査完了が必須
・自動契約機(むじんくん)の営業時間9時~21時までに契約を完了しローンカードを発行してもらう

アコムの場合、楽天銀行の口座があればWEB完結による手続きが可能です。その際の注意点は、『当日21時までに審査を完了させること』、『振込受付時間を厳守すること』の2つとなります。

それから、自動契約機の場合ですが、アコムではお急ぎ専用窓口を設置しています。電話もしくはWEBから申込み手続きを行い、当日21時までに契約手続きが完了すれば、あとは自動契約機でカードを受け取るだけです。

自動契約機の営業時間は、原則当日の21時までですので、20時頃までに審査を終わらせておくことをお勧めします。

モビットで土日祝日に即日融資をしてもらうには?

消費者金融名 WEB完結の場合 自動契約機の場合
モビット
非対応
・WEBから申込みをする
・即日融資希望の場合、専用窓口への連絡必須。

モビットでは、WEB完結サービスに力を入れています。カードレス、書類郵送なしで契約できるため、非常に人気が高いのです。しかし、土日祝日に振込可能な提携銀行がないため、即日融資に対応していません。

一方、自動契約機の場合ですが、アコムと同様お急ぎ融資の窓口を設置しています。WEBから申込み手続きを行い、そのあと専用窓口へ連絡を入れることで、優先的に審査を行ってもらうことが可能です。

専用窓口の営業時間は、9時から21時までですが、夕方以降の時間帯に連絡をすると、翌日対応となる可能性があります。

ちなみに別の項で触れましたが、モビットでは2017年5月15日より新しいサービスを提供します。専用アプリをスマホへダウンロードすることで、セブン銀行ATM経由でいつでも借入ができるという画期的なサービスです。

このスマホATM取引サービスが開始となれば、WEB完結でも即日融資が可能となるため、更に利便性が高まります。

アイフルで土日祝日に即日融資をしてもらうには?

消費者金融名 WEB完結の場合 自動契約機の場合
アイフル
非対応
・WEBから申込みをする
・即日融資希望の場合、専用窓口への連絡必須。
営業時間が9時~21時までのため、20時頃までに審査完了となるよう手続きを行う。
・自動契約機の営業時間8時~22時までに契約を完了しローンカードを発行してもらう

モビットと同様、WEB完結による土日祝日の即日融資には対応していません。そのため、自動契約機にてローンカードを発行し、ATMから借入をする必要があります。

ちなみに、アイフルでもお急ぎ専用の窓口が用意されているため、必ず利用してください。WEBから申込みをした後、専用窓口へ電話連絡を入れるだけで、優先的に審査が行われます。

審査の結果は、電話もしくはメールでの報告となりますが、即日融資可能となる〆切時間に関しては案内がありませんでした。

なお、電話窓口の受付時間は9時から21時まで、自動契約機の営業時間は8時から22時までです。あくまでも目安となりますが、19時頃までには審査を終わらせておきましょう。

ノーローンで土日祝日に即日融資をしてもらうには?

消費者金融名 WEB完結の場合 自動契約機の場合
ノーローン
非対応
・WEBもしくは電話から申込みをする
・即日融資希望の場合、審査回答時間9時~20時30分までに審査完了となるよう手続きを行う
※自動契約機の営業時間に間に合うようにすること
・レイクの自動契約機にて契約手続きとローンカードを発行してもらう。
営業時間は9時~21時(第3日曜日は19時まで)

リサーチの結果、ノーローンの場合は誤った情報が出回っているため、少々詳しく解説していきます。要点を以下にまとめましたので、こちらを参考にしてください。

WEB完結の場合は振込融資不可

ノーローンの場合、WEB完結による土日祝日の振込融資には対応していません。アコムと同様、楽天銀行が即日融資可能な銀行提携先となっていますが、平日17時までに審査を完了した方のみ、土日祝日の振込が可能なのです。

そのため、土日祝日に申込み手続きを行った場合、休み明けの平日対応となります。また、即日融資を希望する場合は、ノーローン公式WEBサイトから審査結果詳細ページへ移動し、利用手続きが必要です。振込処理完了後、契約書とカードが自宅へ郵送されます。

※電話での受付も可能(審査内容によっては対応不可)

ノーローンは独自の自動契約機がない

ノーローンでは、新生銀行レイクの自動契約機を利用します。自社で用意している自動契約機がないからです。

そのため、自動契約機による即日融資を希望する際は、まずWEBから申込み手続きを行い、自動契約機の営業時間内に全ての手続きを終わらせる必要があります。

審査回答時間は、9時~20時30分まで。自動契約機営業時間は、原則9時~21時(第3日曜日は19時まで)です。自動契約機設置場所によって、8時45分から営業していることもあります。

在籍確認は土日の申し込みでも対応可能?念の為に給与明細などは用意しておこう

消費者金融から借入をする前には、必ず審査で融資可能か判定をされることになりますが、ここでネックになるのが在籍確認についてです。勤務先の情報について精査されるわけですが、土日となれば職場に誰もおらず、確認の取りようがないという方もいるでしょう。

こうした問題については、実は必ずしも確認を課せられるわけではなく、審査の結果によって在籍確認が不要となることも珍しくありません。ただし、「給与明細の画像を送ってほしい」等といったように、個別に追加の書類を要求される場合もあるので注意しましょう。給与明細が在籍確認の代わりとなるわけですが、それが用意できなければ、平日に改めて確認を求められる可能性があります。

ただ、そもそも在籍確認も給与明細も不要とされる例も少なくないので、消費者金融ごとに違いがあることを念頭に置いておきましょう。もしも不安であればサポートセンターに電話で確認をして、申込み後に慌てなくても良いように、事前準備をしておくと良いでしょう。いくつか候補の消費者金融をチェックしておき、その中から柔軟に対応してもらえそうな会社を選択すれば、何度も審査を繰り返す必要もなくなるはずです。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる