表示中のページ: ホーム > 低金利の消費者金融はココ!無利息で借りれる業者も紹介

低金利の消費者金融はココ!無利息で借りれる業者も紹介

銀行が提供するローンと比較した場合、消費者金融は安い金利ではありません。ただし、提供する金融機関ごとで金利は異なるため、できるだけ低金利な消費者金融を利用したいものです。

そこで今回は、低金利な消費者金融を徹底比較してみました。その他、金利の仕組み、金利を比較するときは上限金利で比較した方が良い理由、低金利・無利息で借入できる消費者金融業者の一覧など、詳しく解説していきます。

消費者金融の金利の仕組みってどうなってるの?

消費者金融の金利の仕組みですが、基本的な考え方としては出資法と利息制限法に基づいて定められていると押さえておけば問題ありません。

出資法:上限金利20%
利息制限法:元本によって異なる

10万円未満⇒上限金利20%
10万~100万円未満⇒上限金利18%
100万円以上⇒上限金利15%

下限金利に関しては特に決まりはありませんが、上限金利は上記のとおり決められています。ようするに、法律で決められた範囲内であれば、金融機関が自由に金利を定めて良いのです。

ちなみに、消費者金融の場合、20%が適用されることはまずありません。ほとんどの場合、上限金利は18%となります。最初から20%の金利が適用されるのは、中小規模の消費者金融くらいです。

中小規模の消費者金融は、審査の難易度は低いものの金利が高く限度額が低いため、よほど審査に通過しないときのみ利用することになります。

適用金利は借金額ごとで違う

金利の基本的な仕組みがわかったところで、この項では借金の金額によって適用金利が変動する点について見ていくことにします。まずは、以下の表をご覧ください。

ご利用限度額 お借入利率
500万円以下400万円超
年1.8%~年6.1%
400万円以下300万円超
年6.1%~年7.6%
300万円以下200万円超
年7.6%~年10.6%
200万円以下100万円超
年10.6%~年13.6%
100万円以下10万円以上
年13.6%~年14.6%

参照:三菱UFJ銀行バンクイック

上記は、三菱UFJ銀行バンクイックの利用限度額と金利をまとめた表です。限度額に応じて金利が異なることがわかります。

また、少々専門的なお話となりますが、まずは「限度額10万円以上100万円以下」の金利をご覧ください。「年13.6%から年14.6%」とありますが、金利が低い方を下限金利、金利が高い方を上限金利と呼びます。

意味としては、「借入額が10万円以上100万円以下の場合、金利は年13.6%から年14.6%になる」ということです。ここで押さえておきたいのは、以下の2点となります。

適用金利の範囲は限度額ごとで決まっている
実際に適用される金利は審査で決まる

①については表のとおりとなるため言うまでもありませんが、②に関しては少々補足します。限度額ごとに適用金利が決まっているとはいえ、「30万円借りているなら、必ず○%の金利が適用される」といった決まりはありません。

同じ金額を借りているAさんとBさんがいた場合、同じ金利が適用されているとは限らないのです。例えば、Aさんの方が「返済能力が高い」「収入が安定している」など、審査で有利な条件が揃っていた場合、金利がBさんよりも低くなることがあります。

