表示中のページ: ホーム > 消費者金融の借金をまとめたい!ローンの一本化のメリット・デメリットは?

消費者金融の借金をまとめたい!ローンの一本化のメリット・デメリットは?

消費者金融から借りている借金をまとめたい場合、おまとめローンを利用して一本化する方法があります。利用する際は、内容を十分に把握した上で申込みをしたいものです。

そこで今回は、おまとめローンについて取り上げながら、消費者金融と銀行が提供するおまとめローンの内容、おまとめローンを利用した際のシミュレーション結果、ローン一本化のメリット・デメリット等、詳しく解説します。

消費者金融の借金をまとめるにはどうしたらいい?

複数件の消費者金融から借入していると、1カ月の中で返済日が何度もあり、返済額の負担が大きくなります。そのため、消費者金融の借金をまとめて、返済の負担を軽減したいという方は後を絶ちません。

消費者金融の借金をまとめる方法は、

銀行カードローンへ借り換える
フリーローンへ借り換える
おまとめ専用ローンを利用する

以上3つの方法が一般的です。

①と②は銀行や信用金庫がメインとなりますが、おまとめローンは消費者金融を含めた、複数の金融機関で提供しています。商品内容は様々ですので、最も返済負担が軽減される商品を選択しましょう。

1つ注意したいのは、借金をまとめずに債務整理をした方が良いケースがあることです。自ら判断できない場合は、弁護士や司法書士などの専門家へ相談することをお勧めします。

おまとめローンってどんな商品?

おまとめローンとは、複数の借金を一本化することができる、借金完済を目的とした商品です。原則新たな借入はできず、返済メインの商品となります。

銀行カードローンの中には、『おまとめや借り換えに最適!』といった文言で案内していることもありますが、厳密にいうとおまとめローンではありません。通常のカードローンサービスを、借り換えやおまとめ目的で利用するだけです。

正式なおまとめローンの場合、『おまとめローン・借り換えローン』といった商品名や資金使途で提供されているため、必ずチェックしてください。なお、おまとめ専用の商品は、消費者金融系、銀行系、信販系の金融機関が公式WEBサイト上で案内しています。

消費者金融のおまとめローンとは

消費者金融は、貸金業法の総量規制と呼ばれる法律を遵守しています。多重債務、過剰貸付抑制のために定められた法律で、年収1/3以上の融資を受けることができません。

しかし、消費者金融が提供しているおまとめローンは、総量規制の対象とはならない商品です。総量規制はいくつかの例外を設けており、その中の1つがおまとめローンとなっています。

なぜ例外にあたるのかというと、『顧客に一方的に有利となる借換え』に該当しており、多重債務を回避することにつながるからだといえます。ただし、対象となるのは貸金業者からの債務限定です。すべての借金をまとめることができるとは限りません。

現在、大手消費者金融、中小消費者金融の一部でおまとめローンを提供していますが、積極的に提供されているサービスではないため、十分に比較検討をしましょう。

この項では、アコム、プロミスが提供しているおまとめローンの概要をご紹介することにします。以下にまとめましたので、参考にしてください。

アコム『借換え専用ローン』

実質年率 借入限度額 返済回数
7.7%~18.0%
1万円~300万円
<<店頭・郵送>>
借入日から最長13年7ヵ月:2~162回

<<自動契約機>>
・返済金額2.0%以上
借入日から最長8年0ヵ月:1~95回
・返済金額1.5%以上
借入日から最長12年3ヵ月:1~146回
担保・保証人
返済方式 申込方法
不要
元利均等返済方式
まずはフリーダイヤルへ連絡
その後、店頭窓口、郵送、自動契約機にて申込み手続きを行う

《サービス概要》
・返済は原則口座振替
・追加の借入はできない
・審査回答はその場で伝えられる
・原則アコムが借入れ先に振込返済を行う
・20歳以上の安定した収入と返済能力があれば申込可能

プロミス『おまとめローン』

実質年率 借入限度額 返済回数
6.3%~17.8%
 
300万円
最終借入後最長10年:1回~120回
※相談の上、返済回数を設定する
担保・保証人 返済方式 申込方法
不要
元利定額返済方式
自動契約機、もしくは店頭窓口から申込み手続きが可能

《サービス概要》
・審査結果はその場で伝えられる
・プロミスが借入れ先に振込返済を行う
・20歳以上65歳以下の安定した収入のある方であれば申込可能
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行からの口座振替返済は、5日、15日、25日、末日の中から都合に合わせて返済日を選択することができる
※三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外は5日のみ

銀行カードローンのおまとめローンとは

東京スター銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行など、一部の銀行にておまとめ専用のローンを提供しています。

消費者金融系・信販系金融機関のおまとめローンよりも、やや金利は低めですが、審査に通過しづらい点がネックです。

また、銀行系カードローンの金利とあまり変わらないケースがあったり、審査や融資を受けるまでに時間が掛るため、申込み前にしっかりと比較検討しましょう。

この項では、東京スター銀行、西日本シティ銀行のおまとめローンの概要をご紹介します。参考にしてください。なお、銀行系のおまとめローンは、消費者金融系よりも利用条件が細かいため併せてご紹介します。