とはいえ、基本的には「適用金利は借金額ごとで違う」と覚えておけば問題ありません。

限度額が大きいと金利は低くなる

限度額がが大きくなればなるほど、金利は低くなる傾向にあります。ここでいう限度額とは、利用可能な限度額のことです。

どのくらいの限度額となるかは、審査の結果次第ですので、自分で自由に設定できるものではありません。金融機関側が設定することになります。

なお、ここでもう一度「利息制限法」で定められている金利を思い出してみてください。

10万円未満⇒上限金利20%
10万~100万円未満⇒上限金利18%
100万円以上⇒上限金利15%

限度額が100万円未満の場合、上限金利は18%までの範囲内。限度額が100万円以上の場合、上限金利15%までの範囲内で金融機関は自由に設定しています。

ここで注意したいのは、「少額しか借入をしなかったとしても、限度額が大きければその金利が適用される」ということです。

例えば、限度額が100万円の人と、30万円の人がいたとします。利息制限法に基づいた金利が適用された場合、適用される金利は以下のとおりです。

限度額100万円:年15%
限度額30万円:年18%

両者がそれぞれ10万円借りた場合、上記の金利が適用となるため、いうまでもなく限度額100万円の人の方が得をします。

このことからもわかるとおり、もしも大きめの限度額を設定できるのであれば、最初から枠は大きくしておいた方が良いのです。

少額融資を希望した方が、審査に通過しやすいというメリットはありますが、高額な枠を設定できるにもかかわらず断ってしまうと、損をすることになりかねません。

実際のところを審査に通してみないことには分かりませんが、「金利を抑えるために枠を大きくしておく」という考え方があることを覚えておきましょう。

ちなみに、少額融資を希望した際、金融機関の担当者から「もう少し枠を大きくできるかもしれない」などと案内されることがあります。

その場合、枠を大きくしても審査に通過する可能性が高いといってもよいかもしれません。そのようなときは、案内に沿って大きめの枠で審査をしてもらうようにしましょう。

消費者金融の金利を比較するときは上限金利を基準とする!

初めて消費者金融を利用する際は、上限金利をチェックして他社を比較するようにしましょう。なぜなら、初回借入時に適用される金利は、上限金利または上限金利に近い金額となるケースがほとんどだからです。

融資限度額に近い借入枠とならない限り、下限金利が適用されることはありません。また、実際のところ、消費者金融で借入限度額まで借りる人は多くないことから、滅多に下限金利が適用されることはないのです。

そういった意味でも、上限金利をチェックしながら利用先を決めた方が賢明だといえます。ちなみに、消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシングの場合、上限金利は年率18%となっていることがほとんどです。

つまり、上限金利にそれほど大きな差はありません。ただし、金利が1%違うだけで利息額は変わってきますので、少しでも低金利な消費者金融を利用した方が良いといえます。

例外について

先述したとおり、消費者金融の金利を比較するときは、上限金利を基準とします。ただし、比較するまでもないことが多々あるのです。

例えば、消費者金融と消費者金融、消費者金融とクレジットカードキャッシングの組み合わせが該当します。

消費者金融の場合、上限金利は18%となっていることがほとんどですので、比較するまでもありません。

また、消費者金融とクレジットカードのキャッシングに関しても、ほぼ同じくらいの金利です。そのため、両者を比較してもあまり意味はありません。参考までに、そこまでシビアに比較しなくても良い理由について解説します。

A社:年率18%、10万円、10回払い
B社:年率15%、10万円、10回払い

A社の利息は8,429円、B社の利息は6,999円です。借入をしたあと、ひたすら返済を続けていくのであれば、利息差は1,430円しかありません。

つまり、3%の金利差は大きいものの「利用額が少ない」「短期間で完済できる」のであれば、利息負担が極端に異なることはないのです。

ですから、金利を比較するときは上限金利をチェックしたり、できるだけ金利が低いキャッシングを利用した方が良いことに違いはないものの、そこまでシビアになる必要はありません。

銀行カードローン・大手消費者金融の金利・限度額

この項では、銀行カードローンと、大手消費者金融の金利・限度額について見ていくことにします。まずは目標をご覧ください。

金融機関名 金利 限度額
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6% 10万円~500万円
イオン銀行カードローン 借入限度額:10万~90万円の場合
4.5%~17.8%
※借入限度額によって利率は異なる
10万円~90万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
ソニー銀行のカードローン 2.5%~13.8% 10万円~800万円

上記の内容を踏まえた上で、特徴を3つ取り上げながら解説していきます。

銀行系カードローンの金利は14.0%台が多い
全体的に限度額は高い
下限金利に大きな違いはない

まず①ですが、銀行系カードローンの上限金利は、14%台がほとんどとなります。一方、消費者金融系は18.0%が平均的な金利となるため、利息負担が大きく異なるといえそうです。

なお、イオン銀行、オリックス銀行カードローンは17.8%ですが、そのようなケースはあまり多くはありません。全体を通して、銀行系カードローンは低金利と覚えておきましょう。

続いて②ですが、限度額に関しては、銀行カードローンも消費者金融も似たような金額となっています。ただし、先述した通り、消費者金融は総量規制を厳守しなければならないことから、限度額が高くても実際に借入できることはほとんどありません。

最後の③についてですが、今一度上記の表をご覧ください。銀行カードローン、消費者金融ともに、下限金利はそれほど違いはないことがわかります。

三菱UFJ銀行やオリックス銀行カードローンの場合、下限金利が2%を切っていますが、高額な融資を受ける機会はほぼないため、そもそも下限金利を気にする必要はありません。

大手クレジットカードキャッシングの金利・限度額

この項では、大手クレジットカード会社が提供する、キャッシングの金利と限度額について詳しく見ていくことにします。まずは、以下の表をご覧ください。

カード会社 金利 限度額
三井住友プラチナカード 5万円~90万円:14.4%
100万円~300万円:15.0%
5万円~90万円
100万円~300万円
JCBカード 15.0%~18.0% 1万円~100万円
エポスカード 18.00% 1万円~50万円
オリコカードCREST 4.5%~18.0% 10万円~500万円
セゾンカード 12.0%~18.0% 1万円~300万円
イオンカード 7.8%~18.0% 1,000円~300万円
楽天カード 18.00% 1万円~90万円
DCカード 14.95%~17.95% 1万円~50万円
ジャックスカード 18.00% 10万円~50万円
ライフカード 15.0%~18.0% 200万円

上記の内容を踏まえた上で、特徴を3つ取り上げながら解説していきます。

限度額によって適用金利が明確にされていることがある
限度額はそれほど高くはない
金利は消費者金融とあまり変わらない

まず①ですが、三井住友プラチナカードのように、限度額に合わせて適用金利が細かく分かれていることがあります。ただし、そのようなケースはあまり多くはありません。

ほとんどのクレジットカード会社にて、15.0%~18.0%といったように金利が設定されています。中には18.0%のみとなっているところもありますが、その場合は限度額が50万円と低めです。

続いて②ですが、上記の表をご覧いただくとわかる通り、限度額は最大でも500万円までとなっています。おおよその相場としては、100万円程度になるといえそうです。

限度額が低過ぎる気がしますが、クレジットカードのキャッシングの場合、総量規制(年収の1/3を超える借入を禁止する規則)の対象となるため、あまり高額な枠があっても意味がありません。

例えば、キャシングの最大限度額が500万円だった場合、年収は最低でも1,500万円必要となります。日本国内の企業で働くサラリーマンのうち、年収が1,500万円を超えている人は少数派です。

そのため、クレジットカードのキャッシングの限度額は高くはないとはいえ、不便さを感じるほど低いわけではないといえます。

最後の③ですが、まずは各社の上限金利をご覧ください。キャッシングの中でも、低金利で利用できるクレジットカードは三井住友プラチナカードです。上限金利は14.4%となっています。その他のカード会社に関しては、ほぼ18.0%です。

つまり、金利が消費者金融並みに高いのです。クレジットカードに慣れていない人の中には、「ショッピングとキャッシングの金利は同じはず」と勘違いして、キャッシングを利用してしまうことがありますが、ショッピングとキャッシングの金利は別です。

キャッシングの金利の方が、高く設定されています。そのため、つい使い過ぎると利息が膨らみ、返済が困難になることがあるのです。

低金利・無利息で借入できる消費者金融一覧

まず最初に言えることは、無利息で借入できる消費者金融は限られているということです。その点を踏まえた上で、無利息で借入できる消費者金融を4箇所取り上げながら、最も低金利の業者を検証してみることにします。

今回取り上げる業者は、アコム、プロミス、アイフル、ノーローンの4社です。

アコム

金利:年3.0~18.0%
無利息期間:契約日の翌日からカウントして30日間
利用条件:新規契約者、返済日の設定を「35日ごと」にすること

アコムの金利は相場並です。無利息サービスは「初めてアコムを利用する人のみ対象」となるため、1度解約したことがあり再契約をする人は利用できません。

また、無利息期間がスタートするのは、契約した日の翌日からとなります。契約してすぐに借り入れをしないと、無利息期間をフル活用できないため注意が必要です。

プロミス

金利:年4.5~17.8%
無利息期間:初回借入の翌日からカウントして30日間
利用条件:新規契約者、メールアドレス登録、Web明細を利用を設定

プロミスの金利ですが、消費者金融業界の中では、やや低めとなっています。ただし、他社と0.2%しか違いはないため、利息額が大きく変わることはありません。注目したいのは、無利息期間が他の消費者金融とやや異なることです。

具体的な違いは、以下のとおりとなります。

・無利息期間のカウントがスタートするのは、初めて借入をした翌日から
・プロミスのポイントサービスを利用してポイントを貯めると、再度、無利息サービスを利用することができる

ちなみに、ポイント数によって無利息となる日数は異なります。

・250ポイント:7日間
・400ポイント:15日間
・700ポイント:30日間

収入証明書を提出すると160ポイント付与など、ポイントの貯め方はいくつかあるため、一通り目を通しておくことをお勧めします。

アイフル

金利:年3.0~18.0%
無利息期間:契約日の翌日からカウントして30日間
利用条件:新規契約者、無担保キャッシングローンの利用者

アイフルの金利は、アコムと全く同じです。そのため、平均的な金利といってよいといえます。また、無利息期間に関しても、基本的にはアコムと同じ内容となっています。特別目立ったお得ポイントや、お勧めポイントはありません。

また、無利息期間のカウント方法についても、考え方はアコムと同じです。借り入れをするしないにかかわらず、契約した翌日からスタートしてしまいます。無利息期間を有効活用するためにも、借入日を決めてから契約した方が間違いありません。

ノーローン

金利:年4.9%~18.0%
無利息期間:借入した翌日から7日間
利用条件:新規契約者、全額返済した翌月から利用可能

ノーローンの金利ですが、上限金利はアコムやアイフルと同様です。下限金利は他社よりもやや高めですが、適用されるケースはまずないため気にすることはありません。

無利息期間に関しては、他社と仕組みが異なります。新規契約者のみならず、何度でも利用することができるのです。

無利息期間が7日間と短めですが、完済すれば翌月からまた無利息期間の利用が可能となるため、長く利用するなら断然お得だといえます。

以上のことから、低金利・無利息で尚且つ、キャッシングが最安値で利用できるのは「プロミス」であることがわかりました。ただし、給料日前に少しだけ借りて、給料が入ったらすぐに返済すると決めている日とは、ノーローンでも良いといえます。

つまるところ今回のようなケースでは、低金利で選択するよりも、利便性やお得感で選択した方が良いということです。

また、消費者金融系のキャッシングはそもそも金利が高いため、低金利にこだわるのであれば、次項で取り上げる銀行カードローンをお勧めします。

低金利で借入可能な銀行カードローンとは?

最後の項では、低金利で借入が可能な銀行カードローンについて、詳しく見ていくことにします。先述したとおり、銀行カードローンの場合、上限金利は14%台が平均値です。

つまり、ここでいう低金利とは、年率14.0%以下の上限金利で借入できる銀行カードローンということになります。

そこで複数の銀行カードローンをリサーチしてみたところ、実質年率14%以下で借入できるのは、りそな銀行・ソニー銀行の2箇所であることがわかりました。

信金なども含めてリサーチすれば、もう少々増える可能性はありますが、銀行の件数が多いため比較的規模が多きな銀行に絞ってリサーチしています。

なお、実際の金利ですが、りそな銀行は3.5~12.475%、ソニー銀行は2.5~13.8%です。つまり、両者のうちいずれかを利用すれば、お得にキャッシングできるということになります。

なお、みずほ銀行、楽天銀行、三井住友銀行は14%台ではあるものの、キャッシング業界の中では低金利です。

一般的に、みずほ銀行は低金利だと言われていますが、審査が厳しいことで有名です。審査の厳しさでいうと、先に取り上げた「りそな銀行、ソニー銀行」の2行も、審査の難易度は高いと言われています。

このように、金利が低いと利息負担が軽減されるため便利なものの、なかなか審査に通らなかったり、審査に時間が掛かるというデメリットがあるのです。

ですから、「多少金利が高くても、審査に通過しやすい方が良い」という場合は、敢えてやや金利が高い銀行カードローンを利用するのも1つの方法だといえます。

人気ランキング
金利が低い消費者金融

金利が低い!限度額が大きい!
消費者金融を徹底比較

初めて消費者金融を利用する方へ
消費者金融をタイプ別に選ぶ
消費者金融の金利・利息について
消費者金融の基礎知識
おまとめローン・借り換えについて
消費者金融の審査について
消費者金融のよくある疑問
消費者金融のメモ
キャッシングでお金を借りる