東京スター銀行『スターワンバンクローン(おまとめローン)』

実質年率 借入限度額 返済回数
5.8%~14.8%
30万円以上
1,000万円以下
限度額利用可能期限の10年後応当日
担保・保証人 返済方式 申込方法
不要
※株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスが保証する
元金同額返済方式
・WEB申込み
・郵送申込み
・来店申込み

《サービス概要》
・来店不要、WEB完結で手続き可能
・仮審査期間は最短3日間
・最高おまとめ借入額が1,000万円までと高額
・借入ローン残高が『利用限度額』を下回ると、限度額の範囲内で追加借入が可能

《利用条件》
・満20歳から65歳未満の方
・前年度税込年収200万円以上の方
・給与所得者で正社員、契約社員、派遣社員の方
・過去に債務整理や自己破産をしていない方
・現在ローンの延滞がない方
・過去6カ月以内に東京スター銀行の審査で否決されていない方

西日本シティ銀行『NCB おまとめローン(無担保型)』

実質年率 借入限度額 返済回数
4.5%~年15.0%
10万円以上
500万円以内
6ヵ月以上15年以内
担保・保証人 返済方式 申込方法
原則不要
※九州カード株式会社、
九州総合信用株式会社
いずれかが保証する
元利均等方式
・WEB申込み
・郵送申込み

《サービス概要》
・不動産を活用すると1,500万円まで融資可能
・最高500万円まで返済期間は15年と長め
・パート、アルバイト、専業主婦、新入社員でも申込み可能
※専業主婦は配偶者に安定した収入があることが条件。また、パート、アルバイト、専業主婦は100万円まで融資可能。

《利用条件》
・満20歳以上満75歳未満で完済時の年齢が80歳以下
・取扱店の近隣に住んでいるか勤務している方
・現住所に1年以上住んでいる方
※転勤、結婚、住宅購入などの理由は除く

おまとめローンはお得なの?シミュレーション結果を公開!

この項では、おまとめローンを利用することで本当にお得になるのか、シミュレーションしながら結果をお伝えしていくことにします。まずは、おまとめローン利用前の借入状況を以下にまとめました。

《おまとめローン利用前》

A社:年18% / 借入額30万円 / 月返済額12,491円 総利息額74,741円 
B社:年20% / 借入額20万円 / 月返済額10,000円 総利息額45,301円 
C社:年17.8% / 借入額50万円 / 月返済額14,233円 総利息額211,635円 

月々の返済額:36,724円
総利息額:331,677
総返済額:1,331,677円

では次に、おまとめローンを利用した場合、どのくらい変化があるのか比較していくことにしましょう。(借入額100万円 / 金利年12%・15% / 返済回数3年・5年)

《おまとめローン利用後》

◆返済回数3年(36回払い)
年12% / 借入額100万円 / 月返済額33,214円 総利息額195,696円 
年15% / 借入額100万円 / 月返済額34,665円 総利息額247,934円 

◆返済回数5年(60回払い)
年12% / 借入額100万円 / 月返済額22,244円 総利息額334,635円 
年15% / 借入額100万円 / 月返済額23,789円 総利息額427,378円

以上の結果となりました。おまとめローン利用前と比較してみましょう。

月返済額 総利息額
おまとめローン利用前
36,724円
331,677円
おまとめローン利用後 ◆年12%
(36回):33,214円
(60回):22,244円

◆年15%
(36回):34,665円
(60回):23,789円
◆年12%
(36回):195,696円
(60回):334,635円

◆年15%
(36回):247,934円
(60回):427,378円
検証結果 ◆年12%
(36回):3,510円 お得
(60回):14,480円 お得

◆年15%
(36回):2,059円 お得
(60回):12,935円 お得
◆年12%
(36回):135,981円 お得
(60回):2,958円 お得

◆年15%
(36回):83,743円 お得
(60回):95,701円 お得

おまとめローンの商品内容や、借入希望額によって金利は異なるため、上記の図はあくまでも参考程度に留めておいてください。今回のシミュレーション結果から分かったことは、以下の4点です。

返済回数は短い方が良い
年金利は低ければ低いほど良い
金利が低くなっても返済回数が多いと損をすることがある
おまとめローンを利用しても月々の返済額がほぼ変わらないことがある

以上のことから、おまとめローンを利用する際は『金利の低さ』以外にも、返済期間や月々の返済額を確認した上で利用した方が良いことが分かります。

ローン一本化のメリット・デメリットについて

この項では消費者金融の借金を一本化するメリット、デメリットについて解説していきます。それぞれ要点をまとめましたので、参考にしてください。

おまとめローン利用時のメリット

返済回数が月1回になる

複数社から借入をしていると、1カ月の中で何度も返済日が訪れます。しかし、おまとめローンを利用すると返済回数が1回となるため、返済負担を軽減することができるのです。

月々の返済額が少なくなることがある

前項でご紹介したとおり、月々の返済額を抑えることが可能なケースがあります。実現するためには、金利をできるだけ低くし、返済回数を抑えることがポイントとなります。

金利が下がることがある

どちらかというと、消費者金融系のおまとめローンは金利が低くありません。しかし、銀行系のおまとめローンであれば、3%から5%程度、金利が下がることがあります。

総返済額が少なくなることがある

複数の消費者金融をおまとめで一本化すると、総返済額が少なくなるケースが目立ちます。ただし、どのくらい総返済額が少なくなるかは、利用するおまとめローン、返済計画によって異なるものです。

おまとめローン利用時のデメリット

総返済額が増えることがある

前項のシミュレーション結果を今一度ご覧いただくと分かりますが、金利が低くなり月々の返済負担が軽減されても、最終的に返済する金額が増えることがあります。

原因は、返済期間の長さです。そのため、トータルで返済する金額を確認しながら、月々の返済額を決めなければなりません。

借金問題の根本的な解決にならないことがある

複数社から借金をしてしまったということは、そもそもお金の使い方に問題があるケースが大半です。そのため、おまとめローンを活用して完済しても、同じような事態に陥る可能性があります。

審査が厳しいことがある

特に銀行系のおまとめローンは、消費者金融のおまとめローンよりも利用条件が厳しく、審査に通過しづらい傾向にあるようです。そのため、借入件数が3社以上と多すぎたり、一度でも返済に遅れた経緯があると、審査で落とされてしまう可能性が高いといえます。

全額借り換えできないことがある

消費者金融のおまとめローンは300万円から500万円程度。銀行系のおまとめローンの場合は、500万円から1,000万円前後と融資可能額は比較的高めに設定されています。しかし、必ずしも上限まで借入れができるわけではありません。

すでに他社から借金をしている状態で申込むこともあり、返済能力や収入の安定性、今までの返済状況や借入状況など、慎重に審査が進められた上で限度額は決まるものです。そのため、審査の結果によって、全額おまとめローンで賄えないことがあります。

詐欺に引っ掛かることがある

おまとめローン関連の詐欺事件は少なくありません。そのため、名の知られていない業者を利用することは控えましょう。詐欺の手口は様々ですが、代表的な手法は以下のとおりです。

債務整理を勧められ弁護士などを紹介された挙句手数料を取られる
保証金や手付金の支払いを求められ、支払ったと同時に音信不通となる
実績作りのために消費者金融から借入し、レターパックで郵送するよう指示される

上記以外にも悪質な詐欺事件は多く、余計借金が増えてしまうことがあります。場合によっては、早めに債務整理をした方が良いこともあるため、自己判断でできないときは、まず弁護士などの専門家へ相談するようにしましょう。

消費者金融と銀行カードローンどちらのおまとめローンが最適?

これまで解説してきたとおり、おまとめローンは消費者金融の方が金利は高く、銀行カードローンのおまとめローンの方が低い傾向にあります。そのため、銀行のおまとめローンを選択したくなりますが、その判断が必ずしもベストだとは限りません。

確かに金利は低ければ低いに越したことはありませんが、返済期間の方が重要なのです。また、審査に通過しやすいのは消費者金融だといわれており、銀行系のおまとめローンは審査だけではなく、利用条件も厳しめに設定されていることがほとんどとなります。

そのため、状況に合わせておまとめローンを選択するようにしましょう。たとえば、以下に該当する場合は、消費者金融のおまとめローンでも返済負担を軽減できることがあります。

多少なりとも金利が低くなり、短期間で完済できる場合
負担とならない程度に月々の返済額を高く設定できる場合
臨時返済を何度か実施できる場合

ポイントは、現在よりも金利が低くなることと、返済期間を短く設定できることです。おまとめローンを利用する前よりも、月々の返済負担を減らすことができる場合は、総返済額を確認した上で利用を検討しましょう。

一方、銀行系おまとめローンの方が適しているケースは以下の通りとなります。

月々の返済負担をとにかく軽減したい
まとまった金額を借入れしたい
現状、借入件数は少ないが金利が高く借入額が高額

ここでのポイントは、おまとめローンを利用することで、金利が4%から5%程度は低くなることと、月々の返済額負担を軽減できることです。何度もお伝えしてきたとおり、月々の返済額を少なくしてしまうと、トータルで支払う返済額は多くなります。

とはいえ、そのリスクを理解した上で、生活を立て直すまでの間だけ月々の返済額を少なくし、のちに臨時返済をして返済期間を短くしていきたいという方は、銀行のおまとめローンの方が適しています。

なお、ほとんどの消費者金融や銀行系カードローンの公式WEBサイトでは、返済シミュレーションツールを提供しているものです。

大変便利なツールですが、実際に支払う返済額と大きく異なることがあります。

そのため、利用を検討している金融機関へ直接相談をするか、弁護士などの専門家へ相談し、できるだけ正確な情報を基におまとめローンの利用を検討するようにしましょう。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる